タグ検索    

記事 画像
タグ検索トップ  >  記事  /  R
記事 での「R」の検索結果 373
Stan: 悪い例2題
Taglibro de H ] 21:24 08/16
Stanで(に限らず)うまく推定できない、というより、モデルがまちがっているという例です。
タグ: R STAn
R: NIMBLEをためす
Taglibro de H ] 18:30 07/31
ちょっとNIMBLEをためしてみました。
タグ: R Nimble
スゴい GTR
George, Do! & Hi!! ] 01:01 07/06
いやぁー 作っちゃったかー。
タグ: 日産 GT R NISSAN
『新しい植物分類体系』『RユーザのためのRStudio[実践]入門』
Taglibro de H ] 19:32 06/30
新しい植物分類体系—APGでみる日本の植物. 伊藤元己・井鷺裕司(著), 文一総合出版 MARUZEN&ジュンク堂札幌店にて。 RユーザのためのRStudio[実践]入門 ―tidy..
タグ: 植物 R
経県マップをRでプロットする
Taglibro de H ] 17:21 06/03
経県マップはFlashを使用していて、自分はもうFlashをインストールしていないので、QGISで地図を作成していたりしましたが、もっとお手軽にできるようにRスクリプトをかきました。谷村さんのNipp..
タグ: R
森下(1957)の間隔法(分角順位法)による密度推定をおこなうR関数
Taglibro de H ] 19:07 06/01
森下(1957)の間隔法(分角順位法)による密度推定をおこなうR関数をつくりました。 森下正明 (1957) どのような空間分布の個体群に対してでも適用できる間隔法利用密度推定法. 生理生態 7..
タグ: R
不等分散のときのKruskal-Wallis検定
Taglibro de H ] 20:09 04/16
不等分散のときに、Kruskal-Wallis検定が正しい結果をかえすか、ためしてみました。検索してみると、不等分散のときはKruskal-Wallis、みたいなことが かかれているところも みつ..
タグ: R
R: 「有意差」がでるまで観測をふやすシミュレーション
Taglibro de H ] 09:29 03/24
「有意差」がでるまで観測をふやしていくと、どのくらい「有意」になるのかをシミュレーションでやってみました。
タグ: R
萩原淳一郎『基礎からわかる時系列分析』
Taglibro de H ] 19:50 03/19
技術評論社さまからおおくりいただきました。 萩原淳一郎・瓜生真也・牧山幸史(著)石田基広(監訳) 『基礎からわかる時系列分析—Rで実践するカルマンフィルタ・MCMC・粒子フィルタ』 技術評論..
タグ: R 状態空間モデル
R: Brunner-Munzel検定をためす
Taglibro de H ] 06:12 03/19
先日の生態学会の粕谷さんの講演でも ふれられていましたが、不等分散のときにMann-WhitneyのU検定(Wilcoxonの順位和検定)をしている例はわりとよく目にします(不等分散のときにつかえ..
タグ: R
Kona linux black で R 「解析対象ごとに作業ディレクトリを分ける」
タイタンの妖女 ] 20:34 03/11
Windows XP時代のネットブックをwindows10にアップグレードして使っていたが、windows updateに失敗するので思い切ってLinuxにした。32GB SSDを全てkona Lin..
タグ: linux R
Rでbioinformatics③ edgeR
◇Rでbioinformatics③ edgeR <a href="//ck.jp.ap.value..
タグ: R RNA-seq edgeR
前のページへ 1 2 3 4 5 31 32 次のページへ