タグ検索    
記事 画像

話題のタグ

最近追加されたタグ

 「スルガ銀、パワハラ王国暴走と創業家支配の因果 いかにして組織は逸脱するのか?」   「下界」では営業担当役員が審査部門の人事に介入するなどやりたい放題   「優良銀行」とされてきたスルガ銀行   「逸脱行為の組織的な蔓延による規範的障害の欠如/全員共犯化」を加速させた「表彰制..   「雲の上から下界を見ているような人たち」だった経営陣は、「上納金」さえちゃんと収..   ずさんな経営管理体制が不正を拡大させたと断じる報告書   その情報は適切に共有されず、融資の拡大に歯止めをかけられませんでした   ゲーム   ストレッチ目標   スマートデイズが破綻。そのことで、個人向けの投資用不動産を巡る不正があらわになっ..   スルガ銀行では顧客の返済能力を確かめるため、物件価格の1割、1億円の場合は1,0..   スルガ銀行の執行役員は「雇用型」で、従業員。すなわち一労働者にすぎず、創業オーナ..   ノルマ達成のため、上司から部下へのパワハラが横行   パワハラと不正でノルマを達成した人が表彰され、昇進すれば、ますますパワハラは加速   ブレーキがなくアクセルだけのクルマ   一時は地銀の「優等生」と称されたスルガ銀行の実態はカネだけを追いかけた組織だった   不動産業者「ある程度、改ざんを黙認してもらったり指示してもらったり、お互い(融資..   不動産業者です。行員に頼まれ、通帳の預金残高を多く見せる偽装を行っていた   不正によってルールが骨抜きにされ、ずさんな融資が行われていた   不正の原因   今回の問題を受けて、金融機関は融資に慎重になり始めている   低金利に苦しむ地銀   個人の不動産投資熱の高まり   個人向けの投資用不動産融資   全国の地方銀行106行のうち54行が昨年度、融資などの本業で赤字   内部通告制度を利用したものはわずか1%   創業オーナー家ら多数の上位者が存在   創業家という絶対的権力による無力化であり、無力化による思考停止だ   動画   営業現場の本部長以下が、いい数字を作って、会長、社長、副社長に持っていって、褒め..   営業部門の暴走   営業部門の暴走を止めるべき審査部門も機能しなくなっていました   広さ4畳の部屋が15あります。しかし、そのうち9つが空室のままです   担当者、支店長、執行役員のすべてが「共犯者」であるため、不正通報は裏切り行為と見..   故岡野副社長こそが、営業偏重の人事や過大な営業目標、審査部門の弱体化など一連の問..   新規の融資額全体の8割を占めるまでになりました   日経ビジネスオンライン   次に、審査の機能不全   河合 薫   現在の家賃収入は合わせて月15万円余り。一方、銀行への返済額は64万円。毎月50..   第三者委員会   第三者委員会 委員長 中村直人弁護士   第三者委員会は主に3つ指摘   経営層は現場の悪いことについて『報告を受けない』『知らない』という形になって、現..   行員たちが受けたパワハラ   通帳のコピーや契約書などの書類を偽装   銀行も共同正犯   1つ目、営業現場の暴走   3つ目は、ずさんな経営管理体制   3年前、スルガ銀行は投資用のシェアハウスを調査し、入居率が推計5割にとどまってい..