タグ検索    

記事 画像
タグ検索トップ  >  記事  /  20世紀
記事 での「20世紀」の検索結果 408
ストラヴィンスキー、春の祭典。
音のタイル張り舗道。 ] 21:44 04/16
音楽と四季の相性は、良いように思う。ヴィヴァルディの『四季』という傑作もあるし... いや、四季のうつろいは、目で認識されるものだけれど、四季を創り出すのは大気であって、大気を震わ..
タグ: フランス バレエ ドビュッシー ラフマニノフ ロシア ストラヴィンスキー 19世紀 20世紀 ヴォーカル 管弦楽曲
ランゴー、春の目覚め。
音のタイル張り舗道。 ] 23:00 04/04
何だか、万葉への思いが、フツフツと湧いてしまっている、単細胞生物です。 いや、「令和」がなけらゃ、『万葉集』への関心なんて、なかなか沸かなかったよ。と、つくづく... そして..
タグ: 北欧 交響曲 20世紀 ウィーン・フィル
生誕150年、プフィッツナー、近代音楽に包囲されて、コンチェルト...
音のタイル張り舗道。 ] 23:00 02/27
1920年代のベルリン... 今、振り返ってみると、何だかファンタジーに思えて来る。第一次世界大戦の敗戦(1918)によって、ドイツは、政治も経済もズタボロ(びっくりするようなインフレ!)、か..
タグ: ピアノ ヴァイオリン 20世紀 協奏曲
生誕150年、プフィッツナー、過去を想う、『ドイツ精神について』。
音のタイル張り舗道。 ] 23:00 02/24
2月は、すっかりメモリアル月間です。生誕200年のグヴィ(1819-98)、オッフェンバック(1819-80)に続き、生誕150年のプフィッツナー(1869-1949)に注目してお..
タグ: 20世紀 ヴォーカル
生誕150年、プフィッツナーによるマニフェスト、『パレストリーナ』。
音のタイル張り舗道。 ] 23:00 02/21
ロマン主義も、かつては、前衛だった... 1850年代、ヴァイマルの楽長を務めていたリストは、ロマン主義をより深化させようと奮闘するも、保守勢力の抵抗に遭い、道半ばでヴァイマルを離..
タグ: オペラ 20世紀
『クープランの墓』とクープランと、アコーディオンが捉えるそれぞれの素顔。
音のタイル張り舗道。 ] 01:00 01/22
20日、大寒は過ぎましたが、寒い日が続きます。って、よくよく見てみると、20日は大寒の"入り"であって、節分までが大寒だということを、昨日、知りました。嗚呼... クラシック関連で..
タグ: フランス ラヴェル バロック 20世紀 18世紀 アコーディオン クープラン トランスクリプション
人類の音楽の記憶を探る"EARLY MUSIC"、クロノス・クァルテット...
音のタイル張り舗道。 ] 01:00 01/19
にわかに、ミニマル・ミュージックについて見つめてみて、考えさせられる、1月。前回、ほぼ半世紀前、日本に到達したミニマリズムの波に乗って、がむしゃらにピアノを掻き鳴らした佐藤聰明に圧..
タグ: ルネサンス アメリカ イギリス 中世 ケージ 現代 20世紀 古楽 弦楽四重奏 ボーダーライン上のエリア
日本、ミニマル・ミュージックの日の出、溢れ出す佐藤聰明の世界...
音のタイル張り舗道。 ] 01:00 01/16
「ミニマル・ミュージック」という言葉を、至極当たり前のように使っているし、そこに手堅いイメージを持っているのだけれど、改めてミニマル・ミュージックの歩みを辿ってみると、そのイメージ..
タグ: 日本 ピアノ 現代 20世紀
"deep silence"、笙とアコーディオンによる、響きの極北...
音のタイル張り舗道。 ] 01:00 01/10
明けまして、おめでたいということで、生誕200年のスッペだ、オッフェンバックだと、景気の良い、お祭り騒ぎのような音楽を聴いて来たお正月。も、明けましたので、ここで少し襟元を正すよう..
タグ: 日本 現代 20世紀 室内楽 アコーディオン
2018年、今年の音楽、ベリオ、シンフォニア。
音のタイル張り舗道。 ] 01:00 12/26
クリスマスが過ぎました。後は、お正月に向けて、一直線ですね。さて、今年の漢字、"災"でした。はぁ、そうですか。という感じであります。ちなみに、昨年が"北"。ぶっちゃけ、"北(朝鮮)..
タグ: マーラー 20世紀 ヴォーカル ベリオ
ベルリンを離れて、ラトル、ニュートラルな『ペレアスとメリザンド』。
音のタイル張り舗道。 ] 01:00 12/20
うわーっ、12月20日です!2018年が、本当にもう凄く終わってしまう!大掃除が完了していない、年賀状が書き終わっていない、で、他にもやること山積みだよ... という事態になりまし..
タグ: フランス オペラ ドビュッシー ラトル 20世紀 ロンドン響
前のページへ 1 2 3 4 5 33 34 次のページへ