タグ検索    

記事 画像
タグ検索トップ  >  記事  /  19世紀
関連するタグ: フランス 
記事 での「19世紀」の検索結果 424
シャロンのばら。
音のタイル張り舗道。 ] 22:44 07/09
アメリカは、言わずと知れた、音楽大国!なぜそうなったのだろう?ちょっと考えてみる。アメリカ"合衆"国という国名が示すように(って、誤訳なのが痛いところ... )、いろいろな地域から..
タグ: アメリカ ピリオド 19世紀 18世紀 ヴォーカル ボーダーライン上のエリア
ゴットシャルク、ピアノ作品集。
音のタイル張り舗道。 ] 23:14 07/06
クラシックにおいて、アメリカが存在感を示すのは20世紀に入ってから... ジャズ・エイジの申し子、ガーシュウィン(1898-1937)、マシーン・エイジの"アンファン・テリヴル"、..
タグ: アメリカ ピアノ 19世紀
春のヴァルプルギスの夜の夢... 幻想交響曲。
音のタイル張り舗道。 ] 22:44 04/28
桜が散って、復活祭がやって来て、春本番かと思ったら、春を通り越して、一気に夏日になって、今、寒いという... 春は、気紛れです。さて、日本的には、改元が近付いて来て、何となく、再び..
タグ: フランス 交響曲 ベルリオーズ 19世紀 ラモー ハーディング
ロマン主義の深化、そして、その先へ... リスト、『キリスト』。
音のタイル張り舗道。 ] 21:44 04/19
ノートルダム大聖堂が、まさか、焼け落ちるとは... 音楽史から見つめれば、ゴシック期の音楽の中心であり、まさにノートルダム楽派を生んだ場所。それだけに、当blog的にも、その喪失感..
タグ: リスト 19世紀 ヴォーカル オラトリオ
春を接いで、ドビュッシー、ラフマニノフ、ストラヴィンスキー...
音のタイル張り舗道。 ] 21:44 04/16
音楽と四季の相性は、良いように思う。ヴィヴァルディの『四季』という傑作もあるし... いや、四季のうつろいは、目で認識されるものだけれど、四季を創り出すのは大気であって、大気を震わ..
タグ: フランス バレエ ドビュッシー ラフマニノフ ロシア ストラヴィンスキー 19世紀 20世紀 ヴォーカル 管弦楽曲
ロマン主義がバッハと出会う、メンデルスゾーン、『パウルス』。
音のタイル張り舗道。 ] 22:11 04/13
17世紀半ば、対抗宗教改革の波に乗って、ローマで誕生したオラトリオ... 瞬く間に多くの作品が作曲されるようになり、18世紀に入ると、オペラと伍して華麗に大変身を遂げる。のだけれど..
タグ: ピリオド メンデルスゾーン 19世紀 オラトリオ ヘレヴェッヘ
春と呼ばずにいられない... ベートーヴェンの「春」。
音のタイル張り舗道。 ] 23:26 04/10
四旬節、ならばと、がっつり教会音楽と向き合い中... が、四旬節(2019年の四旬節は、3月6日から4月18日まで... )って、思いの外、長い!いや、がっつり向き合ってこそ感じら..
タグ: ベートーヴェン ヴァイオリン ピリオド 19世紀 室内楽
ロマン主義を古典美に昇華する、シュポーア、『最後の審判』。
音のタイル張り舗道。 ] 21:44 04/07
さて、桜、見て来ました!でもって、何だかフワァーっとしてしまう(って、飲んではいませんよ... )。いや、桜には、ある種の陶酔を引き出す、何かがあるような気がする。とかく、情緒やら..
タグ: 19世紀 オラトリオ ベルニウス
古典主義とロマン主義の狭間で、アイブラー、『四終』。
音のタイル張り舗道。 ] 17:00 04/01
「令和」、と聞いて、まず、びっくりして、呑み込むのに少し時間が掛かった。なぜかというと、「平成」からすると、凄く上品(令夫人とか、令嬢とか、そういうイメージ?)に感じられたから....
タグ: マックス ピリオド 19世紀 ヴォーカル オラトリオ
シューマンの人生の変奏、アベッグから天使へ...
音のタイル張り舗道。 ] 01:00 03/05
一昨日は桃の節句で、明日は啓蟄(暖かくなって、虫たちが土から顔を出す!)... 春は、暦の上にもしっかりと刻まれております。でもって、キリスト教圏では、本日、謝肉祭=カーニヴァルの..
タグ: ピアノ シューマン 19世紀 ル・サージュ
クララの愛と生涯、そして、作曲...
音のタイル張り舗道。 ] 01:00 03/02
3月です。ふと気付くと、そこはかとなしに春めいている。何だかほっとします。さて、明日、3月3日は雛祭り... ということで、女性作曲家に注目!って、あんまりにも安易なのだけれど、い..
タグ: ピアノ 19世紀 女性作曲家
生誕200年、オッフェンバック、見果てぬ夢、ホフマンの物語...
音のタイル張り舗道。 ] 01:00 02/18
えーっ、生誕200年のオッフェンバックに注目しております。で、この人の歩みを追っておりますと、時代の空気がガラりと変わる瞬間に出くわします。というのが、フランスがあっさりと敗北する..
タグ: フランス オペラ 19世紀 ケント・ナガノ オッフェンバック
前のページへ 1 2 3 4 5 35 36 次のページへ