タグ検索    

記事 画像
タグ検索トップ  >  記事  /  青年団
記事 での「青年団」の検索結果 11
日本文学盛衰史
楽寛亭日乗 ] 14:43 07/07
高橋源一郎さんの原作を、平田オリザさんが演出した青年団第79回公演を吉祥寺シアターでみた。「文学とは何か、人はなぜ文学を欲するのか」。明治の文豪たちが登場人物として出てくる。森鴎外、夏目漱石、北村透谷..
タグ: 文学 高橋源一郎 夏目漱石 吉祥寺シアター 森鴎外 青年団 平田オリザ
革命日記
楽寛亭日乗 ] 15:42 04/30
青年団・こまばアゴラ演劇学校無隣館による公演を、こまばアゴラ劇場でみた。学生や青年労働者が日本を、社会を何とかしなければと、過激な行動に走った時代があった。新左翼と呼ばれた革命家たちが物語の主人公。劇..
タグ: こまばアゴラ劇場 青年団 新左翼 平田オリザ
田野邦彦演出 『ここからは山がみえる』bis「高校生リーディング版」
8月22日に『ここからは山がみえる』というお芝居を「アトリエ春風舎」に見に行ってきました。 そのレポートのパート2。 この日は、15時からの本公演に先立って、お昼の12時から「高校生リーディン..
タグ: 青年団 田野邦彦 マシュー・ダンスター ここからは山がみえる RoMT 都立美原高校
岩井秀人 『武蔵小金井四谷怪談』
こまばアゴラ劇場に、岩井秀人作・演出の『武蔵小金井四谷怪談』を見に行ってきました。 面白い! 熱烈的お薦め! ああ、でも、明日が最終日なんですよ。 24日の土曜日に見たんですけど、またレポート..
タグ: 古典 青年団 ハイバイ 岩井秀人 武蔵小金井四谷怪談
田野邦彦企画構成『ブラックコーヒーとワルツ』
舞台は、カルチャーセンターのロビーにある小さなカフェ・・・ いえ、舞台の上にカフェのセットがつくられているというわけではなく、 池袋コミュニティ・カレッジという本物のカルチャーセンターのロ..
タグ: ワークショップ 青年団 田野邦彦
謎のタオル装着率!!
KOEELE ] 18:20 10/04
何度か、ここにも書いたのですが、ワタクシ、泉州地域在住です。たぶん、他の地域から来た人で長年住んでいない人、たまたま遊びに来た人の中に不思議に思う光景があります。泉州地域の人のタオルの装着率の高さです..
タグ: 岸和田 タオル 貝塚 和泉 青年団 泉大津 高石 だんじり祭
『青木さん家の奥さん』
昨日、駒場の「アゴラ劇場」で『青木さん家の奥さん』という芝居を見てきました。 平田オリザ演出、劇団「青年団」の公演です。 (写真は「こまばアゴラ劇場」。ちょっとピンぼけ。) 平田オリザという..
タグ: 青年団 平田オリザ 内藤裕敬 南河内万歳一座
夏休みの思い出は、苗場登山と盆踊り
  あんなことこんなこと―19高校時代 1956~1958(S31-33)-⑦夏休みの思い出は、苗場登山と盆踊り●苗場山山頂のご来光 1957(S32)8.7 モノクロ写真を着色●今なら問題。苗場山(..
タグ: 高校生 教育 盆踊り 長岡商業 苗場山 青年団
小学生の頃、楽しみは村芝居とナトコ映画
動画の自分史-2     小学生の頃、楽しみは村芝居とナトコ映画   娯楽といえば雑誌とラジオしかなかったこの時代、村芝居は一大イベントでした。地元青年団の若者たちが村祭りの境内にしつらえた芝居小屋で..
タグ: 映画 小学生 戦後 昭和 エッセー 自分史 ナトコ映画 教育 児童 青年団 GHQ CIE NATOCO
明けても暮れてもヘンシンごっこ
  あんなこと、こんなこと―25高校時代 1956~1958(S31-33)-⑬ ●電車を住まいにしている人物が登場するような作品をまだ演じていました。 1958年 春季長岡市内高校演劇発表会にて  ..
タグ: 生涯学習 高校生 教育 長岡商業 演劇活動 青年団
プロの演劇人に学んだ貴重なひととき
  あんなことこんなこと―26高校時代 1956~1958(S31-33)-⑭プロの演劇人に学んだ貴重なひととき演劇かぶれだった高校時代【下】 ●鹿鳴館時代の舞踏会の様子 「扶桑改良双六」(1887頃..
タグ: 日記 生涯学習 高校生 教育 一人旅 演劇活動 青年団