タグ検索    

記事 画像
タグ検索トップ  >  記事  /  遊離脂肪酸
記事 での「遊離脂肪酸」の検索結果 6
第61回 臨床検査技師国家試験、血清蛋白質について
(61AM36)血清について誤っているのはどれか。  1.アムブミンは遊離脂肪酸を運搬する。  2.アルブミンはカルシウムと正の相関をする。  3.免疫グロブリンは大部分がɤ分画に含まれ..
タグ: カルシウム アルブミン 遊離脂肪酸 正の相関 半減期 免疫グロブリン トランスサイレチン 血清蛋白 ɤ分画
血清蛋白
(PM37)血清蛋白について正しいのはどれか。2つ選べ  1.アルブミンの半減期は3日である  2.アルブミンは遊離脂肪酸を運搬する  3.アルブミンとカルシウムは負の相関をする ..
タグ: カルシウム 成人 アルブミン 血清 乳幼児 遊離脂肪酸 負の相関 半減期 免疫グロブリン 血清タンパク
第59回 臨床検査技師国家試験、検査値、影響
(臨床化学59PM29)検査値の影響で正しいのはどれか。  1.遊離脂肪酸は食後高値となる  2.総蛋白は立位より臥位で高い  3.カリウムは全血冷蔵保存で低値となる  4.プロラ..
タグ: 運動 食後 睡眠中 カリウム 冷蔵保存 立位 プロラクチン ck 遊離脂肪酸 全血
ホルモン感受性リパーゼの活性化
臨床検査技師ノート ] 10:54 12/26
ホルモン感受性リパーゼは  アドレナリン → β受容体 → Gs → アデニル酸シクラーゼ → cAMPの上昇により活性化される ※アドレナリンにより遊離脂肪酸は上昇する
タグ: アドレナリン gs 遊離脂肪酸 アデニル酸シクラーゼ 臨床化学 β受容体 cAMP
糖尿病とインスリン抵抗性
糖尿病は高血糖状態が長いあいだ続いてしまい血糖値が下がらない病気です。 糖尿病には種類があり、日本人の糖尿病患者の9割以上を占める2型糖尿病! その2型糖尿病の主な原因と言われているのが「..
タグ: インスリン抵抗性 遊離脂肪酸 三価クロム 糖尿病 インスリン抵抗性 インスリン受容体 GTFクロムフェリン理論 腫瘍壊死因子 血液中 ブドウ糖 インスリン抵抗性 肥満 腫瘍壊死因子 肥満 遊離脂肪酸
中性脂肪について
中性脂肪の基準値とは ] 20:02 06/25
中性脂肪とは、体内で備蓄されているエネルギーのことで、らくだで言えばコブに相当するようなものになります。 人間の身体の中で、一番多く存在する脂肪が中性脂肪なんです。 ただ、中性脂肪は体脂肪..
タグ: 食事 健康 糖尿病 体脂肪 血液 健康診断 生活習慣病 肥満 食生活 運動不足