タグ検索    

記事 画像
タグ検索トップ  >  記事  /  賃借権
記事 での「賃借権」の検索結果 17
民法第395条 抵当建物使用者の引渡しの猶予
民法第395条 抵当建物使用者の引渡しの猶予 抵当権者に対抗することができない賃貸借により抵当権の目的である建物の使用又は収益をする者であって次に掲げるもの(次項において「抵当建物使用者」という..
タグ: 民法 抵当権 賃借権 抵当権者 民法395条 抵当建物使用者の引渡しの猶予
民法第387条 抵当権者の同意の登記がある場合の賃貸借の対抗力
民法第387条 抵当権者の同意の登記がある場合の賃貸借の対抗力 登記をした賃貸借は、その登記前に登記をした抵当権を有するすべての者が同意をし、かつ、その同意の登記があるときは、その同意をした抵当..
タグ: 民法 抵当権 賃借権 抵当権者 民法387条 抵当権者の同意の登記がある場合の賃貸借の対抗力 同意の登記
賃借権設定登記
不動産の賃借権は、不動産の全部または一部の使用及び収益をする権利です。 賃貸人は賃借人に対して不動産を使用及び収益をさせる義務を負い、賃貸人は賃借人に対して賃料を支払う義務を負います。 賃..
タグ: 登記 賃借権 賃借権設定登記
借家法
この法律は、借地法と同様、大正10年に制定され、昭和16年および昭和41年に改正されました。 この過程で、建物の賃借権(借家権)は、逐次安定・強化されたのです。 その主な内容は次のとおりで..
タグ: 賃借権 借家法 造作買取請求
取得時効
時効により所得権の所得が認められるためには、所有の意思で平穏公然に動産または不動産を20年間占有していなければなりません。 もっとも、占有のはじめが、善意・無過失なときは10年です。   所..
タグ: 20年 時効 10年 所有者 善意 無過失 取得時効 占有 時効中断 賃借権
賃借権の登記
土地・建物に対する賃借権(借地権・借家権)を登記記録上に公示しておく登記のことをいいます。 もともと賃借権は、賃貸人(地主・家主)に対してだけものをいう権利(債権)であるが、登記をしておけば賃貸..
タグ: 登記 農地 賃借人 賃借権
民法第278条 永小作権の存続期間
民法第278条 永小作権の存続期間 永小作権の存続期間は、20年以上50年以下とする。 設定行為で50年より長い期間を定めたときであっても、その期間は、50年とする。 永小作権の設定は、..
タグ: 更新 民法 慣習 賃借権 永小作権 存続期間 民法278条
民法第266条 地代
民法第266条 地代 第274条から第276条までの規定は、地上権者が土地の所有者に定期の地代を支払わなければならない場合について準用する。 地代については、前項に規定するもののほか、その性質..
タグ: 民法 地代 地上権 賃借権 民法266条
民法第264条 準共有
民法第264条 準共有 この節の規定は、数人で所有権以外の財産権を有する場合について準用する。ただし、法令に特別の定めがあるときは、この限りでない。 解説 数人が共同して所有権以外の..
タグ: 民法 債権 金銭債権 使用貸借 準共有 賃借権 所有権以外の財産権 民法264条
民法第163条 所有権以外の財産権の取得時効
民法第163条 所有権以外の財産権の取得時効 所有権以外の財産権を、自己のためにする意思をもって、平穏に、かつ、公然と行使する者は、前条の区別に従い20年又は10年を経過した後、その権利を取得す..
タグ: 民法 20年 10年 過失 所有権 時効取得 賃借権 善意無過失 民法163条 所有権以外の財産権
不動産侵奪罪
法律用語集 ] 10:19 10/27
   他人の不動産を奪い取る罪をいいます。  不動産とは土地およびその定着物 (建物, 立木, etc) です。  この罪が昭和25年の刑法の一部改正によって設けられたのは、  不動..
タグ: 不動産 刑法 判例 窃盗罪 懲役 刑罰 未遂 学説 不動産侵奪罪 賃借権
船舶登記
法律用語集 ] 11:43 06/27
 船舶登記簿に、船舶の所有権・抵当権・賃借権など船舶に関する 一定の事柄について登記することをいいます。  船舶は動産であり、動産には登記制度が認められないのが一般ですが、 船舶につ..
タグ: 所有権 賃借権 船舶登記簿 登記制度
前のページへ 1 2 次のページへ