タグ検索    

記事 画像
タグ検索トップ  >  記事  /  読書
記事 での「読書」の検索結果 2,097
モルガン・スポルテス ゾルゲ 破滅のフーガ(1)
e-徒然草 ] 14:55 03/22
                    独軍用オートバイ・ツェンダップ第1幕 本書で、ゾルゲはヘル・ドクトール(Herr Doktor)、尾崎秀実は荒木秀実、宮城与徳は武藤誠として登場します。以下、イ..
タグ: 読書 ゾルゲ
'17 9月の読書記録
ひとまるの徒然草 ] 22:24 03/16
 3月も中旬ですね。暖かかったり、寒かったりで着るものに困りますね。 とは言いつつも、私目は皆が、若干薄着になる中、まだまだ冬の様な格好しております#59124;  ではでは、9月の読書記録..
タグ: 読書 騎士団長殺し
梅原猛 葬られた王朝 古代出雲の謎を解く(2)
e-徒然草 ] 13:02 03/15
続きです。オオクニヌシスサノオ→ヤシマジヌミ→フハノモヂクヌスヌ→フカチノミズヤレハナ→オミズヌ(国引き)→アメノフユキヌ→オオクニヌシと、オオクニヌシはスサノウから6代下った「因幡の白兎」で有..
タグ: 読書
'17 8月読書記録
ひとまるの徒然草 ] 20:57 03/10
 こんばんは。2019年3月も中旬にもなるのに、2017年8月でございます。 早く、2018年に移りたい!って、私次第なんだけど……#59124;  頑張ります! 8月読書記録です。 ..
タグ: 読書
梅原猛 『葬られた王朝』 古代出雲の謎を解く(1)
e-徒然草 ] 10:15 03/09
『砂鉄のみち』で、ヤマタノオロチ伝説は、農民と砂鉄集団の争いの渦中でスサノオが農民を助ける話として紹介されていました。出雲の砂鉄とスサノオつながりです。第一章 出雲王朝はスサノオから始まった第二章 オ..
タグ: 読書
司馬遼太郎 砂鉄のみち(街道をゆく7)
e-徒然草 ] 10:28 03/06
 『壱岐・対馬の道』で、鉄を求めてヤマト王権が壱岐・対馬から辰韓に至る海の道の話がありました。鉄繋がりで出雲の砂鉄の話です。 古朝鮮 著者は沖縄を訪れ、沖縄の人々は、日本人が「集団になった場合の..
タグ: 読書
司馬遼太郎 壱岐・対馬の道(街道をゆく13)
e-徒然草 ] 22:34 03/01
 『耽羅紀行』の続きです。UDデジタル教科書体にしてみました。鉄 壱岐・対馬の歴史的存在は、古代における輸入鉄の海上輸送の経路に浮かんでいるということで、神話や伝承の上での不可思議な相貌を帯びて..
タグ: 読書
井上章一 大阪的 「おもろいおばはん」はこうしてつくられた
e-徒然草 ] 21:49 02/26
 タイトルのキャプションは「『おもろいおばはん』はこうしてつくられた」ですが、中身は「おもろいおばはん」のバックグラウンドと知られざる大阪で、やや看板に偽りありです。井上章一には『京都ぎ..
タグ: 読書
司馬遼太郎 耽羅紀行(街道をゆく28)
e-徒然草 ] 13:16 02/23
 耽羅国とは、朝鮮半島の南に浮かぶ済州島のことです。『韓のくに紀行』の十数年後、作者は済州島を訪れます。耽羅国といえば、常世の国といったふうの夢の異国のようにも思えるし、また一方『魏志』倭人伝の..
タグ: 読書
佐藤 優 十五の夏(下)
e-徒然草 ] 13:56 02/18
 続きです。図書館で借りたため時間が開いてしまいました。著者、十五歳の佐藤優氏はキエフからモスクワに入り「ラジオ・モスクワ」日本語課を訪問します。この奇妙な訪問に至った経緯が語られます。 中学3..
タグ: 読書
司馬遼太郎 翔ぶが如く(8)
e-徒然草 ] 08:30 02/03
                   南日本新聞からお借りしました 田原坂、吉次越、山鹿で破れた薩軍は、木留、植木に後退して抵抗を続けます。政府軍(衝背軍)が八代南の日奈久に上陸して南北から挟み撃ち..
タグ: 読書
18『徒然草』兼好法師
ピアノと本のある生活 ] 21:12 08/16
つれづれなるままに、ひぐらし、硯に向かいて・・・・・。 吉田兼好のすごいところは、人間を観察しているということだ。 人間を観察して、どういう人がいるのか、仏教とてらしあわせたらどう..
タグ: 読書 古典 徒然草
前のページへ 1 2 3 4 5 174 175 次のページへ