タグ検索    

記事 画像
タグ検索トップ  >  記事  /  行動の教義
記事 での「行動の教義」の検索結果 13
実践 私の実存主義講座 第162回 サルトルの言うことには一貫性がある/ 今こそ実存主義哲学!
サルトルの言うことには一貫性がある。 『すべての人間関係は相克に終わる』 Human relations seem to assert that conflict is an inherent f..
タグ: 行動の教義 すべて人間関係は相克に終わる 地獄は他人である
実践 私の実存主義講座 第156回 日*の国は世界で一番カバの国!?
日*は世界で一番カバな国 日*の国は当たり前の哲学*(主体性を一番大事にする哲学=実存主義哲学)が一番普及してない国 そういうこともあって 実存主義に一番適った「世界の言語」も身に付かない ‐..
タグ: 行動の教義 主体性を一番大事にする哲学
実践 私の実存主義講座 第134回 日本人は植物の木・桜となんら変わらない/ 入学式・入社式・人事異動が日本で一斉に行われるのは桜の開花と同じで、気温(温度)が原因である/ 遺伝子構造上は人間も植物も同じらしい/ 違いは言語にあり
今年もまた桜の開花予測の時期そして春が来る。 「毎」年4月には日本では入学、入社式、人事異動が「全」国的にある。 桜に限らず、開花は気温(温度)が決定的要素である。 実は、日本の季節の行事は、植..
タグ: 行動の教義
56 この小論文の重要度☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆/ サルトル哲学の「即自存在」と「対自存在」をそっくりそのまま日本語文と英語文に見ることができます// 今日の一言 五十六 / Today's One Word ⅹⅹⅹⅹⅹⅵ
・日本文と英語文はサルトル哲学で繋がっている。・日本語文が「即自存在」で、英語文が「対自存在」である。サルトルが定義した即自存在・対自存在が特定されたと言っていいのではないでしょうか。これはサルトルが..
タグ: 重要度 そっくり 行動の教義 特定された
安倍倍とそのグループはあまり頭がよくねぇな
俺の言ってることこと分らねぇだろ。馬鹿がいくら集まっても馬鹿は馬鹿。馬鹿は死ななきゃ治らないってぇやつだ。- アインシュタインのエネルギーの保存の法則が E=mc2(乗)という簡潔で美しい一つの方程式..
タグ: 実存主義 行動の教義 安倍倍 エネルギーの保存の法則
「言霊」なんてそんな神霊的なことはないよ/ 世界の三大哲学者
「言霊」なんてそんな神霊的なことはない筈だよ在るのは、アインシュタインに代表される「物質の世界」のとサルトル哲学の「心*の世界」だけさ。これで、物・心両方の哲学が出そろった。『行動の教義**』として、..
タグ: アインシュタイン サルトル 実存主義 デカルト 行動の教義 言霊なんてないよ 神霊的なこと 三大哲学者
原爆の投下を「神の懲罰」と言って「神」を引き合いに出してはやはりまずいな。「神」まで引き合いに出すのは「実存主義」に依って行き過ぎた自己主張であることが分かる。なぜなら・・・
『(省略)。実存主義とは、一貫した無神論的立場からあらゆる結果を引き出すための努力にほかならない。この立場は本源的な絶望から出発している。実存主義は神が存在しないことを力のかぎり証明しようとするという..
タグ: 実存主義 楽観論 行動の教義 原爆の投下 神の懲罰 無神論的立場 問題なのではない 絶望者
「英語」と「日本語」はアインシュタインの「質量とエネルギーの等価性」の理論とサルトルの「即自存在と対自存在」の哲学で関連している
↓日々雑感 #11↓英語と日本語はアインシュタインの「質量とエネルギーの等価性」の理論とサルトルの「即自存在と対自存在」の哲学で関連している。▼手前味噌的理論的根拠MyBlogRelatedPage:..
タグ: アインシュタイン サルトル 生体反応 大東亜共栄圏 Phishing 重度複合障害言語 行動の教義 水素爆弾 花のように 傍系
ジャン・ポール・サルトルは極端な斜視だったけど性格が良くて生涯すねたりひねくれることもなく、とても優しい人だったに違いない
彼は若いとき、自分と同じくらいの歳でとても好きな少女に愛を告白したところ、片目が極端な斜視のサルトルを見て、その少女はサルトルを化け物を見るような目で観、逃げるようにして嫌われたという。このときのサル..
タグ: バイアス 実存主義はヒューマニズムである 行動の教義 ジャン・ポール・サルトル 人間社会や物の世界 実存主義とは何か
私の「実存主義」観
「実存主義」とは、『**を超えた「行動の教義」』と思えてならない。アスタリスクの処はあえて伏せておく。超大国のアメリカは、サルトルを輩出したフランスには頭が上がらない筈である。 ◇‐ 手前味噌的?参考..
タグ: 行動の教義 はいしゅつ ** 輩出 頭が上がらない
前のページへ 1 2 次のページへ