タグ検索    

記事 画像
タグ検索トップ  >  記事  /  虚偽表示
記事 での「虚偽表示」の検索結果 33
虚偽表示
表示者が、相手方と通謀して行った真意と異なる意思表示。 心裡留保を単独虚偽表示というのに対し,減滅偽表示と通謀虚偽表示などといわれます。 例えば、債権者の差押えを免れるために、友人と通謀し..
タグ: 民法 無効 錯誤 虚偽表示 心裡留保
民法第101条 代理行為の瑕疵
民法第101条 代理行為の瑕疵 1 意思表示の効力が意思の不存在、詐欺、強迫又はある事情を知っていたこと若しくは知らなかったことにつき過失があったことによって影響を受けるべき場合には、その事実..
タグ: 無料 相談 法律相談 契約 登記 司法書士 詐欺 民法 代理人 法務局
民法第97条 隔地者に対する意思表示②
民法第97条 隔地者に対する意思表示 1 隔地者に対する意思表示は、その通知が相手方に到達した時からその効力を生ずる。 2 隔地者に対する意思表示は、表意者が通知を発した後に死亡し、又は行..
タグ: 無料 無料相談 相談 法律相談 登記 司法書士 詐欺 民法 通知 法務局
民法第96条 詐欺又は強迫②
第96条(詐欺又は強迫) 1 詐欺又は強迫による意思表示は、取り消すことができる。 2 相手方に対する意思表示について第三者が詐欺を行った場合においては、相手方がその事実を知っていたときに..
タグ: 無料 相談 法律相談 契約 登記 司法書士 詐欺 民法 法務局 裁判所
民法第96条 詐欺又は強迫
第96条(詐欺又は強迫) 1 詐欺又は強迫による意思表示は、取り消すことができる。 2 相手方に対する意思表示について第三者が詐欺を行った場合においては、相手方がその事実を  知っていた..
タグ: 無料相談 相談 法律相談 契約 登記 司法書士 詐欺 民法 法務局 裁判所
民法第95条 錯誤(錯誤の効果)④
錯誤の効果 相対的無効  法律行為の要素に錯誤がある意思表示は無効である(民法95条本文)。 ただし、表意者に重大な過失があったときは、表意者は自らその無効を主張することができない(民法95..
タグ: 無料 無料相談 相談 法律相談 契約 登記 司法書士 民法 無効 法務局
民法第95条 錯誤③
錯誤の態様 錯誤は表示行為の錯誤と動機の錯誤に分けられる。 1.表示行為の錯誤とは?   意思決定から表示行為に至る過程において錯誤が生じることを表示行為の錯誤といい、   表示行為の..
タグ: 無料 無料相談 相談 法律相談 登記 司法書士 詐欺 民法 判例 法務局
民法第95条 錯誤(要素の錯誤)②
(錯誤) 民法第95条 意思表示は、法律行為の要素に錯誤があったときは、無効とする。ただし、表意者に重大な過失があったときは、表意者は、自らその無効を主張することができない。 要素..
タグ: 無料 相談 法律相談 登記 司法書士 詐欺 民法 法務局 裁判所 相談無料
民法第95条 錯誤
民法第95条 錯誤 意思表示は、法律行為の要素に錯誤があったときは、無効とする。 ただし、表意者に重大な過失があったときは、表意者は、自らその無効を主張することができない。 解説 意..
タグ: 無料 無料相談 相談 法律相談 登記 司法書士 民法 無効 法務局 裁判所
民法第94条2項の類推適用 ④
本人が相手方と通じて、虚偽の意思表示をすることを虚偽表示といい、民法では虚偽表示に もとづく法律行為を原則として無効としている(民法第94条第1項)。 それと同時に、民法第94条第2項では、こ..
タグ: 無料 無料相談 相談 法律相談 登記 司法書士 詐欺 民法 法務局 裁判所
民法第94条 虚偽表示③
虚偽表示の適用範囲 単独行為 94条は相手方のある単独行為にも適用がある。(最判昭31・12・28民集10巻12号1613頁) 身分行為 身分行為についても虚偽表示は無効とすべきであ..
タグ: 無料 相談 法律相談 契約 登記 司法書士 民法 法務局 裁判所 相談無料
民法第94条2項 虚偽表示②
民法94条2項の解説 通謀虚偽表示の無効は善意の第三者には対抗できないと規定する。 したがって、94条1項の意思表示は、当事者間及び第三者との関係では無効だが、善意の第三者との関係では有効であ..
タグ: 無料 無料相談 相談 法律相談 契約 登記 司法書士 詐欺 民法 法務局
前のページへ 1 2 3 次のページへ