タグ検索    

記事 画像
タグ検索トップ  >  記事  /  藤沢周平
記事 での「藤沢周平」の検索結果 89
ブランド力?
6猫日記 ] 19:31 07/21
 姫野カオルコ『彼女は頭が悪いから』読了。  東大にそんなにブランド力があるものだろうか。とにかく、鼻持ちならない連中が出てきて、腹立たしい。石を投げれば東大にに当たる職場を見たこともあるけ..
タグ: 時代物 短編集 短編 羽田圭介 藤沢周平 姫野カオルコ 佐伯一麦 雪明り 走ル 山海記
百姓の牙
6猫日記 ] 21:29 07/10
 藤沢周平『義民が駆ける』読了。  藤沢周平記念館で特集されていたこともあって手に取った。決してすかっとした美談ではなく、侍と領民、商人たちの抜け目ないそれぞれのしたたかさが出ていてとても面..
タグ: 藤沢周平 義民が駆ける 荘内藩
女を描く
6猫日記 ] 21:28 12/02
 藤沢周平『日暮れ竹河岸』読了。  女性を描いた短編集。いつもながら鮮やかというか、女性の描き方がうまいなあと思う。理想じゃないし、強すぎもしないし、よくわかっていらっしゃるというか。  ..
タグ: 時代物 短編集 藤沢周平 日暮れ竹河岸
市井物×2冊
6猫日記 ] 23:21 06/06
 宇江佐真理『神田八つ下がり』読了。  あとがきに、何をヒントに作品を書いたかが作家によって説明されていて、ちょっと面白い。くすっと笑えるのから、なんかやりきれないのまで、いろいろあって..
タグ: 時代物 短編集 宇江佐真理 藤沢周平 市井物 夜の橋 神田八つ下がり
やっぱりいいな
6猫日記 ] 21:47 05/28
 藤沢周平『龍を見た男』読了。  やっぱり、藤沢周平はいいなあと思う。外国で読むとまたしみじみいいのだけれど、今回は持っていきませんでした。
タグ: 短編集 藤沢周平 龍を見た男
藤沢周平先生 的な描写
藤沢周平先生の小説のなかに 見事な描写があった。 「 織之助の顔に、みるみる不快そうな表情がうかんだ。 織之助の片膝がかすかに動いている。貧乏ゆすりだった。 気持が苛立..
タグ: 藤沢周平 貧乏ゆすり 描写
乱丁
ほぼ金曜日のそらへい ] 17:00 06/23
 梅雨入り発表後、ずっと空梅雨が続いていましたが、先日やっと雨が降りました。降り出したら今度はいっとき雨、おまけに台風並みの強風を伴って、職場では看板が飛んだり、家では畑の作物が倒れたり大変でした。 ..
タグ: マイルス・デイヴィス 藤沢周平 永井荷風 キャノンボール・アダレイ 乱丁 Something Else AccuRadio 神谷玄次郎捕物控 「霧の果て」 落丁
気がかかりなこと
ほぼ金曜日のそらへい ] 21:29 06/02
 もう夏ですかね。連日屋外温度は30度を越えていますし、ここ数日は蒸し暑さも加わってきました。5月でこの気候はないだろうと思っていたら、もう6月に入ってしまいました。 昨夜は当地、急激な雷雨で..
タグ: 趣味 意欲 雷鳴 山本周五郎 藤沢周平 SP-LE8T クリフォードブラウン
厳寒に耐えてきりりと香る寒梅のごとき、藤沢文学の極致なり
時の疾風 ] 22:38 01/26
大寒が過ぎ、広島市の縮景園では、梅のつぼみがほころび始めている。各地に大雪をもたらした冬将軍のせいか、少し寒さで固くなったよう。それでもかすかに漂う香りに、春の足音を感じる。今日は没して20年になる作..
タグ: 蝉しぐれ 藤沢周平 寒梅忌
藤沢周平の「天保悪党伝」
blackpenguin's bar ] 12:22 12/26
天保悪党伝 (新潮文庫)作者: 藤沢 周平出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2001/10/30メディア: 文庫最近、出張続きで移動中にたくさん本が読めると思いきや、座席について本を開いたとたん睡魔..
タグ: 江戸 悪人 藤沢周平 河内山宗俊 天保時代
『花のあと』
花のあと (文春文庫)作者: 藤沢 周平出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 1989/03メディア: 文庫内容(「BOOK」データベースより) 娘ざかりを剣の道に生きたある武家の娘。色白で細面、け..
タグ: 映画 ブータン 藤沢周平
お盆過ぎ
ほぼ金曜日のそらへい ] 18:19 08/19
 梅雨に入った頃から、暑さ湿度が増すとともに、田舎の年中行事、草刈や墓掃除、墓参りなどが続いて、ようやくお盆、締めくくりは16日夜の盆踊りでした。 まだまだ暑さ続いていますが、お盆を過ぎるとなんとなく..
タグ: 読書 宮部みゆき ミニトマト お盆 ナス 墓参り サトイモ 藤沢周平 中玉トマト 消夏法
前のページへ 1 2 3 4 5 7 8 次のページへ