タグ検索    

記事 画像
タグ検索トップ  >  記事  /  脂肪細胞
記事 での「脂肪細胞」の検索結果 22
読んだ本 #6 糖尿なのに脂質(あぶら)が主因 「糖尿病とその合併症予防の脂質栄養ガイドライン」 日本脂質栄養学会 糖尿病・生活習慣病予防委員会/著
#1はこちら #2はこちら #3はこちら #4はこちら #5はこちら     肥満体質は母親の摂取リノール酸がつくる   胎児、乳幼児の時期に脂肪細胞の多寡がほぼ..
タグ: アレルギー 血管 胎児 肥満体質 脂肪細胞 自己免疫 膠原病 乳幼児 リノール酸 インスリン抵抗性
ママの責任
高血圧予防は離乳食から 肥満児の背後には、たいてい肥満した親が控えている。 多くは母親だ。 理由は体質の遺伝と同一の食事環境。 太りやすい体質を共有していて、いつも同じ物を..
タグ: 高血圧 離乳食 塩分 脂肪細胞 肥満児 五島雄一郎
 子どものメタボはママの責任
なんやらかんやら日録 ] 17:47 05/26
 カエルとメタボ  ニュースのない日は動物園に行ってみる─というのが、昔の新聞記者心得の一つだった。 サル山のボス争いとかカバの大あくびとか、心和む閑種(ひまだね)を探す早道だったからだ。..
タグ: 離乳食 肥満 柳田国男 脂肪細胞 新聞記者 高血圧予防 閑種 五島雄一郎
高齢者ほど、糖質制限ダイエットは危険
太るということは、どういうことでしょうか。 脂肪細胞は思春期までにその増加は終わります。太るということは脂肪細胞に 脂肪をため込むこと。細胞が風船を膨らませるように大きくなっていくのです。 ..
タグ: 高齢者 脂肪細胞 糖質制限
ダイエットをすると、激しい空腹になる仕組み
ダイエットをしていると、猛烈な空腹に襲われることがありますが、それは、 満腹になるには、満腹中枢を満腹になったよと知らせる必要があります。 その働きをするのがレプチンというホルモン。このレプチ..
タグ: レプチン 脂肪細胞 満腹中枢
セルライトの基礎知識
美容と健康を考える ] 21:51 04/13
体内のセルライトを意識したことはあるでしょうか。 太ももや腹部に凹凸のある筋ができてきていることはありませんか。 セルライトはいつの間にか存在します。 皮膚の下の脂肪細胞が硬くなって..
タグ: セルライト 新陳代謝 脂肪細胞
第61回 臨床検査技師国家試験、脂肪細胞、分泌
(61AM43)脂肪細胞から分泌されるのはどれか。  1.インスリン  2.グルカゴン  3.プロラクチン  4.ソマトスタチン  5.アディポネクチン ..
タグ: インスリン 脂肪細胞 プロラクチン アディポネクチン グルカゴン ソマトスタチン
生後1年で急激な体重増加があると肥満細胞が増える!?
本日の体重78.5キロ。 昼間は半そででもいいくらいの気候になってきました。半そでになりたいのに、二の腕が気になる・・・。まぁ、夏になってしまえば気になろうが半そでになるんですけどね(>_..
タグ: ダイエット 脂肪細胞 肥満は遺伝する?
ラ・パルレから究極の部分痩せ「キャビテーション燃焼コース」初回限定特別価格
暮らしの情報 ] 16:03 02/05
エステサロン「La Parler(ラ・パルレ)」から究極の 部分痩せ「キャビテーション燃焼コース」が新登場! ■キャビテーションとは? (超音波)を当てることで凝り固まっていた..
タグ: 特別価格 エステサロン 脂肪細胞
フォルスコリンがアデニル酸シクラーゼを刺激し脂肪細胞を減らす
フォルスコリンがアデニル酸シクラーゼを刺激し結果、脂肪細胞を減らすのに関与する。・なんのこっちゃ?フォルスコリンという成分があります。フォースコリーというサプリ名聞いたことありませんか?それに含まれる..
タグ: 脂肪細胞 アデニル酸シクラーゼ フォルスコリン
脂肪細胞の数って
・脂肪細胞の数って増えたり減ったりするの?従来の研究では、脂肪細胞の数は、胎児期、乳幼児期、第二次成長期。特定の時期にのみ増え、その他の時期では増えない。また、減ることもない。とされてきました。しかし..
タグ: 脂肪細胞
脂肪細胞が破壊できるのか
痩せるとは体内の脂肪を減らすことです。脂肪を減らすというのは、厳密に表現すると体内の脂肪細胞の中に蓄積されている脂肪を分解消費することです。そして、太るというのは体内の脂肪細胞に余剰エネルギーが脂肪と..
タグ: 破壊 脂肪細胞
前のページへ 1 2 次のページへ