タグ検索    

記事 画像
タグ検索トップ  >  記事  /  漢詩
記事 での「漢詩」の検索結果 37
今も昔も繁忙期の窓際サラリーマンの心は一緒。
中国の宋代(日本の平安~鎌倉時代)の漢詩に次のようなものがあります。 これを読むと、今も昔も勤め人の心は一緒のような気がします。 尋ね尋ね 覓め覓め、冷え冷えと清清しく、 凄凄 惨惨 寂寂た..
タグ: 仕事 漢詩 繁忙期
明日は明日の風が吹く。
長い人生、生きているだけで思い通りにならないことばかりです。 しょせん、オリンピックも過ぎてしまえば文字通り後の祭り。 前には、山盛りの仕事があるだけだからこそ、ケセラセラの精神で乗り切りましょう..
タグ: 仕事 漢詩 心構え
繁忙期は、みんな「イライラ」ですね。
繁忙期は皆イライラ、言葉もやり取りも自然と厳しいものになりがちです。 しかし、誰が悪いわけではない。 宋の名宰相、王安石も次のような漢詩を詠っています。 衆生 衆悪を造るも、亦た一機の抽..
タグ: 仕事 漢詩 繁忙期
好きな詩人(1)白居易
私の好きな詩人の一人が白居易(白楽天)です。 彼は、詩を作るたび文字の読めない老女に読んで聞かせ、理解できなかったところは平易な表現に改めたとまでいわれています。 文字・デスクワークに携わる人間は..
タグ: 仕事 漢詩 白居易
バレンタインデーだからこそ、お酒のうたを。
今日はバレンタイン。私もお情けでチョコレートボンボンをいただきました。 洋酒はこんな機会でもないと中々触れ合わないので、美味しくいただきました。 (ちなみにお酒は、本当は焼酎が一番好きです。) ..
タグ: バレンタインデー 漢詩
どんなに無能よばわりされようとも
長いこと仕事を続けていると、後輩には追い抜かれ、上司に罵られるという堪えがたい屈辱を受けることがあります。 これは、昔の詩聖も同じようで、次のような詩を詠っています。 吏情更に覚ゆ 滄州の遠き..
タグ: 仕事 漢詩
子から母の愛を想う。
今日の西郷どんは、西郷家の家族の絆とジョン万次郎の母子愛をテーマとして、ラブについて 描いていました。 個人的には、劇団ひとりの演じるジョン万次郎の演技の泥臭さがGood!!と感じました。 ..
タグ: 時間 漢詩
たまには、過去を懐かしむのもアリ。
よく職場の先輩や同僚と飲み会をしていると、案外、楽しかった時よりも、 辛かった出来事の話題で盛り上がります。 何ででしょうかね?当時は血尿がでるくらい辛く、職場放棄したいと思っていたのに・・・(苦..
タグ: 仕事 漢詩
バレンタインチョコ(中国版)
思いをかけた男に果物を投げるという古代の「投果」という風習が現在でも中国西南少数民族 に残っているそうです。 これは、その風情を歌った漢詩。 我に投ずるに木瓜を以てす、之に報ずるに瓊琚を以っ..
タグ: 漢詩 バレンタインチョコ
「サヨナラ」ダケガ人生ダ
人生の幸せの一つは、たまにしか会えない旧友と遭遇して近況を報告しあうことでしょうか。 直接、利害が絡まない間柄だからこそ気兼ねなく話せる。 普通の事なのに幸せを感じる。会話こそ人間の快楽の一つでし..
タグ: サヨナラ 漢詩
今この時を楽しむ。
時間は有限で何よりも貴重なもの。であれば、この時を一生懸命に生きるべし。 花開いて折るに堪えなば直ちに須らく折るべし。 花無きを待って空しく枝を折る莫かれ。 (『三百首』杜秋娘・金縷衣) ..
タグ: 漢詩 生きがい
サラリーマンは繁忙期に夢を見る。
繁忙期にサラリーマンが夢を見るのは、なんでもない平穏な日常。 逝って将に女を去り、彼の楽土に適かんとす。楽土よ楽土、爰に我が所を得ん。 (『詩経』・魏風・碩鼠) -今こそおまえと縁を切って、..
タグ: 漢詩 繁忙期
前のページへ 1 2 3 4 次のページへ