タグ検索    

記事 画像
タグ検索トップ  >  記事  /  有地京子
記事 での「有地京子」の検索結果 13
「オルセー美術館展2014~印象派の誕生」、19世紀後半・激動の絵画史の迷路とは?
現在国立新美術館で開催中の「オルセー美術館展 印象派の誕生~描くことの自由」を見てきました。1986年12月に開館したオルセー美術館は、19世紀中期から20世紀初頭にかけての絵画・彫刻・装飾・建築・写..
タグ: モネ マネ シスレー 有地京子 クールベ カイユボット オルセー美術館展2014 印象派の誕生 カバネル オルセーはやまわり
マネ「笛を吹く少年」初来日!「オルセー美術館展2014」まもなく開催
①   <オルセー展チラシVer.2>E.マネ『笛を吹く少年』(1866年)1866年のサロンに応募して落選した作品。明確な輪郭線などには日本の浮世絵版画からの影響もうかがえる。今年は、「第1回印象派..
タグ: 有地京子 オルセー美術館展2014 印象派の誕生 マネ『笛を吹く少年』 マネ『草上の昼食』 モネ『草上の昼食』 ベル・モリゾ『揺りかご』
もっと知りたい!カラヴァッジョ、バロックの開祖にして殺人者、呪われた?天才画家
★「聖マタイの召命」★(1600年:ローマ、サン・ルジ・ディ・フランチェージ聖堂蔵)17世紀初頭のイタリアでバロック絵画を誕生させ、光と闇の演出による劇的な宗教画を数多く描いたカラヴァッジョ(本..
タグ: カラヴァッジョ ボルゲーゼ美術館 ルーヴル美術館 有地京子 ルーヴルはやまわり バロック絵画の開祖 聖母の死
お父さんはつらいよ・・・・『幼児キリストの養父・ヨセフ』は白髪頭の老人?
今度の日曜日は「父の日」、史上最強のマドンナともいうべき存在の聖母マリアと比べて『キリストの養父・ヨセフ』は存在感が薄いように思い、聖母マリアの夫・ヨセフが主役の名画を探してみました。ダヴィデの末裔に..
タグ: 聖母子像 ラファエロ 有地京子 聖ヨセフ 西洋名画鑑賞 聖父子像 ラ・トゥール・大工のヨセフ セザンヌの父 キリストの養父
『聖母子の画家』ラファエロが描く聖母マリア、あなたのベスト・マドンナは?
もうすぐ「母の日」ですが、ヨーロッパの美術館や教会巡りをしているとどこにいっても必ず出会うのが「聖母マリア」。巨匠たちが競って描いた多様な「聖母マリア」の中でも私のお気に入りはラファエロ(1483-1..
タグ: 聖母子像 ラファエロ 聖母マリア 有地京子 小椅子の聖母 ルーヴルはやまわり 美しき女庭師 大公の聖母 牧場の聖母 ヒワの聖母
モナリザだけじゃ勿体ない!ルーヴルではフェルメール鑑賞もお忘れなく
☆★うっすら雪化粧のパリ☆★☆★夜明けのパリ☆★冬は朝8時でもまだ薄暗い今年の冬、日本全国で厳しい寒さの日が続きますが、東京より緯度が高いパリでは今頃の季節は氷点下の気温の日が続いているのではないでし..
タグ: フェルメール ルーヴル美術館 フェルメール展 レースを編む女 有地京子 パリ名画散歩 ルーヴルはやまわり リシュリュー翼
《特報》ルーヴル美術館の名画を2時間で満喫!裏技満載のガイド本誕生!
    ★カミーユ・ピサロ「カルーゼル広場/パリ」★    1900年:ワシントン・ナショナルギャラリー蔵1190年にパリの城砦として誕生し、1546年よりフランソワ1世によって宮殿へと姿を変えたル..
タグ: ルーヴル美術館 有地京子 ルーヴルはやまわり
『家族の肖像』・・・・ルノワールとセザンヌ
今回のワシントン・ナショナル・ギャラリー展に「モネ夫人とその息子」が出品されていたルノワールは、色彩あふれる幸福感にみちた女性像を生涯描き続けましたが、40代以降、ルノワールにとって家庭のイメージ、特..
タグ: ルノワール セザンヌ ジャン・ルノワール 肖像画 有地京子 ワシントン・ナショナル・ギャラリー展 アリーヌ・ルノワール セザンヌ夫人
フィレンツェ名画散歩・・・・ウフィツィの次は、メディチ家宮殿内のピッティ美術館へ
(ボーボリ庭園からピッティ宮殿を見下ろす)メディチ一族が贅を尽くして作り上げ、ルネサンスの巨匠が育った“芸術の都”として、日本人にも大人気のフィレンツェには、ウフィツィ美術館の他にも見所がたくさんあり..
タグ: カラヴァッジョ ティツィアーノ フィレンツェ ラファエロ 有地京子 イタリア絵画 小椅子の聖母 ピッティ美術館 悔悛するマグダラのマリア
近頃気になる人物・カラヴァッジョ、バロック絵画の巨匠にして殺人者・・・
現在上野の東京都美術館で開催中の「ボルゲーゼ美術館展」に行ってきました。今回私のお目当ての絵画は、イタリアのバロック絵画の巨匠・カラヴァッジョ最晩年の作品のひとつである「洗礼者ヨハネ」です。(絵はがき..
タグ: カラヴァッジョ 有地京子 洗礼者ヨハネ ブレラ美術館 ボルゲーゼ美術館展 サン・スーシ宮殿 エマオの晩餐 バロック絵画
ボッティチェッリの「春」は饒舌?・・・名画に秘められたメッセージを読み解く楽しみ
(古都フィレンツェの美術館巡りでルネッサンス絵画に開眼)1998年のスペイン旅行で“美術館巡りの楽しさ”にめざめた私と娘は、翌年ルネッサンス絵画の宝庫であるイタリア周遊ツアーに参加しました。ローマ→フ..
タグ: ヴィーナス フィレンツェ フェルメール ドレスデン ウフィツィ美術館 ボッティチェッリ ルネッサンス絵画 有地京子 ジョルジョーネ 春(プリマヴェイラ)
名画の背景にあるストーリーを知ると、西洋絵画がもっと身近になる
私はヨーロッパの美術館巡りが大好きですが、美術館巡りや西洋絵画鑑賞の楽しさに開眼したのは、夏休みに家族で出かけた1998年のスペイン旅行でした。(マドリード:”太陽の沈まぬ国”スペイン王家栄光の都)マ..
タグ: ホルバイン スペイン ベラスケス ウイーン ゴヤ マルガリータ王女 有地京子 ハプスブルク家 ヘンリー8世
前のページへ 1 2 次のページへ