タグ検索    

記事 画像
タグ検索トップ  >  記事  /  日本文化
記事 での「日本文化」の検索結果 74
日本に来る前に知るべき5つのポイントとは??
How to deal with Japanese people!! 日本人と上手に付き合う方法!!【Youtube "Siawase Wo Wakenasai(しあわせをわけなさい:Sha..
タグ: 日本文化
芸者、思い込みを粉々に砕いちゃうぞ!!
"Geisha=芸者” means an Entertainer(Artist)だぞ!!【YouTube "Being a Maiko(Geisha)" 】Hi, guy..
タグ: 日本文化
【旅行23日目・その2】マドリードの裏通りで『オタクセンター』発見
「【旅行23日目・その1】プラド美術館へスペイン王室のコレクションを鑑賞する」から続きます。 旅行23日目の8月1日のつづき。 マドリード到着翌日、早速プラド美術館を訪問。 スペイン王室のコ..
タグ: 旅行 スペイン 世界一周 マドリード 日本文化 カルフール
Clean Bandit - Solo feat. Demi Lovato [Japan Edition]
拙ブログを開設するに当たってUSやUKの超メジャーめなグループやアーティストのMVを取り上げるのは極力避けてゆきたいというスタンスを心掛けていましたが、やはり良いものは良い!という訳で私好みのMVを発..
タグ: 京都 日本 イギリス エレクトロ MV 日本文化 優美 サムネイル SOLO Japan Edition
テレビ東京「世界!ニッポン行きたい人応援団」将棋好きの親子(後編)◇2018年6月11日(月)
将棋観戦の初歩 ] 17:47 06/06
テレビ東京のバラエティ番組「世界!ニッポン行きたい人応援団」。 日本文化が大好きな外国人を日本に招待して、ニッポンで夢体験を叶えます。 2018年6月11日(月)は東欧ベラルーシの将棋好きの9..
タグ: テレビ 将棋 日本文化
テレビ東京「世界!ニッポン行きたい人応援団」将棋好きの親子◇2018年6月4日(月)
将棋観戦の初歩 ] 23:08 06/02
テレビ東京のバラエティ番組「世界!ニッポン行きたい人応援団」。 日本文化が大好きな外国人を日本に招待して、ニッポンで夢体験を叶えます。 2018年6月4日(月)は東欧ベラルーシから将棋好きの9..
タグ: 将棋 日本文化 テレビ放送 人間将棋
anything but のあとの繰り返しを省略する言い方 (高橋留美子「めぞん一刻」)
上級英語への道 ] 20:10 05/16
前回に続いて、高橋留美子の往年の名作「めぞん一刻」英語版から取り上げよう。anything but は、あとに続くべき言葉が直前に出ていれば繰り返しを避け、but で文が終わる形になることがある。その..
タグ: 日本文化
日本のマンガの英訳にシェイクスピアのセリフが使われていた (高橋留美子「めぞん一刻」)
上級英語への道 ] 20:00 05/14
先日に続いて、高橋留美子の名作コミック「めぞん一刻」英語版で拾ったネタを取り上げよう。今回は、元の日本語と意図的に異なる英訳にすることで、文化的な違いを乗り越えようとしたと思われる例である。
タグ: シェイクスピア 日本文化 翻訳・誤訳
日本礼讃番組のウンザリ感
今日のクソ記事 ] 18:05 05/03
富永ゼミグループ研究「日本礼讃番組はなぜ増加したのか」1/3 | 富永 京子 / TOMINAGA Kyoko 相変わらず、日本文化や、日本製品が素晴らしいと絶賛する番組が多く、正直飽き飽きして..
タグ: テレビ東京 日本文化 ブランドバッグ 鴻上尚史 団塊の世代 ママチャリ ランドセル 不法投棄 cool japan バブル時代
消えゆく whom への挽歌 (エコノミスト誌 "For whom, the bell tolls")
上級英語への道 ] 22:05 04/26
英誌 The Economist のバックナンバーを眺めていたら、言葉について書いている "Johnson" というコラム欄が whom を取り上げていたので、読んでみた。
タグ: 日本文化
日本朝顔と各国の文化
気ままにお花し ] 11:48 10/25
最後の朝顔と種子2017  日本の秋は、今年は例年に無く雨が多く憂鬱な日が続いています#58944;。秋も深まり、我が家の朝顔も最後の一輪です。植物の花の後には、来年育つ子孫のために種..
タグ: 朝顔 日本文化 環境対策 グリーンカーテン
反語にも使える be my guest 「好きにしろ」 (高橋留美子「めぞん一刻」英語版)
上級英語への道 ] 09:10 07/24
先日 baptism of fire を紹介した時に書いたように、最近たまたまネイティブを交えて英語を少し話す機会があったが、その場で Be my guest. という表現を久しぶりに耳にした。そして..
タグ: 日本文化 和書
前のページへ 1 2 3 4 5 6 7 次のページへ