タグ検索    

記事 画像
タグ検索トップ  >  記事  /  文学
記事 での「文学」の検索結果 219
【西条昇メディア掲載情報】今朝の読売新聞の都内版の浅草文芸展の記事にコメントが
今朝の読売新聞の都内版に、私が資料展示及びアドバイザーを務める日本近代文学館での文学展「浅草文芸、戻る場所」につての記事が掲載されました。 私のコメントも載っています。
タグ: 文学 川端康成 浅草 谷崎潤一郎 高見順 樋口一葉 文豪 ストリップ 日本近代文学館 西条昇
【西条昇の浅草文芸史研究】早稲田大学で日本近代文学館での浅草文芸展の打ち合わせを
私、西条は9月1日(土)~10月6日(土)に日本近代文学館で開催される文学展「浅草文芸、戻る場所」のアドバイザーおよび資料協力として浅草文芸や浅草芸能に関するコレクションの一部を展示することになり、今..
タグ: 文学 日本文学 川端康成 浅草 早稲田大学 江戸川乱歩 高見順 永井荷風 ストリップ 日本近代文学館
日本文学盛衰史
楽寛亭日乗 ] 14:43 07/07
高橋源一郎さんの原作を、平田オリザさんが演出した青年団第79回公演を吉祥寺シアターでみた。「文学とは何か、人はなぜ文学を欲するのか」。明治の文豪たちが登場人物として出てくる。森鴎外、夏目漱石、北村透谷..
タグ: 文学 高橋源一郎 夏目漱石 吉祥寺シアター 森鴎外 青年団 平田オリザ
【西条昇の神楽坂文学散歩】泉鏡花の愛した軽子坂の料亭「うを徳」
神楽坂と並行する軽子坂を登りきったところにある明治初期創業の料亭「うを徳」。 ここは尾崎紅葉や泉鏡花に愛された店として知られ、鏡花の小説「婦系図」に登場する魚屋「めの惣」のモデルは「うを徳」の初代・..
タグ: 文学 日本文学 神楽坂 明治 料亭 泉鏡花 尾崎紅葉 婦系図 文学散歩
「坊っちゃん」はなぜ市電の技術者になったか―日本文学の中の鉄道をめぐる8つの謎 小池滋著 早川書房
JITOZU ] 09:48 12/27
この本では、日本文学に登場する鉄道に関わる記述を取り上げ、考証を行うというスタイルで書かれている。 著者は英文学の研究者だが、この本では研究者的視点に想像力を交え、割りとくだけた文調で書..
タグ: 文学 小池滋
梅雨晴
花鳥風月の俳句 ] 04:35 06/26
梅雨晴や越後の山に光り飛び
タグ: 文学 俳句 詩 日記
おんな城主 直虎 あらすじ ネタバレ 第26回
シャチとクマとタカと ] 00:19 05/30
誰が為に鐘は鳴る ワールドプレミア上映版 [ ゲイリー・クーパー ] おんな城主 直虎 あらすじ ネタバレ 第26回 「誰がために城はある」 7月2日日曜日に放送。 直虎(柴咲..
タグ: 映画 家族 マリア 日本 文学 大河ドラマ アメリカ ドラマ スペイン
本日の一文
一文 ] 08:58 06/03
de10. 快楽の対象とされていないのは、愛されている女性である。 シャルル・ボードレール 1821年4月9日 ~ 1867年8月31日 フランスの批評家、詩人。 ロマン派後期..
タグ: 詩人 文学 フランス ロマン派 快楽 批評家 愛されている 近代詩 シャルルボードレール
晩秋の愛媛ひとり旅13~道後公園&子規記念博物館
路面電車で「道後温泉駅」の一つ手前「道後公園駅」で下車。 ちょうど"坊ちゃん電車"が入ってきたので写真撮影。 時間あったし天気も少し青空が見えてきたので「道後公園」あたりを散策すること..
タグ: 旅行 文学 一人旅 愛媛 夏目漱石 正岡子規 道後公園
『ガロと北海道のマンガ家たち展』鑑賞
小樽文学館で『ガロと北海道のマンガ家たち展』鑑賞。 原画や原稿も展示されていて見応えあった。また、当時の漫画家の部屋を再現したコーナーもあって面白かった。 漫画読めるコーナーもあるから、時間ある時に観..
タグ: 漫画 マンガ 文学 小樽 ガロ 小樽文学館
心も空模様と同じみたい
昨日はつまらないブログを書いたものだと後悔しています。 後悔しても修正や削除をしないのは、思ったことを書いたからだと思っているのです。 でも、この手の話を書くとPVが一気に低下するのです。..
タグ: ブログ 映画 バイク 小説 文学 撮影 記事 ドラマ 想い 考え
怒・スランプ
どうにもこうにも行かない感じです。 スランプではないのですが、書けません。 書けないというよりも、書きたくない。 今までは純文学系の作品ばかりでした。 つまり日常の世界をそのまま物..
タグ: 小説 文学 観察 妄想 空想 ホラー SF サスペンス スリラー
前のページへ 1 2 3 4 5 18 19 次のページへ