タグ検索    

記事 画像
タグ検索トップ  >  記事  /  捕虜
記事 での「捕虜」の検索結果 18
日本人捕虜が作ったナヴォイ劇場
   このあいだテレビでやってましたね。ウズベキスタンで日本人捕虜が作ったナヴォイ劇場の話。 終戦で満州を引き上げ、いよいよ日本に帰れると勇んで列車に乗った四百数十人の人々が連れてこられたのは..
タグ: 日本 ウズベキスタン 座禅 坐禅 捕虜 ナヴォイ劇場 タシケント地震
世界の橋 その2
 シリーズの二回目はタイのクワイ川にかかる橋を訪ねます。  映画「戦場にかける橋」で有名になった橋です。  日本人にとっては古傷に触れられるようで少々心が痛みますが、どんな橋なのか..
タグ: 映画 日本軍 タイ王国 第二次世界大戦 戦場にかける橋 捕虜 クワイ川 クワイ川鉄橋
引き継ぎも怠るなよ。それもお前の重要な役目だ。
先の事だけでなく、目の前のこともしっかりやっておくんだぞ。 例えば引き継ぎだ。 PS3からPS4までのアップデートも可能だ。 捕虜、コスチューム、キャラが引き継げるので デ..
タグ: アップデート コスチューム キャラ 引き継ぎ PS4 捕虜 メタルギアソリッド5 ファントムペイン
逆境 復興手探り 火山ガス不安、人口・観光客減 三宅島 帰島10年
逆境 復興手探り 火山ガス不安、人口・観光客減 三宅島 帰島10年http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2015012702000145...
タグ: 三宅島 捕虜 逆境 官邸前 日本人人質事件 復興手探り 火山ガス不安 人口・観光客減 帰島10年 自国兵解放
世界戦争犯罪事典 <第2部>
独破戦線 ] 07:00 07/12
ど~も。ヴィトゲンシュタインです。 常石 敬一 監修の「世界戦争犯罪事典」を読破しました。 文藝春秋80周年記念出版の一冊である2002年発刊の本書。 704ページで定価19440円とい..
タグ: ドレスデン ヘミングウェイ 毒ガス 強制収容所 ダッハウ パイパー ホロコースト ゲルニカ 捕虜 ゲーリング
軍用犬捕まる、それを発表してなにするの?狙いはなんだろう・・タリバンが軍用犬を「捕虜」に、アフガニスタン
きたコレ ] 16:54 02/07
【2月7日 AFP】アフガニスタンの旧支配勢力タリバン(Taliban)は、昨年末に同国東部で起きた戦闘で、駐留外国軍の軍用犬を捕えたと発表した。 タリバンのウェブサイトと交流サイト(SNS)の..
タグ: 捕虜 軍用犬
ベルリン戦争
独破戦線 ] 08:03 01/28
ど~も。ヴィトゲンシュタインです。 邦 正美 著の「ベルリン戦争」を読破しました。 「第二次大戦下ベルリン最後の日」、「ベルリン特電」に続く、 日本人が体験したベルリン最終戦シリーズの第..
タグ: 捕虜 ヒムラー グデーリアン ゲーリング ゲッベルス ゲシュタポ ルーデル 無差別爆撃 ポーランド作戦 ベルリン終戦
八重の桜 あらすじ ネタバレ 第30回
シャチとクマとタカと ] 21:16 06/30
起き上がり小法師 (おきあがりこぼし) コンパクト 珍しい 新撰組 1点1点手作りのぬくもり、温...価格:420円(税込、送料別) 八重の桜 あらすじ ネタバレ 第30回 7月28日日曜..
タグ: 生活 家族 東京 江戸 伝統 時代 人間 象徴
アルジェリアのテロ事件、日本人2人含む人質30人死亡か。
まっちゃんの部屋 ] 07:16 01/18
ロイター通信の報道ですが、今迄の報道の経緯を考えると、残念ながら事態は最悪の状況になりつつありますね。 アルジェリア政府が海外の報道機関に、内情の報道を許可していないのが「情報の錯綜」の..
タグ: アフリカ テロ 戦争 報道 帰国 資源 ロイター 犠牲者 テロ事件 ロイター通信
脱出記 -シベリアからインドまで歩いた男たち-
独破戦線 ] 07:01 06/15
ど~も。ヴィトゲンシュタインです。 スラヴォミール・ラウイッツ著の「脱出記」を読破しました。 1939年のドイツ侵攻、そして東からはソヴィエトが・・という状況のもと、 スパイ容疑でNKV..
タグ: ポーランド 捕虜 脱出記 NKVD
大脱走
独破戦線 ] 18:35 01/19
ど~も。ヴィトゲンシュタインです。 ポール・ブリックヒル著の「大脱走」を読破しました。 戦争映画の金字塔「大脱走」の原作です。 子供の頃から「◎曜洋画劇場」で放映される度に家族で(2週に..
タグ: 戦争映画 エド・ハリス 大脱走 捕虜 脱出記
捕虜 -誰も書かなかった第二次大戦ドイツ人虜囚の末路-
独破戦線 ] 07:01 07/05
ど~も。ヴィトゲンシュタインです。 パウル・カレル、ギュンター・ベデカー共著の「捕虜」を再度、読破しました。 パウル・カレルを紹介するのも今回が最後になりますが、 その最後となる本書を再..
タグ: 大脱走 カニバリズム 捕虜 ハルトマン パウル・カレル アフリカ軍団 シベリア抑留 クレッチマー ゲシュタポ トーテンコップ
前のページへ 1 2 次のページへ