タグ検索    

記事 画像
タグ検索トップ  >  記事  /  抵当権
記事 での「抵当権」の検索結果 78
民法第395条 抵当建物使用者の引渡しの猶予
民法第395条 抵当建物使用者の引渡しの猶予 抵当権者に対抗することができない賃貸借により抵当権の目的である建物の使用又は収益をする者であって次に掲げるもの(次項において「抵当建物使用者」という..
タグ: 民法 抵当権 賃借権 抵当権者 民法395条 抵当建物使用者の引渡しの猶予
民法第393条 共同抵当における代位の付記登記
民法第393条 共同抵当における代位の付記登記 前条第2項後段の規定により代位によって抵当権を行使する者は、その抵当権の登記にその代位を付記することができる。 解説 競売された不動産..
タグ: 民法 抵当権 代位登記 後順位抵当権者 共同抵当 付記登記 民法393条 共同抵当における代位の付記登記
民法第387条 抵当権者の同意の登記がある場合の賃貸借の対抗力
民法第387条 抵当権者の同意の登記がある場合の賃貸借の対抗力 登記をした賃貸借は、その登記前に登記をした抵当権を有するすべての者が同意をし、かつ、その同意の登記があるときは、その同意をした抵当..
タグ: 民法 抵当権 賃借権 抵当権者 民法387条 抵当権者の同意の登記がある場合の賃貸借の対抗力 同意の登記
民法第377条 抵当権の処分の対抗要件
民法第377条 抵当権の処分の対抗要件 前条の場合には、第467条の規定に従い、主たる債務者に抵当権の処分を通知し、又は主たる債務者がこれを承諾しなければ、これをもって主たる債務者、保証人、抵当..
タグ: 民法 抵当権 抵当権の処分 民法467条 民法377条 抵当権の処分の対抗要件 指名債権の譲渡の対抗要件
抵当権消滅請求
抵当権消滅請求とは、抵当不動産の所有権を取得した第三者が、自己が評価した抵当不動産の価額相当額を抵当権者に提供して、抵当権の消滅を請求する制度であり、平成16年4月1日から施行された改正民法において、..
タグ: 抵当権 抵当権消滅請求
共同担保目録
共同担保目録とは、A不動産がB不動産とともに、ある同一の債権を担保するために担保権のt対象となっているときは、一覧表である共同担保目録を作成し、これを担保権の登記で引用することによっている。 共..
タグ: 抵当権 登記事項証明書 抵当権設定 共同担保目録 担保権
民法第372条 留置権等の規定の準用
民法第372条 留置権等の規定の準用 第296条、第304条及び第351条の規定は、抵当権について準用する。 解説 第296条(留置権の不可分性) 第304条(物上代位) 第3..
タグ: 民法 抵当権 民法372条 留置権等の規定の準用
民法第371条 抵当権の効力の及ぶ範囲
民法第371条 抵当権の効力の及ぶ範囲 抵当権は、その担保する債権について不履行があったときは、その後に生じた抵当不動産の果実に及ぶ。 解説 抵当権は、設定後の不動産の使用収益権を設..
タグ: 民法 抵当権 天然果実 法定果実 抵当権の効力の及ぶ範囲 民法371条 使用収益兼
民法第370条 抵当権の効力の及ぶ範囲
民法第370条 抵当権の効力の及ぶ範囲 抵当権は、抵当地の上に存する建物を除き、その目的である不動産(以下「抵当不動産」という。)に付加して一体となっている物に及ぶ。 ただし、設定行為に別段の..
タグ: 民法 抵当権 民法370条 抵当権の効力の及ぶ範囲 民法424条
民法第369条 抵当権の内容
民法第369条 抵当権の内容 1.抵当権者は、債務者又は第三者が占有を移転しないで債務の担保に供した不動産について、他の債権者に先立って自己の債権の弁済を受ける権利を有する。 2.地上権及..
タグ: 民法 抵当権 抵当権設定 民法369条 抵当権の内容
制限物権
制限物権とは物を一定の限られた目的のために利用しうる物権のことです。 建物を建設する目的で土地を使用する地上権、耕作や牧畜をする目的で土地を使用する永小作権、担保の目的で物を支配する質権や抵当権..
タグ: 抵当権 質権 制限物権 用益物権 使用収益
民法第341条 抵当権に関する規定の準用
民法第341条 抵当権に関する規定の準用 先取特権の効力については、この節に定めるもののほか、その性質に反しない限り、抵当権に関する規定を準用する。 解説 主な準用規定 1.先..
タグ: 民法 抵当権 先取特権 民法341条 抵当権に関する規定の準用 準用規定
前のページへ 1 2 3 4 5 6 7 次のページへ