タグ検索    

記事 画像
タグ検索トップ  >  記事  /  抗体
記事 での「抗体」の検索結果 37
これからが本番、花粉症
花粉のピークが到来! ピークといってもこれから4月の中旬までの長いピークだ。 長い尾根の馬の背を歩くような感覚だ。 花粉の巻き散っている様子を見るとぞーっとするのは僕だけではないと思..
タグ: 抗ヒスタミン剤 抗体 免疫療法 スギ花粉症
過ぎたるは及ばざるがごとし!
わくわくらんど ] 13:40 04/02
 よくテレビコマーシャルで、「除菌99.9%!!」とか、宣伝しているが、これって本当にいいことなのか!? 菌にはヒトにとって、いい菌も、悪い菌もいる訳だが、本当に99.9%も殺してしまっていいの!..
タグ: 免疫 除菌 洗剤 白血球 おたふく風邪 真菌 抗体 顆粒球 リンパ球
花粉症は「超清潔症候群」?
なんやらかんやら日録 ] 12:35 03/29
健康常識ウソ・ホント(33)  花粉症は「超清潔症候群」? ことしもまた涙と鼻水の季節がやってきた。 春風に乗って数十㌔もの空中を飛んでくる直径およそ30㍈(0.03㍉)の微粒子..
タグ: 花粉症 アレルゲン 藤田紘一郎 慢性副鼻腔炎 抗体 免疫系 TH2 枯草熱 スギ花粉症 肥満細胞
結果発表!!!
アラサー学生の日記帳 ] 13:18 03/05
先日受けてきた抗体の検査を受けてきました!! 今日は土曜日ということもあり、病院結構混んでました(o ̄∇ ̄o) そして、診察室に呼ばれ、説明が始まりました。 今回調べたの..
タグ: 病院 予防接種 注射 抗体 看護学校
第61回 臨床検査技師国家試験、不規則抗体検査
(61PM88)不規則抗体検査について正しいのはどれか。  1.輸血歴がない場合は不要である  2.酵素法はMNSs血液型に対する抗体を検出する  3. 生理食塩液法は主にIgGクラスの..
タグ: 不十分 抗体 臨床免疫学 酵素法 IgG 不規則抗体 間接抗グロブリン試験 輸血歴 不規則抗体検査
第61回 臨床検査技師国家試験、Rh血液型
(61AM88)Rh血液型について正しいのはどれか。  1.検査(試験管法)は37℃で行う  2.日本人のD陰性頻度は5%である  3.D陰性の確認は関節抗グロブリン試験で行う  ..
タグ: 抗体 輸血 37℃ 試験管法 Rh血液型 試験管法の温度 D陰性頻度 D陰性の確認 間接抗グロブリン試験
防護マスク準備
そろそろ準備というか、用意しなくちゃいけません。 花粉症対策の防護品と、洗浄品です。 定番の使い捨てマスクは、十分な量を確保しています。 マスク好きの日本人として、恥ずかしくない備蓄量。..
タグ: アレルギー 花粉症 予防 予備 辛さ 過剰反応 洗浄 抗体 落ち込み
モノクローナル抗体
(AM87)モノクローナル抗体で正しいのはどれか。2つ選べ  1.交差反応が多い  2.血液型検査には用いられない  3.IgGのサブクラスは同一である  4.1つの抗原エピトープ..
タグ: サブクラス 抗原 抗体 血液型検査 T細胞 B細胞 Bリンパ球 Tリンパ球 モノクローナル抗体 交差反応
第59回 臨床検査技師国家試験、CRP
(臨床免疫学AM85)CRPについて正しいのはどれか。2つ選べ  1.腎臓で産生される  2.急性反応物質である  3.肺炎球菌に対する抗体である  4.ラテックス凝集法により測定..
タグ: 腎臓 抗体 CRP 肺炎球菌 電気泳動 急相性反応物質 ラテックス凝集法 α₁-グロブリン分画 (臨床免疫学) (59臨床免疫学)
ひいふう養生噺(19)保温・保湿・栄養・冷え
なんやらかんやら日録 ] 12:06 01/21
 冬の健康管理  冬の健康管理のポイントは、保温・保湿と栄養補給です。  室内温度は18~20度、風邪気味のときは22度ぐらいに─。  のどや鼻の粘膜には乾燥が大敵。湿度は60%、せ..
タグ: 冷え 自然治癒力 カイロ エネルギー 栄養補給 たんぱく質 栄養素 ショウガ 重ね着 抗体
エボラ抗体、ダチョウの卵で大量精製に成功!…京都府大グループ
なんと、ダチョウの卵からエボラ出血熱ウイルスを不活化させる抗体を大量精製することに成功したそうです。 エボラ出血熱に関しては、こちらも参照。 http://jamupa..
タグ: ウイルス インフルエンザ 感染 ダチョウ ダチョウ倶楽部 抗体 エボラ 塚本康浩 京都府立大
ウイルス感染症の大半は子ども自身の体力で治ります
乳児期は目立った症状が出ないまま病気が進行して、症状が重くなっていることがありますが、 幼児期になるとウイルスや細菌に対して体が反応するようになって、症状がはっきり出てきます。 とくにウイルス..
タグ: ウィルス 免疫 感染症 自力 抗体
前のページへ 1 2 3 4 次のページへ