タグ検索    

記事 画像
タグ検索トップ  >  記事  /  幸田 露伴
記事 での「幸田 露伴」の検索結果 24
台所の音をかわいがれ
台所には是非とも音が生じる。その音を怖じたり恥じたりしないようになれ。厨房の音を美しくしろ、台所の音をかわいがれ。 台所はたべるうまさをつくるところだ、うまい音があっていいはずじゃない..
タグ: 幸田 文 幸田 露伴
疾病の説
病者自身にありては、病のために悲観に陥り意気の銷沈に陥るは、万々やむをえぬことではあるけれども、余り多く自意識を使って想像的に主観的に苦悩するよりも、寛やかな心を有し、のびのびとした考を懐き、..
タグ: 安岡 正篤 幸田 露伴
努力の堆積が天才を生む
 天才という言葉は、ややもすると努力によらずして得たる知識才能を指すが如く解釈されているのが、世俗の常になって居る。 が、それは皮相の見たるを免れない。 いわゆる天才なるものは、その系統上..
タグ: 司馬 遼太郎 幸田 露伴
接物宜従厚
 物に接するよろしく厚きに従うべしというは黄山谷の句である。人は心を存するすべからく温なるべきである。 ~中略~  性癖は如何とも為し難いにせよ、人はなるべく「やわらかみ」と「あたたかみ」..
タグ: 幸田 露伴 黄山谷
四季に順応して、自身を処理する
もし植物や家畜において四季の作用することが甚大甚深であり、かつその作用に順応しまたはこれを利用することが、有利でかつ有益であることを認めたならば、人類もまた天地の外に立ち日月の照らさざるところ..
タグ: 司馬 遼太郎 安岡 正篤 幸田 露伴 ヘンリー・デイヴィッド・ソロー
気分と免疫はつながっている
免疫細胞の中には、神経伝達物質のレセプターをもっているものがある。神経伝達物質とは神経細胞から神経細胞へとインパルスを伝えるもので、つまり「気分」の決定権を持っている物質だ。免疫細胞がこれのレセプター..
タグ: 多田 富雄 関野 吉晴 幸田 露伴
拍子をあわせる
「どんなことにでも拍子(リズム、はずみ)はつきものだが、特に兵法の拍子は鍛錬によってでなければ身につかないものである。~中略~また、目に見えないことにもやはり拍子がある。武士なら、昇進落魄(らくはく)..
タグ: 宮本武蔵 幸田 露伴
凡事徹底
何事も実感しなければ自分のものにならない。それもとことんやってこそ・・・・途中でさじを投げるのは、何もしなかったことと同じである。橋本 保雄 (著) 感動を与えるサービスの神髄―ホテルオークラを築いた..
タグ: 言志四録 佐藤 一斎 橋本 保雄 幸田 露伴
道具はいいものを与えないと
独立する時は道具を一式揃えてもらえます。親方のよりいいものを持ちますな。道具はいいものを与えないと性根が入りません。「わしは親方より上等ののみを持っている。親方があの仕事をするのに、俺ができないわけが..
タグ: 西岡 常一 幸田 露伴
出された物はさっさと食べろ
吸い物にしろ椀盛りにしろ、お椀のものが来たらすぐそいつは食べちまうことだね。いい料理屋の場合はもう料理人が泣いちゃうわけですよ。熱いものはすぐ食べなきゃ。~中略~名の通ったいい料理屋に行くときは何より..
タグ: 池波 正太郎 幸田 露伴
見る人は見ている
見る人は見ている。何気ない挨拶、食事の仕方、電話の応対・・・小さなことであればあるほど、正体が現れる。小さなことが満足に出来なくて、大きなことができる人はいない。 丸山 敏秋 (著), 倫理研究所 幸..
タグ: 丸山敏雄 若松 義人 幸田 露伴
三たび復(かへ)して後に云へ
 古へに三たび復(かへ)して後に云へと。云ふ心は、凡そものを云はんとする時も、事を行ぜんとする時も、必ずみたび復さ付して後に言行すべしとなり。先儒のおもはくは、三度び思ひかへりみるに三度びながら善なら..
タグ: ブッダ 道元 幸田 露伴
前のページへ 1 2 次のページへ