タグ検索    

記事 画像
タグ検索トップ  >  記事  /  堺屋 太一
記事 での「堺屋 太一」の検索結果 25
元寇
 十三世紀末の高麗朝舞台とする井上靖氏の「風濤」を読んでもわかるように、高麗人にとっての恐怖は儒教的原理をもたない異民族が中国大陸の主人になることだった。 元帝国の出現である。 わずか百万そこそこのモ..
タグ: 司馬 遼太郎 堺屋 太一 網野 善彦
日本は幸せな平和な国
  「日本の歴史をつぶさに調べれば、この国の人々の体験からほとんど欠落しているものが三つあることに気付く。それは、本格的な籠城戦、計画的な皆殺し、そして人民の武装抵抗、つまりゲリラ戦である」 右は、あ..
タグ: 瀬島龍三 安岡 正篤 五木 寛之 堺屋 太一 倉山 満
ベクトルの向きを合わせろ
能力にしても個人差がありますから、同じことを「ここまでやれ」と言ってもみんなが100%できるわけではない。けれども、その人が自分の能力を100%さえ出してくれれば、それはもう御の字です。 と..
タグ: 空海 堺屋 太一 大久保 恒夫 小菅 正夫 アーヴィン・ゴッフマン 稲盛 和夫 土光 敏夫 コリン・パウエル
織田信長
 織田信長は日本市場の人物にめずらしく世界感覚がいきいきしている。信長は極東の孤島の一隅でうまれた人間でありながら地球のかなたのイスパニア人やポルトガル人によっておこされた大航海時代という..
タグ: 司馬 遼太郎 堺屋 太一
豊臣秀吉
秀吉がよほど運のいい男だといえるのは、かれが天下をとるや、まるでそれを待っていたかのように、日本の処鉱山の黄金の産出額が飛躍的に上昇した。「太田牛一雑記」にも「秀吉公御出世以降、日本国には金銀山野..
タグ: 司馬 遼太郎 磯田 道史 堺屋 太一
大坂城
石山本願寺は、16世紀の世界最強軍団を率いる織田信長と11年間も戦い、ついに負けることはなかった(最終的にはこの地から退去を条件に和睦)。彼らの拠点がこの上町台地の大坂城の跡にあったという。 戦国時..
タグ: 司馬 遼太郎 堺屋 太一 竹村 公太郎 大谷 晃一
応仁の乱
 さて、日本の歴史のなかで、「応仁の乱」ほどわかり難い事件はない。原因も各地の戦闘経緯もよく呑み込めないし、決着も不明確だ。しかも、記録はすべて文学的粉飾と中性的誇張に満ちている。一般には、この乱は、..
タグ: 堺屋 太一
歴史と郷土愛
  今年の大河ドラマは「花もゆ」という、明治維新で活躍した吉田松陰を育てた杉家の四女  文(ふみ)を中心に、家族の絆と松陰の志を継いでいった若者たちの青春群像を描くドラマだそうである。吉田松陰は住人が..
タグ: 馬寄村の住人 堺屋 太一
効率主義は進歩だろうか
 まげものの底に、和紙または金あみを張った容器に、番茶をいれ炭火にかざして、ほうじる。 火が通ったら土びんにとり、すぐあつい湯をさす。しゅうっとさわやかな音をたて、芳香が立つ。 ..
タグ: 司馬 遼太郎 幸田 文 堺屋 太一
美意識の劣化
 倫理観以上に移ろいやすいのは美意識だ。戦前には自己顕示欲は見苦しいものであり、剽軽(ひょうきん)は恥ずかしいことだった。 勝利の悦びを顔に出さず敗北の口惜しさを口にしないのが美学だった。 ..
タグ: 堺屋 太一 枡野 俊明
強みを発揮させ、弱みを無意味にする
マネジメントとは、人にかかわるものである。その機能は人が共同して成果をあげることを可能とし、強みを発揮させ、弱みを無意味なものにすることである。「新しい現実」 P・F・ドラッカー (著), 上田 惇生..
タグ: P・F・ドラッカー 堺屋 太一
地方と東京
   欧米では著名な学者や作家、画家などは風光明媚な地方か、生まれ育った故郷に住むこと誇りにしている。特にアメリカやドイツではその傾向が強く、地方に住んでも出版社や画商が追いかけて来るのが「一..
タグ: 司馬 遼太郎 堺屋 太一 里見 清一
前のページへ 1 2 3 次のページへ