タグ検索    

記事 画像
タグ検索トップ  >  記事  /  判例
記事 での「判例」の検索結果 107
更新料条項について
徒然なるままに。 ] 11:03 09/19
少し真面目なお話。 昨日、現在賃貸している物件の更新覚書の郵送と更新料の振込を終えました。 前の引っ越した時期がこの時期だったので、年の途中であるのは仕方がないのですが。 ***** ..
タグ: 判例
民法第345条 質権設定者による代理占有の禁止
民法第345条 質権設定者による代理占有の禁止 質権者は、質権設定者に、自己に代わって質物の占有をさせることができない。 解説 質権の設定は要物契約であり、目的物の引渡しが要件と..
タグ: 民法 判例 引き渡し 質権 代理占有 占有改定 要物契約 質権の設定 民法345条 質権設定者による代理占有の禁止
民法第337条 不動産保存の先取特権の登記
民法第337条 不動産保存の先取特権の登記 不動産の保存の先取特権の効力を保存するためには、保存行為が完了した後直ちに登記をしなければならない。 解説 不動産保存の先取特権が成立..
タグ: 民法 判例 民法337条 不動産保存の先取特権の登記 効力発生要件
詐欺
詐欺とは、故意に事実を偽って、人を錯誤に陥れる行為です。 誇大宣伝・誇大広告は、ことごとく事実を偽るものであるが、それを受け取る側で、誇張されていることを予期し得る場合は、詐欺にならないのが普通..
タグ: 登記 詐欺 判例 対抗要件
時効の効力
時効により権利の取得や消滅が認められることです。 かかる効力は、起算日にさかのぼって生じます。 時効は、永続した事実状態をそのまま保護するものだからです。 したがって、時効により元本..
タグ: 登記 判例 時効 対抗 所有権 時効の効力
民法第313条 不動産賃貸の先取特権の目的物の範囲
民法第313条 不動産賃貸の先取特権の目的物の範囲 土地の賃貸人の先取特権は、その土地又はその利用のための建物に備え付けられた動産、その土地の利用に供された動産及び賃借人が占有するその土地の果実..
タグ: 民法 判例 動産 先取特権 民法313条 不動産賃貸の先取特権の目的物の範囲 建物の賃貸人の先取特権
抵当権設定登記の判例
共有者の一人が、その持分の上に抵当権を設定している場合に、その共有物について現物分割がされ、共有者間において持分の移転が生じたとしても、抵当権は同持分について存在するのであり、仮に抵当権者が共有物分割..
タグ: 判例 抵当権設定 共有者 先例
預貯金と遺産分割の判例変更
相続で預貯金が「遺産分割」の対象となるかどうかが争われた審判の許可抗告審で、最高裁大法廷(裁判長・寺田逸郎長官)は19日、「預貯金は遺産分割の対象」とする初判断を示し、改めて相続分を決めるために、審理..
タグ: 判例 同意 預貯金 遺産分割 相続人
共同相続
相続人が一人しかいなければ、その一人が全相続財産を承継します。 これを単独相続といいます。 しかし、実際には、相続人が2人以上いることが多く、この場合には、相続財産はその相続人の相続分に応..
タグ: 共有 民法 判例 共有財産 相続財産 学説 共同相続 民法909条
家督相続の先例
旧民法施行中戸主死亡し法定推定家督相続人なく直系尊属のみ存する場合、その届出による家督相続事項の記載なき戸籍謄本を添付して直系尊属への家督相続による所有権移転の登記の申請があった場合受理して差し支えな..
タグ: 相続 判例 家督相続 先例 旧民法
公知の事実
公知の事実とは、普通の知識経験のある不特定の人々が、その存否の確実なことに少しも疑いを持たない程度に知れわたっている事実のことです。 裁判官も知っているものでなければならないのは当然です。 ..
タグ: 常識 判例 一般常識 慣行 公知の事実
民法第221条 通水用工作物の使用
民法第221条 通水用工作物の使用 土地の所有者は、その所有地の水を通過させるため、高地又は低地の所有者が設けた工作物を使用することができる。 前項の場合には、他人の工作物を使用する者は、その..
タグ: 排水 民法 判例 工作物 民法221条
前のページへ 1 2 3 4 5 8 9 次のページへ