タグ検索    

記事 画像
タグ検索トップ  >  記事  /  内田光子
記事 での「内田光子」の検索結果 27
No.236 - 村上春樹のシューベルト論
クラバートの樹 ] 19:53 07/06
前回の No.235「三角関数を学ぶ理由」で、村上春樹さんが「文章のリズムの大切さ」を述べた発言を紹介しました。これは「小澤征爾さんと、音楽について話をする」(新潮社 2011。以下「本書」)からの引..
タグ: 村上春樹 ベートーヴェン シューベルト モーツァルト 小澤征爾 ピアノソナタ 内田光子 ケンプ アンスネス 海辺のカフカ
名演奏の発見-内田光子のモーツァルト協奏曲
以前はこの「内田光子」というピアニストをそれほど意識していませんでした。 日本だけでなく世界で活躍している日本人アーティストとしては理解していましたが、特に好き嫌いもなく放っておいたような存在でした..
タグ: モーツァルト 内田光子
祝!内田光子さん2度目のグラミー賞受賞~レシュマンとのシューマン:女の愛と生涯、他
Angels have passed. ] 03:46 02/15
というタイトルで、僕のところにもタワレコオンラインから売り込みが来ていました。(二日遅れでの記事投稿になりますが)  祝!内田光子さん2度目のグラミー賞  (最優秀ソロ・ボーカル・アル..
タグ: 内田光子 ダニエル・ハーディング ドロテア・レシュマン イアン・ボストリッジ
2016.11.08 内田光子/モーツァルト
川べりの散歩 ] 23:29 11/08
2016年11月8日。19時~21時20分。サントリーホールで内田光子のモーツァルト・ピアノ協奏曲を聞く。弾き振りで、バックは、マーラー・チェンバー・オーケストラだった。 座席は2階の右側後方。..
タグ: 内田光子
ベルリンのシェーンベルク、アメリカのシェーンベルク、
音のタイル張り舗道。 ] 01:00 03/17
スターリン独裁下のショスタコーヴィチの苦闘を見つめた前回、20世紀音楽の傑作が、如何に厳しい状況下で生まれたかを思い知らされたのだけれど、ショスタコーヴィチに、その劣悪な環境から脱出する考えは..
タグ: ピアノ 20世紀 協奏曲 ヴォーカル シェーンベルク 新ウィーン楽派 内田光子 ブーレーズ アンサンブル・アンテルコンタンポラン
クラシック、カーニヴァル!作曲家たちの謝肉祭。
音のタイル張り舗道。 ] 01:00 02/07
ところで、「カーニヴァル」って、何だか知ってました? クラシックも、カーニヴァルを扱った作品はいろいろあるわけで、ぼんやりと認識している気でいたのだけれど、いや、まてよ... 日本語では..
タグ: ピアノ ブラームス モーツァルト シューマン 19世紀 オーボエ 室内楽 内田光子 サン・サーンス
内田光子 リサイタル 2013
今や押しも押されもしない世界の光子ですが、 札幌でも聴けるんですね。 kitaraでは初のソロリサイタルです。 内田光子のモーツァルト、一度は生で 聴いてみたいです。 今回はシュ..
タグ: kitara 内田光子
一般発売 / 内田光子(p)
チケット情報 ] 20:06 07/14
一般発売 / 内田光子(p) 一般発売  発売中 ~2013/11/6(水) 23:59 2013/ 11/7(木) 会場:サントリーホール 大ホール (東京都) サントリーホ..
タグ: クラシック サントリー 内田光子
チープにも、リッチにも、
音のタイル張り舗道。 ] 01:00 10/19
まず、ジャケットに目が引かれる。ミッド・センチュリーな雰囲気を放つ構図の中に3人の音楽家... 左から、ピエール・ブーレーズ、内田光子、クリスティアン・テツラフ... ヴィンテージ..
タグ: モーツァルト 20世紀 18世紀 新ウィーン楽派 ベルク 内田光子 ブーレーズ テツラフ アンサンブル・アンテルコンタンポラン
モーツァルト、80年代、リヴァイヴァル?
音のタイル張り舗道。 ] 17:00 09/26
内田光子が再びモーツァルトを録音する。 と、聞いて、驚き、そして、今、改めて聴かせてくれる彼女のモーツァルトとはどんな音がするのだろう?と、ワクワクしてしまう。いや、それは、かな..
タグ: ピアノ モーツァルト 18世紀 協奏曲 内田光子
スペイシー・マスター・ベートーヴェン/リアル・ヤング・シューマン
音のタイル張り舗道。 ] 05:00 02/13
2006年を振り返り始めての4回目... 6年前というのは、近いようで遠い... あの頃のクラシックは、まだまだ元気だった!という、クラシックの変化もさることながら、聴く側、自身の変化にも気..
タグ: ベートーヴェン ピアノ シューマン 19世紀 内田光子 ル・サージュ
[10月26日#1] アルゲリッヒの弾くシューマンのピアノ五重奏曲から学ぶ
prohitskhの日記・雑感 ] 02:26 11/02
[10月26日#1] アルゲリッヒの弾くシューマンのピアノ五重奏曲から学ぶ 何が幸いかを予測することは不可能だと悟る出来事だらけだ。その一例を示そう。10月だ。 日曜にテニスに出かけたらにわか..
タグ: 共感 内田光子 ピアノ五重奏 アルゲリッヒ
前のページへ 1 2 3 次のページへ