タグ検索    

記事 画像
タグ検索トップ  >  記事  /  信濃毎日新聞社文化部
記事 での「信濃毎日新聞社文化部」の検索結果 12
がん疼痛治療法
 がんの早期では約三割、末期では七割が体験するという痛み。特に末期の痛みは強く、耐えられないほど激しい場合もある。しかし痛みを緩和する態勢は整っていない。  痛み治療に取り組む医師や..
タグ: 養老 孟司 中川恵一 近藤誠 中村 仁一 信濃毎日新聞社文化部
有料老人ホーム
 自宅での最期を望む人が増える反面、家族の介護力は低下している。 自宅に代わる療養の場として期待されている居住型施設の代表格が、有料老人ホームだ(→解説26)。 大切な人をどう..
タグ: 横山 光昭 上野 千鶴子 信濃毎日新聞社文化部 新村 明
ホスピス
   緩和ケアの考え方が、がんの早期からとり入れられるようになったとはいえ、現実問題として、がんに対する攻撃的治療をやりたい放題やった挙句、刀折れ矢尽きた果てに到達する場所が、ホスピスになっているので..
タグ: 上野千鶴子 中村 仁一 信濃毎日新聞社文化部 里見 清一 柳田 尚
死について考えよう
関西学院大学(兵庫県西宮市)で悲嘆学を専門にする坂口幸弘准教授(35)は、「悲しみは消し去る必要はない」と話す。死別をきっかけに家族や友人とのきずなを再確認する人もいれば、人の痛みに共感してボ..
タグ: 香山リカ 白川密成 信濃毎日新聞社文化部 ウィリアム・オスラー 加藤 友朗 ヘンリー・デイヴィッド・ソロー タル・ベン・シャハー
グリーフケア
 がん医療では、患者の家族も告知のときから大きなストレスにさらされる。適応障害や抑うつ状態になる人も少なくないため、「第二の患者」とも言われている。死別後も看病疲れや深い喪失感に苦しみ、継続的..
タグ: 保坂 隆 信濃毎日新聞社文化部
リアルな死がない時代
 生の重みが「現実感を失っている」と言われて久しい。イラク戦争やイスラエル軍のガザ地区侵攻など、テレビのニュースで大量の死を日々、目にする。 ゲームの仮想画面では、キー操作で簡単に登..
タグ: 近藤誠 中村 仁一 信濃毎日新聞社文化部
畳の上で死ぬのは贅沢?
   多くの人が病院で亡くなる現在、住み慣れた自宅で最期を迎える在宅死は、希望しても実現が難しい「ぜいたく」になりつつある。 かつて在宅死亡率が全国で最も高かった長野県も、近年は急落した..
タグ: 上野 千鶴子 信濃毎日新聞社文化部 野瀬悠平
訪問看護
 訪問看護は、専門の看護師が患者の過程を訪ね、主治医などと連携して看護サービスを提供する。定期的な訪問のほか二四時間の緊急対応もする。 「在宅ケアの要となる存在」と、長野赤十字訪問看護ス..
タグ: 小林照幸 上野 千鶴子 信濃毎日新聞社文化部 ウィリアム・オスラー
終末期医療
 日本救急医学会は2007年に策定したガイドラインで、脳死など不可逆的な全脳機能不全、生命維持が人工装置に依存、など4条件のいずれかを満たせば「終末期」と定義し患者・家族の意志を基本として延命..
タグ: 養老 孟司 中川恵一 信濃毎日新聞社文化部
厚労省はここまでやる
  私は脳梗塞の後遺症で、重度の右半身麻痺に言語障害、嚥下障害などで物も満足には食べられない。もう五年になるが、リハビリを続けたお陰で、何とか左手だけでパソコンを打ち、人間らしい文筆生活を送っている。..
タグ: 多田 富雄 マーティン・ファクラー 信濃毎日新聞社文化部
胃ろうの医学的根拠
国内で胃ろうを作った人の予後の追跡調査はほとんどなく、生存率やQOL(生活の質)を改善するという医学的根拠はない。 欧米では、回復するまでのつなぎとして評価する声がある一方、必ずしも期待..
タグ: 信濃毎日新聞社文化部
医療では何が正解か一概に言えない
医療では、何が正解で何が間違いか、一概には言えない。 患者が一〇〇人いれば一〇〇通りの治療方針があり得る。 決断が正しかったかどうか、医師が迷いを感じなくなれば「独善」に陥る。 大切な人を..
タグ: 信濃毎日新聞社文化部 Jerome Groopman MD Pamela Hartzband MD 春日 武彦