タグ検索    

記事 画像
タグ検索トップ  >  記事  /  佐藤 一斎
記事 での「佐藤 一斎」の検索結果 55
学生に伝えるべきこと
  いかにも教科書的に御託をならべていくことはできる。しかし、おそらく学生の注意と緊張は数分ほどで途切れてしまうことになる。それらは事実の羅列であり、何といっても、読めば教科書にかいてあるのだから。 ..
タグ: 福岡 伸一 佐藤 一斎 磯田 道史 大田 光 ウィリアム・オスラー
「忙しい」と言ってはいけない
  忙しいということは現代人に共通の口癖の一つですが、忙しいということは本来よいことではない。 文字そのものがうまく表現している。 「忙」とは、心が亡(に)げる、亡(うしな)われる、亡(な)..
タグ: 佐藤 一斎 安岡 正篤 枡野 俊明 呂新呉
人物の観察法
  佐藤 一斎先生は、人と初めて会った時に得た印象によってその人の如何なるかを判断するのが、最も間違いない正確な人物観察法なりとせられ、先生の著述になった「言志録」のうちには、「初見の時に相すれば人多..
タグ: 論語 孔子 渋沢栄一 孟子 佐藤 一斎 安岡 正篤
名利は厭う可きに非ず
名を干めずして来る者は、実なり。 利の貪らずして至る者は、義なり。 名利は厭う可きに非ず。 但だ干むると貪るとを之れ病と為すのみ。                        「言志耋録」第二〇五条..
タグ: ブッダ ダライ・ラマ14世 渋沢栄一 言志四録 佐藤 一斎 福沢 諭吉 P・F・ドラッカー 松原 泰道 鈴木正三
先ず自分が感動
我自ら感じて、而る後に人之れに感ず。                         「言志耋録」第一一九条                        佐藤 一斎 著     ..
タグ: 渋沢栄一 言志四録 佐藤 一斎 村尾 隆介 内田多加夫
知行合一
無能の知は、是れ瞑想にして、無知の能はは是れ妄動なり。学者宜しく仮景を認めて、以て真景と倣( な)すこと勿( なか)るべし。                        「 言志耋録」第一一条   ..
タグ: ゲーテ 言志四録 佐藤 一斎 西郷 隆盛 トマス・ハクスリー
知足
必ずしも福を干( もと )めず。禍無きを以て福と為す。必ずしも栄を希( ねが )わず。辱無きを以て栄と為す。必ずしも寿を祈らず。夭( よう )せざるを以て寿となす。必ずしも富を求めず。餒( うえ )ざ..
タグ: 玄侑 宗久 言志四録 佐藤 一斎 叢 小榕
凡事徹底
何事も実感しなければ自分のものにならない。それもとことんやってこそ・・・・途中でさじを投げるのは、何もしなかったことと同じである。橋本 保雄 (著) 感動を与えるサービスの神髄―ホテルオークラを築いた..
タグ: 言志四録 佐藤 一斎 橋本 保雄 幸田 露伴
一利を興すは一害を除くにしかず
一物を多くすれば斯( ここ )に一事を多くし、一事を多くすれば斯に一塁を多くす。                        「 言志録 」第二一九条                       佐..
タグ: 横山 光昭 言志四録 佐藤 一斎 耶律楚材 百朝集 P・F・ドラッカー ヤンミ・ムン アラン・M・ウェバー 土光 敏夫 コリン・パウエル
能ある鷹
真勇は怯の如く、真知は愚の如く、真才は鈍の如く、真巧は拙の如し。                        「言志耋録」第二三九条                       佐藤 一斎 著   ..
タグ: ゲーテ 論語 孔子 菜根譚 言志四録 佐藤 一斎 洪自誠 吉田 兼好
毀誉褒貶は世の常
毀誉得喪は、真に是れ人生の雲霧なり。 人をして昏迷せしむ。 此の雲霧を一掃すれば、則ち天青く日白し。                        「言志耋録」第二一六条               ..
タグ: ゲーテ ブッダ 山岡鉄舟 言志四録 佐藤 一斎 新渡戸 稲造 フリードリッヒ・ニーチェ 瀧本 哲史 貝原 益軒
驕れる者久しからず
凡そ物満つれば則ち覆るは、天道なり。満を持するの工夫を忘るること勿れ。満を持すとは、其の分を守るを謂い、分を守るとは、身の出処と己れの才徳とを斥(さ)すなり。                ..
タグ: 山本太郎 菜根譚 言志四録 佐藤 一斎 洪自誠 ヤンミ・ムン 東日本大震災 貝原 益軒
前のページへ 1 2 3 4 5 次のページへ