タグ検索    

記事 画像
タグ検索トップ  >  記事  /  ヴォーカル
関連するタグ: ピリオド 
記事 での「ヴォーカル」の検索結果 445
リスト、キリスト。
音のタイル張り舗道。 ] 16:04 04/19
ノートルダム大聖堂が、まさか、焼け落ちるとは... 音楽史から見つめれば、ゴシック期の音楽の中心であり、まさにノートルダム楽派を生んだ場所。それだけに、当blog的にも、その喪失感..
タグ: リスト 19世紀 ヴォーカル オラトリオ
ストラヴィンスキー、春の祭典。
音のタイル張り舗道。 ] 21:44 04/16
音楽と四季の相性は、良いように思う。ヴィヴァルディの『四季』という傑作もあるし... いや、四季のうつろいは、目で認識されるものだけれど、四季を創り出すのは大気であって、大気を震わ..
タグ: フランス バレエ ドビュッシー ラフマニノフ ロシア ストラヴィンスキー 19世紀 20世紀 ヴォーカル 管弦楽曲
アイブラー、四終。
音のタイル張り舗道。 ] 17:00 04/01
「令和」、と聞いて、まず、びっくりして、呑み込むのに少し時間が掛かった。なぜかというと、「平成」からすると、凄く上品(令夫人とか、令嬢とか、そういうイメージ?)に感じられたから....
タグ: マックス ピリオド 19世紀 ヴォーカル オラトリオ
ザルツブルク、宮廷楽士長、ミヒャエル・ハイドンのナチュラル!
音のタイル張り舗道。 ] 23:00 03/26
桜が咲き出しましたね。けど、また寒くなったりで... 三寒四温、行きつ戻りつなのが、桜の頃らしい。一方、当blogは、四旬節、一直線!世俗音楽を控えております。キリスト教徒でもない..
タグ: コーラス ピリオド 18世紀 ヴォーカル 教会音楽
解放区... 17世紀、ヴェネツィア、オラトリオ、華麗なる進化。
音のタイル張り舗道。 ] 23:00 03/14
クラシックでオラトリオというと、やっぱり、お馴染み『メサイア』(1742)を書いたヘンデルのイメージが強い。が、17世紀半ば、ローマで誕生したオラトリオの歩みをつぶさに辿ると、オラトリオ作家、..
タグ: ピリオド 17世紀 ヴォーカル オラトリオ カルダーラ
苦しみとエクスタシーの17世紀、ローマ、オラトリオの誕生。
音のタイル張り舗道。 ] 01:00 03/08
クラシックという音楽ジャンルは、他の音楽ジャンルに比べると、ひとつのジャンルとは言い難いほど、実に、実にヴァラエティに富んでいる!のだけれど、ちょっと視点を変えてみて、西洋音楽史の..
タグ: ピリオド バロック 17世紀 ヴォーカル オラトリオ カリッシミ
生誕150年、プフィッツナー、過去を想う、『ドイツ精神について』。
音のタイル張り舗道。 ] 23:00 02/24
2月は、すっかりメモリアル月間です。生誕200年のグヴィ(1819-98)、オッフェンバック(1819-80)に続き、生誕150年のプフィッツナー(1869-1949)に注目してお..
タグ: 20世紀 ヴォーカル
生誕200年、グヴィ、母の死、戦争、そして、レクイエム...
音のタイル張り舗道。 ] 01:00 02/09
1871年、普仏戦争の敗北は、フランスを大いに揺さぶった。皇帝が捕虜になるという屈辱に始まり、第二帝政は崩壊、パリはプロイセン軍に包囲され、プロイセン国王がヴェルサイユ宮でドイツ皇..
タグ: フランス レクイエム 19世紀 ヴォーカル 教会音楽
シューベルト、「未完成」を完成させたら...
音のタイル張り舗道。 ] 01:00 01/31
シューベルトの交響曲はいくつある?昔、「グレイト」は、9番だったけれど、いつの頃からか8番に... 現在は、完成された交響曲の8番目が「グレイト」ということになっている。けれど、昔..
タグ: シューベルト ピリオド 交響曲 19世紀 歌曲 ヴォーカル トランスクリプション
2018年、今年の音楽、ベリオ、シンフォニア。
音のタイル張り舗道。 ] 01:00 12/26
クリスマスが過ぎました。後は、お正月に向けて、一直線ですね。さて、今年の漢字、"災"でした。はぁ、そうですか。という感じであります。ちなみに、昨年が"北"。ぶっちゃけ、"北(朝鮮)..
タグ: マーラー 20世紀 ヴォーカル ベリオ
没後250年、ポルポラ、ヴェネツィア、麗しきオスペダーレの魅惑...
音のタイル張り舗道。 ] 01:00 12/02
さぁ、12月ですよ。もうすぐ、2018年が終わってしまう!ということで、2018年にメモリアルを迎える作曲家を駆け込みで追っております。で、没後250年、ヴェラチーニに続いての、同..
タグ: ピリオド 18世紀 ヴォーカル ナポリ楽派 教会音楽 ハッセ ポルポラ
没後50年、ピツェッティとカステルヌウォーヴォ・テデスコ。
音のタイル張り舗道。 ] 23:11 11/14
さて、11月も半ばになろうとしております。で、秋は、深まっているのでしょうか?ここのところ、変に気温の高い日があって、戸惑います。が、それでも、暦の上では、2018年の終わりが見えて参りました..
タグ: アメリカ ピアノ イギリス コーラス 現代 20世紀 ヴォーカル イタリア近代音楽
前のページへ 1 2 3 4 5 37 38 次のページへ