タグ検索    

記事 画像
タグ検索トップ  >  記事  /  ロンドン響
記事 での「ロンドン響」の検索結果 21
ベルリンを離れて、ラトル、ニュートラルな『ペレアスとメリザンド』。
音のタイル張り舗道。 ] 01:00 12/20
うわーっ、12月20日です!2018年が、本当にもう凄く終わってしまう!大掃除が完了していない、年賀状が書き終わっていない、で、他にもやること山積みだよ... という事態になりまし..
タグ: フランス オペラ ドビュッシー ラトル 20世紀 ロンドン響
スペインの19世紀のリアル、『カルメン』の衝撃...
音のタイル張り舗道。 ] 01:00 11/19
建国から一気に世界帝国に上り詰め、ヨーロッパの盟主となったスペインだったが、黄金期は長く続かず、じりじりと凋落。18世紀初頭、ヨーロッパ列強の介入を招いてのスペイン継承戦争(170..
タグ: フランス オペラ ビゼー 19世紀 アバド ロンドン響
スペイン、ラヴェルのもうひとつのルーツを見つめる『スペインの時』。
音のタイル張り舗道。 ] 01:00 11/16
フランスを代表する作曲家、ラヴェルは、スペインにつながるルーツを持つ... ラヴェルの母、マリーは、バスクの旧家の生まれで、ラヴェル自身も、スペイン国境の町、フランス領バスクのシブ..
タグ: フランス オペラ ラヴェル 20世紀 管弦楽曲 プレヴィン ロンドン響
ショスタコーヴィチ、雪融けの頃、病室にて、チェロ・コンチェルト。
音のタイル張り舗道。 ] 01:00 10/02
さて、10月となりました。2017年も、あと3ヶ月です。でもって、もう3ヶ月かァ。と、しみじみしてしまうのが、例年のこと... のはずが、今年は、まだ3ヶ月もあるのかよ。と、思って..
タグ: チェロ ショスタコーヴィチ 20世紀 協奏曲 ソヴィエト ロンドン響 MTT
ゴッド・ブレス... ホワイトハウス・カンタータ!
音のタイル張り舗道。 ] 01:00 07/04
さてさて、政治が一気に盛り上がりました。日本で、というか、東京で... やっぱり、酉年騒ぐんだわ、まったく... それにしても、イギリスしかり、フランスしかり、興味深い事態が続きま..
タグ: アメリカ バーンスタイン 20世紀 ヴォーカル ケント・ナガノ ロンドン響
生誕100年、ヒナステラ、その南米のスケール感、空気感...
音のタイル張り舗道。 ] 01:00 12/09
さて、前回に続いて、2016年のメモリアルな作曲家を掛け込みで取り上げる。で、生誕100年のデュティユーに続いての、もうひとりの生誕100年、ヒナステラ!いや、デュティユーと同い年..
タグ: バレエ 20世紀 ラテン・アメリカ ロンドン響 ヒナステラ
ロマン主義の妖精、ジゼルは、ポップ!で、現代的?
音のタイル張り舗道。 ] 01:00 10/25
「ロマン主義」とは何だろう?そんな今さらながらの問いを立て、19世紀、ロマン主義の時代を巡っている今月... 歌曲からロマン主義を見つめ、ロマン派に最も人気なファウストに注目し、ロ..
タグ: フランス バレエ 19世紀 ロンドン響 MTT
音楽人生、空騒ぎ、ベルリオーズが最後に至った境地のナチュラル!
音のタイル張り舗道。 ] 01:00 09/22
本日、秋分の日。秋が始まります。で、ふと気付くと、秋めいている... この間、すでに紅葉が始まっている木を見つけて、びっくりする。紅葉って、まだ先の話しじゃないの?!まだ夏の..
タグ: フランス オペラ シェイクスピア ベルリオーズ 19世紀 ロンドン響
私たちは苦しみと喜びとのなかを 手に手を携えて歩んできた
音のタイル張り舗道。 ] 01:00 03/11
"私たちは苦しみと喜びとのなかを 手に手を携えて歩んできた" 2011年、あの日から5年が過ぎました。何かレクイエムでも... と思ったのだけれど、もうレクイエムでもないかな..
タグ: リヒャルト・シュトラウス 20世紀 歌曲 ヴォーカル ロンドン響 MTT
「前衛」の対岸にて、ブリテン...
音のタイル張り舗道。 ] 01:00 11/27
ブリテンの音楽というのは、20世紀、革新的な近代音楽、先鋭的な現代音楽に取り囲まれながら、保守的な姿勢を貫いて、独特な境地に至ったわけだけれど、そうしたあたりを、今、改めて見つめ直..
タグ: オペラ イギリス ブリテン 20世紀 ハーディング ボストリッジ ロンドン響
文学を交響曲というフォーマットで読む。ダンテ交響曲...
音のタイル張り舗道。 ] 01:00 12/15
第九の季節に、第九のこどもたちを聴く?そんな展開なのか... 声楽を伴う交響曲を聴いて来ております。それにしても、作曲家それぞれに声楽の扱い方の度合いがあって、興味深い。声を交響楽..
タグ: リスト 交響曲 19世紀 ヴォーカル 交響詩 ロンドン響
『セヴィーリャの理髪師』が、ロッシーニでなかった200年前...
音のタイル張り舗道。 ] 01:00 02/19
さて、四旬節ということで、"受難"についての作品を聴いて来たのだけれど、ここで、一休み... 明日、2月20日は、ロッシーニの代表作、『セヴィーリャの理髪師』が初演されて200周年..
タグ: オペラ ロッシーニ 19世紀 アバド ロンドン響
前のページへ 1 2 次のページへ