タグ検索    

記事 画像
タグ検索トップ  >  記事  /  ブーレーズ
記事 での「ブーレーズ」の検索結果 15
IRCAM、解析がもたらす新たな作曲の形、ブーレーズ...
音のタイル張り舗道。 ] 01:00 10/11
2017年、ノーベル文学賞、カズオ・イシグロ氏の受賞は、日本としてカウントされると聞いて、へぇ~ となる。いや、イギリスの小説家という認識があまりに強かったから、ちょっとびっくり...
タグ: チェロ エレクトロニクス 20世紀 室内楽 ブーレーズ
大恐慌、全体主義、転落して行く1930年代のヒロイン、ルル...
音のタイル張り舗道。 ] 01:00 08/08
オリンピック、始まりました。開会式、選手たちの楽しんでいる姿、様々なユニフォーム、時折、現れる民俗衣装などを追っていると、やっぱり、オリンピックって意義深いなと、感じ入ってしまう。..
タグ: オペラ 20世紀 新ウィーン楽派 ベルク ブーレーズ
ブーレーズ、ブーレーズ、最前衛を走り抜いた人の肖像。
音のタイル張り舗道。 ] 01:00 04/07
ブーレーズが指揮した、シェーンベルク、メシアン、ラヴェルと聴いて来たので、そろそろ、ブーレーズ自身の作品を聴かなくては... で、作曲家、ブーレーズというのが、正直、取っ付き難い!まさに、難解..
タグ: フランス クラリネット エレクトロニクス 20世紀 ヴォーカル 室内楽 管弦楽曲 ブーレーズ アンサンブル・アンテルコンタンポラン
ブーレーズ、ラヴェル、総音列なんて忘れさせるマジック!
音のタイル張り舗道。 ] 01:00 04/04
えーっと、先月後半あたりから、今年、亡くなった、ブーレーズとアーノンクールをフィーチャーしているのだけれど... 改めて、この2人を見つめると、何だか新鮮な思いがして、とても興味深..
タグ: フランス ラヴェル ベルリン・フィル 20世紀 管弦楽曲 ブーレーズ
メシアン、万華鏡。鳥と、黙示録と、降霊の秘儀?
音のタイル張り舗道。 ] 01:00 03/26
現代音楽の旗手、ピエール・ブーレーズ(1925-2016)、ピリオド・アプローチの旗手、ニコラウス・アーノンクール(1929-2016)。今年に入って、立て続けに逝ってしまった2人..
タグ: 20世紀 メシアン 管弦楽曲 ブーレーズ
ベルリンのシェーンベルク、アメリカのシェーンベルク、
音のタイル張り舗道。 ] 01:00 03/17
スターリン独裁下のショスタコーヴィチの苦闘を見つめた前回、20世紀音楽の傑作が、如何に厳しい状況下で生まれたかを思い知らされたのだけれど、ショスタコーヴィチに、その劣悪な環境から脱出する考えは..
タグ: ピアノ 20世紀 協奏曲 ヴォーカル シェーンベルク 新ウィーン楽派 内田光子 ブーレーズ アンサンブル・アンテルコンタンポラン
ピエール・ブーレーズさんのこと
1月5日に作曲家・指揮者のピエール・ブーレーズさんが亡くなった、というニュースに接しました。私は「作曲家」としての仕事について書く資格を持っていないように思います。代表的な作品を聴いていても、あまり具..
タグ: 訃報 ピエール・ブーレーズ ブーレーズ
メシアン、ニッポンをゆく。
音のタイル張り舗道。 ] 01:00 11/21
日本人はフランスが好き。何たって、おフランスざんす。の、一方で、フランス人も日本が好き。みたい... シロガネーゼならぬ、タタミゼ、という人がフランスにはいるらしい。そう、日本に心..
タグ: ピアノ フランス 20世紀 ヴォーカル メシアン 管弦楽曲 ブーレーズ
まるで不条理劇?シェーンベルク、オペラ『モーゼとアロン』。
音のタイル張り舗道。 ] 01:00 05/10
ファラオもファラオだけれど、そんなファラオに対するモーゼの執拗さも、かなりのものでして... もちろん、そこには神の意志があり... いや、神様は時として理不尽?ファラオに対する要..
タグ: オペラ 20世紀 シェーンベルク 新ウィーン楽派 ブーレーズ
ブーレーズがすくい上げる、ブルックナーという宇宙... 8番の交響曲...
音のタイル張り舗道。 ] 01:00 05/12
土曜日、久々に明治神宮にお参りに行く。 といっても、主目的はお賽銭ではなく、杜!緑が繁る季節に、鎮守の森を歩く。で、お社を遠巻きにぐるりと一周(原宿駅からのメインの参道を外れ..
タグ: ブルックナー 交響曲 19世紀 ウィーン・フィル ブーレーズ
総音列音楽。が、ワカラナイ。
音のタイル張り舗道。 ] 01:00 07/01
無調まで来ました。フンメルが遥か遠くに感じられる... もう、こうなったら、突き進むしかない!ということで、ウェーベルンのこどもたちによる、総音列音楽。正直に申しますと、よくわかっており..
タグ: ピアノ フランス 現代 20世紀 ヴォーカル 室内楽 ブーレーズ アンサンブル・アンテルコンタンポラン
チープにも、リッチにも、
音のタイル張り舗道。 ] 01:00 10/19
まず、ジャケットに目が引かれる。ミッド・センチュリーな雰囲気を放つ構図の中に3人の音楽家... 左から、ピエール・ブーレーズ、内田光子、クリスティアン・テツラフ... ヴィンテージ..
タグ: モーツァルト 20世紀 18世紀 新ウィーン楽派 ベルク 内田光子 ブーレーズ テツラフ アンサンブル・アンテルコンタンポラン
前のページへ 1 2 次のページへ