タグ検索    

記事 画像
タグ検索トップ  >  記事  /  フランス文学
記事 での「フランス文学」の検索結果 22
【西条昇のストリップ史研究】慶應大学での講義「永井荷風の観た浅草芸能 ーーストリップ史を中心に」感想リポート③
先月26日に慶應義塾大学文学部総合講座「メディアとしての身体」で行った講義「永井荷風の観た浅草芸能 ~ストリップ史を中心に」の学生たちの感想レスポンスを送って頂いたので、そのうちのいくつかを一部抜粋し..
タグ: 宝塚 演劇 芸能 浅草 慶應義塾大学 フランス文学 宝塚歌劇団 永井荷風 文豪 レヴュー
「ゴロウデラックス」西加奈子&小野正嗣 出演回
ブックバラエティ「ゴロウデラックス」では、半年に一度、芥川賞、直木賞受賞者を呼ぶのが恒例になりつつあるが、2015年2月5日の回は、第152回芥川賞を「九年前の祈り」で受賞した小野正嗣さんと、第152..
タグ: 大阪 イラン 直木賞 エジプト 稲垣吾郎 フランス文学 大分 芥川賞 西加奈子
「惡の華」 1
といっても、ボードレールではない。 その有名な詩集をモティーフとしたアニメ(原作は漫画)である。 「体操着の盗難から始まった奇妙な三角関係は、思わぬ事態に発展する」 原作コミ..
タグ: アニメ DVD フランス文学
寺山修司と澁澤龍彦
寺山氏の代名詞とも言える「書を捨てよ、町へ出よう」とのフレーズが、実はアンドレ・ジッドの『地の糧』に由来していたことを、恥ずかしながら前稿の下調べの最中に初めて知った。 ジッドについては、澁澤龍彦も..
タグ: 澁澤龍彦 フランス文学
館長:庵野秀明 「特撮博物館」 3
《 超人 原点Ⅱ 》 -別稿- 幼少時、テレビの前で小さな胸を躍らせた“銀色の巨人”たちのエリアである。 おそらく展示上の狙いもあろうから、きちんと順路通りに鑑賞せねばという気持ちは山々なれど、あ..
タグ: フランス文学
劇場版 「涼宮ハルヒの消失」
※ 作品の内容に触れる記述があります。予めご了承ください。 フランスの詩人、ジェラール・ド・ネルヴァルは、遺作『オーレリア』の冒頭において、次のように述懐しているが、『涼宮ハルヒの消失』は、およ..
タグ: 映画 フランス文学
「大胯びらき」 J.コクトー (2)
※ 作品の内容に触れる記述があります。予めご了承ください。 さて、主人公ジャックの人となりについては、冒頭からたっぷりと紙幅を割いた記述があるので、ここに興味深いその一面を紹介しよう。 「..
タグ: 澁澤龍彦 フランス文学
「眼球譚 〔初稿〕」 G・バタイユ 1
※ 作品の内容に触れる記述があります。予めご了承ください。 初めて紹介するのが本書であることについて、いささかの躊躇がないわけではないが、直近に読んだのが本書なのだから仕方ない。 ..
タグ: 澁澤龍彦 フランス文学
「眼球譚 〔初稿〕」 G・バタイユ 2
※ 作品の内容に触れる記述があります。予めご了承ください。 物語には、タイトルにもある「眼球」のほかに、「玉子」と「牛の睾丸」といったアイテムが、象徴的に登場する。 このうち「眼球」と「玉子」..
タグ: 澁澤龍彦 フランス文学
「大胯びらき」 J.コクトー (1)
※ 作品の内容に触れる記述があります。予めご了承ください。 初めて世に出た澁澤龍彦の作品は、翻訳本であった。 原典はもちろんフランス文学、ジャン・コクトーの『大胯びらき』がそれである。 時に..
タグ: 澁澤龍彦 フランス文学
「三銃士」ってエンタメ文学の王様かも
ふらふら読書日記 ] 20:11 10/13
ダルタニャン物語〈第1巻〉友を選ばば三銃士作者: A. デュマ出版社/メーカー: ブッキング発売日: 2001/04メディア: 単行本 ダルタニャン物語〈第2巻〉妖婦ミレディーの秘密作者..
タグ: フランス文学 三銃士 海外文学 デュマ
辻邦生とゴンクール賞と天皇
ふらふら読書日記 ] 22:58 01/26
全米選手権で復帰したサーシャ・コーエンを見ましたが、 すっかり体が絞れていてびっくり。 オリンピック代表は逃したようですが、さすがきれのある演技でした。ブラボー。 しかし、同時に胸も見事に平らに..
タグ: 歴史 フランス文学 海外文学 悲しみを聴く石 アティーク・ラヒーミー 辻邦生 背教者ユリアヌス 遠山美都男 天皇誕生
前のページへ 1 2 次のページへ