タグ検索    

記事 画像
タグ検索トップ  >  記事  /  シュペーア
記事 での「シュペーア」の検索結果 46
16世紀~17世紀、イタリアの修道院におけるクリスマス/キャンダス・スミス
musica da camera ] 01:30 09/23
フランチェスコ・ロニョーニ(Francesco Rognoni, ? - 1626以前) アゴスティーノ・ソデリーニ(Agostino Soderini, fl.1599 - 1608) ローザ・..
タグ: ギター 合唱 ヴァイオリン ルネサンス音楽 バロック音楽 17世紀 チェンバロ オルガン ハープ レイナ
シュペーア : 戦争物語~音楽によるトルコ風オイレンシュピーゲル譚/グナール・レツボール
musica da camera ] 01:39 05/15
ゲオルク・ダニエル・シュペーア(Georg Daniel Speer, 1636 - 1707) 戦争物語~音楽によるトルコ風オイレンシュピーゲル譚 アルス・アンティクァ・オーストリア..
タグ: トランペット ギター トロンボーン ヴァイオリン ヴィオラ バロック音楽 17世紀 チェンバロ オルガン ジーグ
ナチスと精神分析官
独破戦線 ] 20:07 06/18
ど~も。ヴィトゲンシュタインです。 ジャック・エル=ハイ著の「ナチスと精神分析官」を読破しました。 今年の3月に出た340ページの本書の煽り文句はこんな感じです。 「ナチスの心は本当に病..
タグ: シュトライヒャー パーペン デーニッツ ゲーリング シュペーア リッベントロップ カイテル ヨードル カルテンブルンナー ニュルンベルク裁判
炎と闇の帝国 ゲッベルスとその妻マクダ
独破戦線 ] 11:41 06/01
ど~も。ヴィトゲンシュタインです。 前川 道介 著の「炎と闇の帝国」を読破しました。 小復活と同時にTwitterを始めまして、「第三帝国~今日は何の日~」というのを フォローしているん..
タグ: SA シュトライヒャー ヒムラー レーベンスボルン ゲッベルス シュペーア シーラッハ リッベントロップ ハイドリヒ ゼップ・ディートリッヒ
帰ってきたヒトラー (上)
独破戦線 ] 07:20 02/14
ど~も。ヴィトゲンシュタインです。 ティムール・ヴェルメシュ著の「帰ってきたヒトラー (上)」を読破しました。 去年から海外でも話題になっていた本書を読むのを楽しみにしていましたが、 1..
タグ: デーニッツ ゲーリング シュペーア ボルマン パウルス フォン・ブラウン バルバロッサ作戦 フェリックス・シュタイナー ヒトラー・ユーゲント ケンプカ
ヒトラーに抱きあげられて -あるドイツ人少女の回想記-
独破戦線 ] 08:31 12/21
ど~も。ヴィトゲンシュタインです。 イルムガルド・A. ハント著の「ヒトラーに抱きあげられて」を読破しました。 このBlogでも何度かヒトラーが幼い少女と一緒に写っている写真を載せています..
タグ: ヒトラー暗殺 ゲーリング ゲッベルス シュペーア ボルマン ケッセルリンク シュムント ザウケル アンシュルス エミー・ゲーリング
大西洋防壁 -ノルマンディ要塞の真実-
独破戦線 ] 07:11 12/11
ど~も。ヴィトゲンシュタインです。 広田 厚司 著の「大西洋防壁」を読破しました。 今年の7月に出た322ページの本書は、珍しいテーマだと思いつつも、 過去に読んだ著者の本の記述にムラが..
タグ: ノルマンディ ビスマルク 列車砲ドーラ ルントシュテット パンター グナイゼナウ ロンメル シュペーア ザイトリッツ ツァイツラー
ニュールンベルク裁判 -暴虐ナチへ“墓場からの告発”-
独破戦線 ] 09:00 11/09
ど~も。ヴィトゲンシュタインです。 レオ・カーン著の「ニュールンベルク裁判」を読破しました。 過去に紹介した「ニュルンベルク・インタビュー」と、「ニュルンベルク軍事裁判」に続く、 3回..
タグ: 強制収容所 シュトライヒャー デーニッツ ゲーリング レーダー元帥 シュペーア ボルマン アウシュヴィッツ ゲシュタポ リディツェ村
ヤークトパンター戦車隊戦闘記録集 -第654重戦車駆逐大隊-
独破戦線 ] 08:00 10/27
ど~も。ヴィトゲンシュタインです。 カールハインツ・ミュンヒ著の「ヤークトパンター戦車隊戦闘記録集」を読破しました。 2010年に登場した大判の627ページ、8925円の本書。 ようやく..
タグ: エレファント デッカー ノルマンディ フェルディナンド パンター マントイフェル クルスク グデーリアン シュペーア バイエルライン
HHhH -プラハ、1942年-
独破戦線 ] 07:58 09/09
ど~も。ヴィトゲンシュタインです。 ローラン・ビネ著の「HHhH」を読破しました。 今年の6月に出た393ページの本書をご存知でしょうか? 「HHhH」ってなんのこっちゃ・・、というか、..
タグ: sd ケネス・ブラナー ヒムラー カナリス マンシュタイン ゲーリング ゲッベルス シュペーア ハイドリヒ ナウヨックス
対比列伝 ヒトラーとスターリン〈第2巻〉
独破戦線 ] 08:33 07/13
ど~も。ヴィトゲンシュタインです。 アラン・ブロック著の「対比列伝 ヒトラーとスターリン〈第2巻〉 」を読破しました。 〈第1巻〉 はヒトラーとスターリンのそれぞれ1934年まで。 ヒト..
タグ: SS フィンランド スペイン内戦 フランコ スターリン ヒムラー カナリス トロツキー ゲーリング ゲッベルス
パリとヒトラーと私 -ナチスの彫刻家の回想-
独破戦線 ] 08:34 05/19
ど~も。ヴィトゲンシュタインです。 アルノ・ブレーカー著の「パリとヒトラーと私」を読破しました。 2011年に発刊された347ページの本書は、この数年、ヒトラーとなんとか・・や、 ナチス..
タグ: ピカソ ワーグナー エンゲル グデーリアン ゲーリング ゲッベルス シュペーア ボルマン カイテル ヨードル
前のページへ 1 2 3 4 次のページへ