タグ検索    

記事 画像
タグ検索トップ  >  記事  /  コロー
記事 での「コロー」の検索結果 15
美術館へ ールーブル美術館展 国立新美術館 (6/16- 京都市美術館)
UD 徒然草 ] 08:58 06/05
東京都港区六本木にある国立新美術館にルーブル美術館展を観に行ってまいりました。 http://www.ntv.co.jp/louvre2015/東京は6/1までだったので前の週の木曜、平日少しは空いて..
タグ: 美術館 国立新美術館 フェルメール 六本木 乃木坂 コロー ルーブル美術館展 京都市美術館
あの学者さんに会いに国立新美術館へ ^^
オリーブと戯れる ] 19:43 03/01
ルーヴル美術館展を観に国立新美術館に出かけてきました。^^ 休日出勤の代休をもらえたので、平日の朝から行くことができました。 小雨混じりでしたが、美術館で絵を楽しむにはもってこい?の日。 フ..
タグ: 東京ミッドタウン フェルメール 天文学者 コロー フラゴナール ルーヴル美術館展 鈴波 鈴波定食 コローのアトリエ 「嵐」、または「ぬかるみにはまった荷車」
No.97 - ミレー最後の絵(続・フィラデルフィア美術館)
クラバートの樹 ] 20:13 10/11
前回の No.96「フィラデルフィア美術館」の続きです。この美術館について、もう一回書くことにします。 Philadelphia Museum of Art ..
タグ: マネ ゴッホ ヒッチコック カサット ミレー 東海道五十三次 ダリ オルセー美術館 コロー 大原美術館
ブリヂストン美術館
Significant Other ] 15:49 06/20
ブリヂストン美術館はとても好きだ。 カミーユ・コローの、とても素敵な絵がある。 もう~十年前?になるが、大学の教授がとても好きだと言っていた美術館。 大学のレポートの題材にも使った。 ..
タグ: ブリヂストン美術館 コロー
語りかける風景
何年ぶりになるかなぁ。久しぶりに絵を見に行ってきました。
タグ: ブリオン Bunkamura シスレー コロー マルタン ストラスブール美術館 語りかける風景
ストラスブール美術館展
旅とスケッチ ] 22:57 05/20
私の好きな画家、シスレーやコローの絵が5月18日から7月11日まで、Bunkamuraザ・ミュージアムで開催される美術展(語りかける風景)で展示される アルザス地方ストラスブールにある美術館所蔵..
タグ: シスレー コロー ストラスブール
梢を見上げて 昭和記念公園2月21日
Colorful Days ] 20:47 02/24
自称「梢&巨木ウォッチャー」のpaletteです。 また、梢の写真をご覧いただきますね。 今回は、だいぶ御天気が回復して、青空も見えていた2月21日です。 上の2枚は、ちょっ..
タグ: 昭和記念公園 コロー 梢・巨木
似てる…?前世の私(笑)
Daisy's Happiness ] 13:44 09/02
先週終わってしまった「コロー展」結局、行けず終いでした#59123;(いつものことながら…) なぜ、コロー展の話になったかというと…ある日の会話↓職場の方:「あのさぁ、すっごいキクちゃんに..
タグ: モナリザ 前世 コロー
コロー展 『コロー 光と追憶の変奏曲』  「真珠の女」をみて
先日、上野にコロー展(「コロー 光と追憶の変奏曲」)とフェルメール展に行きました。 久々の美術展覧会でしたので一日に2つみました。フェルメール展が先でしたので、コロー展(国立西洋美術館)の時は少し疲..
タグ: 美術展 真珠 コロー
夏休み
Cozy time ] 23:44 08/10
          すっかり夏休みモードになりました。 今週は1日たりとも仕事には行きません♪                  夏のお出かけは先週の東京行きのみ。                  ..
タグ: 美術 ミュージカル フェルメール ミス・サイゴン 大雨 市村正親 コロー
コロー展の招待券が当たりましたー!
国立西洋美術館で開催されているカミーユ・コロー展の招待券があたりました♪ v(≧∇≦)v イェェ~イ♪ チケットデザインは、ルーヴル美術館所蔵の《モルトフォンテーヌの思い出》。 ..
タグ: アート 展覧会 上野 国立西洋美術館 風景画 コロー 当選報告 ジャン=バティスト=カミーユ・コロー 銀灰色 ぼやぼや
新日曜美術館
つれづれなるままに ] 08:31 07/06
「死亡推定時間」を一気に読んだ。面白かった。だけど少しくどい。ネットで作者を検索してみると、略歴がはっきりしない。現役の法律家とあるだけだ。寡作だから本業は作家ではないだろう。これはbookoffで1..
タグ: コロー 「死亡推定時刻」 朔立木 毎日の書評欄 吾妻鏡 「日本人はどこまで減るか」
前のページへ 1 2 次のページへ