タグ検索    

記事 画像
タグ検索トップ  >  記事  /  カント
記事 での「カント」の検索結果 33
精神分析療法に革命を起こしたゲシュタルト療法
心の深淵 ] 13:47 10/24
18世紀にカントが「私達の知識が精神と感覚の制約に縛られている以上、私達には決して自分達の『外部』に何があるのか知り得ない」と、1920年代にユングが「人々に必要なのは内的自己とコンタクトを取る事」と..
タグ: ユング 外部 カント ゲシュタルト療法 フィリッツ・パールズ カール・ロジャース 人間中心のアプローチ 責任を引受ける事 力を認める事 運命の否認
米国心理学の父ウィリアムジェイムズ
心の深淵 ] 22:19 09/26
心の問題は幸福論としてギリシャでよく出て来たが、意識という概念はデカルトを待たねばならなかった。 西欧で意識を本格的に扱ったのは医師で哲学者のジョン・ロックが「思考の領域」という概念で意識を扱っ..
タグ: 意識 事実 真理 デカルト カント プラグマティズム ウィリアムジェイムズ ジョン・ロック 米国心理学の父 思考の領域
すももの満面の笑み!?
すももの風景+ ] 09:10 03/23
 3月23日(金)曇り、低くまだら色の雲はロンドンの空みたいだ。雲の隙間から時折日差しが出ている。空気は心地良い。予想最高気温15°・・・昨日は予報が外れたので、油断は禁物だ! すももの満面の笑..
タグ: 消化 カント 満面の笑み 柳家金語楼 胃散
続続 sein はリアルな述語ではない
ハイデガーはカントが「ものの概念〔Begriff eines Dinges〕について語り、「リアルなもの〔eines Realen〕」を括弧に括っている」と云っていた。その云い換えが現われる文脈は次の..
タグ: ハイデガー カント
続 sein はリアルな述語ではない
ずいぶん間があいてしまった。が、あいかわらず、これといって書きたいこともない。で、ここは「sein はリアルな述語ではない」の補足をしてお茶を濁すことにしたい。 ハイデガーはカントの「reales ..
タグ: ハイデガー カント 木田元 Sein
sein はリアルな述語ではない
気が付いてみれば、もう半年も更新していなかった。が、これといって書きたいこともない。で、ここは、嘗て翻訳してみようとして中途で放り出してしまった「神の存在のオントロジカルな証明の不可能性について〔Vo..
タグ: カント 木田元 Sein
番外駄目押し sein はリアルな述語ではない
YouTube でジル・ドゥルーズの1980年頃の講義を聴いていたら、ノミナル・デフィニション(définition nominale)とリアル・デフィニション(définition réelle)と..
タグ: ハイデガー カント 木田元 Sein
カント『純粋理性批判』まとめ
Intellectual curiosity ] 21:45 03/19
 カントの『純粋理性批判』のまとめです。  21世紀の現代においても、相変わらず深い命題ですね。  繰り返し、自分の中に、改めてインプットし直したくなるテーマです。 ------  『純粋理性..
タグ: 哲学 理念 カント 純粋理性批判
老にして聾、聾なれど朗。
 老にして聾、聾なれど朗。  夕暮れにはまだいくらか間がある。淡い青色が空いっぱいにひろがっている。  週日のこの時間、荒川左岸の堤防上につくられた、自転車と歩行者専用の「健康の道」にはほ..
タグ: 突発性難聴 カント 急性感音難聴 耳閉感 高気圧酸素療法 認定補聴器技能者 重度感音難聴 ポケット型補聴器 長寿健診 生活機能
耳と寿命は無関係
なんやらかんやら日録 ] 09:12 02/24
健康常識ウソ・ホント(19)  耳と寿命は無関係 私事だが、私は10年前にほとんど全聾同然の重度難聴になった。 「ミンツン(聾を意味する屋久島方言。ミン=耳)になったよ」といった..
タグ: 視力 抗酸化物質 カント 聴力 感音難聴 老人性難聴 有毛細胞 伝音難聴 ミンツン 耳と寿命
公開霊言 カントなら現代の難問にどんな答えをだすのか?
公開霊言 カントなら現代の難問にどんな答えをだすのか?作者: 大川 隆法出版社/メーカー: 幸福の科学出版発売日: 2016/02/26メディア: 単行本 鋭く、深く、わかりやすい! ..
タグ: カント 霊言
カントをちゃんと入れとかんと
極楽スノーボード ] 22:55 01/28
冒頭から申し訳ありません。ただのオヤジギャグです。 ご存知の通りスノーボードは平面上の板の上に、多少の個人差はあるものの肩幅程度のスタンス幅でバインを取り付け、そのバインのストラップでブーツ締め..
タグ: スノーボード カービング カント
前のページへ 1 2 3 次のページへ