タグ検索    

記事 画像
タグ検索トップ  >  記事  /  アーノンクール
記事 での「アーノンクール」の検索結果 19
アメリカ発、ヴェリズモ・オペラ、『ポーギーとベス』の本気...
音のタイル張り舗道。 ] 01:00 08/24
8月に入ってからというもの、どういうわけか夏らしさは遠ざかり、まるで梅雨空が戻って来てしまったような、そんなもどかしい日々が続いておりました。が、夏らしさが戻って来た!やっぱり、日..
タグ: アメリカ オペラ 20世紀 ガーシュウィン アーノンクール
束の間の平和、踏み出される一歩、19世紀のハイドン。
音のタイル張り舗道。 ] 01:00 05/05
ポスト・モーツァルトの時代を、ベートーヴェンのピアノ協奏曲を軸に俯瞰してみよう... ということで、前回、1795年に完成した、ベートーヴェンの1番の2番のピアノ協奏曲を聴いたのだけれど、そん..
タグ: シューベルト ピリオド 19世紀 18世紀 ハイドン アーノンクール 教会音楽
エステルハーザ、輝かしき時代を彩った、ハイドンのオペラ。
音のタイル張り舗道。 ] 01:00 04/05
作曲家たち、台本作家、豊かな才能を抱える一方で、熾烈な競争を招いた1780年代のウィーンのオペラ・シーン。そういう熾烈さから距離を置いたのが、"交響曲の父"、ハイドン。オペラを作曲しなかったか..
タグ: オペラ ピリオド 18世紀 ハイドン アーノンクール バルトリ
1772年、修羅場を潜り抜けて、16歳、モーツァルト。
音のタイル張り舗道。 ] 01:00 03/15
春だし、春めく音楽を聴きたいかな... ならば3月はモーツァルトで行こう!ということで、モーツァルトとその周辺を聴き始めて半月、改めてモーツァルトの時代のおもしろさにはまる。一方で..
タグ: オペラ ピリオド モーツァルト 18世紀 アーノンクール
23番から25番へ... モーツァルト、19世紀の扉を開けるコンチェルト...
音のタイル張り舗道。 ] 01:00 03/06
アマデウス、神に愛されし者... なればこその天才性を、遺憾なく発揮し、誰もが知る名曲を次々に生み出した、わずか35年という短い人生は、もはや伝説である。というのが、モーツァルトの..
タグ: ピアノ ピリオド モーツァルト 18世紀 協奏曲 アーノンクール
ブルックナーらしさの歩みを振り返る9番、円熟が生む感動。
音のタイル張り舗道。 ] 01:00 10/10
ブルックナーの交響曲は9番まであるわけだけれど、全9曲かというと、そうではないのがおもしろいところ。で、特におもしろいのが、「0番」の存在!習作(1863)、1番(1866)を経て..
タグ: ブルックナー 交響曲 19世紀 ウィーン・フィル アーノンクール
アーノンクール、アイーダ、オリジナル主義的に、
音のタイル張り舗道。 ] 01:00 04/13
前回、久々にブルックナーの3番の交響曲を聴いて、中てられた。いや、何と粗暴な交響楽なんだろう... けど、これがまた唯美主義的な性格も孕んでいて、一筋縄では行かない。しかし、粗暴で..
タグ: オペラ ヴェルディ 19世紀 ウィーン・フィル アーノンクール
アーノンクール、ブルックナー、表現主義的に、
音のタイル張り舗道。 ] 01:00 04/10
今、改めて、ブーレーズとアーノンクールを振り返る... で、振り返ってみて、そのレパートリーの重なる部分の少なさに、ちょっと驚いてみる。現代音楽の巨匠、ブーレーズは、当然ながら現代..
タグ: ブルックナー 交響曲 19世紀 アーノンクール
2001年、ニューイヤー・コンサート!新たな世紀への希望のワルツ。
音のタイル張り舗道。 ] 01:00 04/01
明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。 1564年、フランス国王、シャルル9世(在位 : 1560-74)は、新しい年の始まりを、3月25日か..
タグ: 19世紀 管弦楽曲 ウィーン・フィル アーノンクール シュトラウス・ファミリー
モーツァルトの青春、古典主義の陽春、交響曲の新緑。
音のタイル張り舗道。 ] 01:00 03/29
アーノンクールのマタイ受難曲を聴いて、ブーレーズのメシアンを聴いて、2人のマエストロをしのんでの、ちょっと取って付けたようだけれど、ブーレーズ、アーノンクールを、今、一度、聴いてみ..
タグ: ピリオド モーツァルト 交響曲 18世紀 アーノンクール
バッハの春の訪れの喜び!マタイ受難曲...
音のタイル張り舗道。 ] 01:00 03/23
春分は過ぎ、桜も開花、春、本番を迎える準備は整ったか... という中で、四旬節が佳境を迎えようとしています。明日、3月24日は、聖木曜日(最後の晩餐にあたる日)。そして、明後日が、..
タグ: バッハ ピリオド 18世紀 ヴォーカル アーノンクール 教会音楽
帝国の落日と多民族の夢、ジプシー男爵。
音のタイル張り舗道。 ] 01:00 10/25
ブルックナーの後では、ちょっとスウィートなサウンドが欲しくなる?ということで、ハンガリーを舞台としたオペレッタ、ヨハン・シュトラウス2世の『ジプシー男爵』を聴いて、再び"東"を見つ..
タグ: オペラ 19世紀 アーノンクール シュトラウス・ファミリー
前のページへ 1 2 次のページへ