タグ検索    

記事 画像
タグ検索トップ  >  記事  /  きびきび
記事 での「きびきび」の検索結果 39
あなたのとりこ 70
はなし汎武ん ] 09:00 11/22
 夕美さんはまた一口ワインを飲むのでありました。「さっき食事していた時に頑ちゃんから、あたしの考古学に対する興味が少し薄れたんじゃないかって云われて、何かこのところずっと感じていた憂鬱の原因をはっきり..
タグ: 整理整頓 池袋 考古学 倉庫 好都合 たじろぐ 了見 きびきび
お前の番だ! 593
はなし汎武ん ] 09:00 05/22
 万太郎のこのような試合を下座に居並ぶ門弟達の一番隅で、まだ高校生程の歳と思しき一人が、食い入るように見つめているのが万太郎の目の端に映るのでありました。その少年は万太郎の最後の対戦者として、角鼻先生..
タグ: 高校生 名前 少年 道場 お辞儀 内弟子 門下生 剣術 きびきび あしらう
お前の番だ! 264
はなし汎武ん ] 09:00 06/30
「食堂と居間の襖を取り払って卓を並べれば、それくらいの人数は座れるだろう。道場の休みの日と云うのに折角来てくれたのだから、一同打ち揃って昼食としよう」 「押忍。ではそのように支度いたします」  万..
タグ: 病院 日本酒 道場 徳利 お辞儀 内弟子 門下生 きびきび
お前の番だ! 179
はなし汎武ん ] 09:00 01/08
「でもあたしがそう云うからって、その話をまたここで蒸し返すのは嫌よ」 「はい。そう云う事は僕ごときがあれこれ考える事でもありませんから」  そう云いながら万太郎はふと、そうなると総本部道場の将来は..
タグ: あれこれ 道場 関係者 苛々 無表情 お辞儀 内弟子 了見 きびきび 総士
お前の番だ! 162
はなし汎武ん ] 09:00 12/04
「今の折野君のような綺麗な受けは難しかろうから、先ず取りかかりは足払いを緩くして、ゆっくり引き倒す程度にしながらの稽古じゃな」  興堂範士はそう云ってから何度かテンポを落とした動きでこの、奥襟落とし..
タグ: 道場 げんなり お辞儀 意欲的 内弟子 門下生 きびきび 瞑目 組形 総士
お前の番だ! 160
はなし汎武ん ] 09:00 11/30
 下座隅に万太郎と並んで座っていたあゆみが、興堂範士に向かって整斉とした座礼をするのでありました。いきなり指名されてたじろいでいるようでは総本部教士の名折れだと云う気概が、その容に現れているようであり..
タグ: 道場 典型的 見所 意欲的 内弟子 門下生 たじろぐ きびきび 組形 総士
お前の番だ! 151
はなし汎武ん ] 09:00 11/11
「次、横面打ちこみ三十本、各個に始め!」  再び万太郎の大音声の指示で門下生全員が、頭上にふり被った右手刀を矢張り継足に一歩踏み出して、前に居ると仮想した相手の蟀谷目がけて袈裟がけにふり下ろすのであ..
タグ: 道場 当身 内弟子 体術 門下生 了見 きびきび あしらう 組形 総士
お前の番だ! 150
はなし汎武ん ] 09:00 11/09
 来間はきびきびとした動作で万太郎にお辞儀をして傍から去るのでありました。専門稽古生になった途端、来間の挙措が素早く活き々々としたしたものになるのでありましたが、これは稽古に対する一層の彼の意気ごみを..
タグ: 道場 見所 お辞儀 内弟子 体術 門下生 剣術 きびきび 総士 居竦む
お前の番だ! 120
はなし汎武ん ] 09:00 09/09
 一間の間合いで良平と対峙した興堂範士は、脚こそ前後に左撞木立ちして構えの歩幅を取るのでありましたが、両手は横にダラリと下げて良平の突きの構えに対して正面を如何にも無造作に晒しているのでありました。し..
タグ: 戯れ言 道場 見所 愛想 内弟子 体術 門下生 剣術 きびきび 総士
お前の番だ! 119
はなし汎武ん ] 09:00 09/07
 興堂範士はまたもや顔面に伸びてきた良平の拳を体を右開きに躱しつつ、自分の左拳を接近してきた良平の脇腹に小さく突き刺すのでありました。良平の体線がその不意打ちのような当身に依って少し崩れるのでありまし..
タグ: 道場 不謹慎 当身 愛嬌 内弟子 体術 門下生 剣術 きびきび 組形
お前の番だ! 76
はなし汎武ん ] 09:00 06/12
 是路総士はこれも前と同じに四方から、ゆっくりした動きと早い動きで下座の門下生に形を示して見せるのでありました。 「さて、今度はこれをやりましょう」  是路総士がそう促すと下座の門下生達はきびきび..
タグ: 学校 一人暮らし 道場 げんなり お辞儀 内弟子 門下生 きびきび 組形 総士
お前の番だ! 61
はなし汎武ん ] 09:00 05/13
 廊下から師範控えの間に近づいて来る足音が聞こえるのでありました。次第に大きくなるその床を踏む音は如何にも堂々とした足取りを想像させるもので、これは一般稽古を終えた鳥枝範士が道場から控えの間に戻って来..
タグ: あれこれ 迂闊 道場 横着 お辞儀 内弟子 手際 きびきび 総士
前のページへ 1 2 3 4 次のページへ