So-net無料ブログ作成
検索選択
前の1件 | -

タリン(バルト三国) [エストニア]

Tallin
バルト海南東岸にあるエストニア・ラトビア・リトアニアを総称してバルト三国。
1991年にソ連から独立したという歴史背景より、街にはソ連時代の建造物も見受けます。バルト三国へは、エストニアのタリンから南に移動し三国を巡りました。

世界遺産に登録されている中世の町並みが可愛い、タリン旧市街。旧市街に入ると、いきなり可愛いおじさん像を見つけました。煙突の掃除夫だそうです。
1.png

車止めもかわいい[目]
2.png

細長い塔が目印の旧市庁舎とラエコヤ広場。この広場を拠点に旧市街を散策します。
3.png

旧市街で一番見応えのある通り、聖カタリナ通り。
4.png

建物がカラフルでカワイイ街並み。
5.png

昔使われていたと思われる井戸みたいなものがありました。
6.png

旧市街の山の手にあるトーンペア地区へ上がる道。
7.png

旧市街のため車が通れる通りも狭め。
8.png

デンマーク国旗が生まれた伝説の地、デンマーク王の庭園。
9.png

その上の城壁はカフェになっていました。
10.png

アレクサンドル・ネフスキー大聖堂。1900年に建造されたロシア正教の教会。ロシアのツァーリの権力を示すために建てられたと言われているそうです。
11.png

旧市街は赤い屋根が並んで可愛いかったです。
12.png

城壁へ登れるとのことで、入り口へ向かいます。
13.png

この先にある14世紀に建てられたヘルマン塔を上ります。
14.png

城壁は200メートルほど。幅も広く分厚い壁でした。
15.png

遠くには旧市街で一番高いオラフの塔も見えます。
16.png

オラフの塔へ向かいました。
17.png

世界一高いと言われていた聖オラフ教会にあるオラフの塔。以前は159mもあり、落雷などを受けて現在は124mだそうです。
18.png

聖オラフ教会はゴシック建築。
19.png

塔へ上る階段は趣があります。
    20.png

塔の上は狭い足場でした。
    21.png

旧市街の一番高い場所にあるので、見晴らしは最高です。
22.png

旧市街の端にある、ふとっちょマルガレータの塔。起源は謎だそうです[わーい(嬉しい顔)]
23.png

塔を抜けて旧市街へ。
24.png

エストニア海洋博物館の入り口。
25.png

散策しているだけでも、楽しい旧市街。
26.png

かわいいレストランの看板。
27.png

石畳とカーブが多かったです。
28.png

ピック通りは見応えのある建物が連なっています。
29.png

のぞき見トム。名前の通り、本当に向かいの女性を覗いていた人物像だそうです^^;
30.png

オペラ座の駐車場はユニークでした。
31.png

タリンを散策した後はラトビアのリガへ。バルト三国での主要な乗り物はバスでした。
32.png

乗ったバスは、前方が2等、後方がゆったり席の1等。
33.png

食事
中世を意識したレストランでの食事。
ボリューム満点のサラダ。
34.png

魚料理を頼みましたが、ほとんど野菜がなかったのでサラダを頼んでいてよかったです。
35.png

旧市街は、かわいいカフェも点在していました。ケーキは見た目とは違い甘すぎずで食べやすかったです。フォークが刺さって出てきました。
36.png

ティーカップが積み重なったデコレーションや、
37.png

ティーカップの観覧車[ぴかぴか(新しい)]があるカフェも。
38.png

全体的に[揺れるハート]カワイイ[揺れるハート]という印象だったタリンの旧市街。また気軽に散策しに行きたいです。

次は、ラトビアのリガです。

旅の参考文献

nice!(24)  コメント(5) 
共通テーマ:旅行
前の1件 | -
メッセージを送る