So-net無料ブログ作成
検索選択
前の1件 | -

グダンスク 旧市街散歩(ポーランド) [ポーランド]

Gdansk
ハンザ同盟で繁栄したポーランド最大の湾岸都市、グダンスク。
クラクフと同様、文化、歴史、観光の拠点とのことで訪れるのを楽しみにしていました。

グダンスク本駅から旧市街へ向かう道中、チラホラと旧市街っぽい建物がありました。
1.jpg

大きな三角屋根が特徴の大製粉所跡。脇には小川や水車がありました。
2.jpg

大きな塔が目立つカタルツィナ教会。
3.jpg

煉瓦造りの建物が多かった通り。
4.jpg

右にある大きな建物は屋内市場。
6.jpg

中は吹き抜けで地下もある開放的な作りでした。
5.jpg

大武器庫
旧市街に入って始めにみた綺麗な建物。ルネッサンス様式の屋根をみんなが真似したそう。
7.jpg

旧市街の目抜き通りのドゥーギ通り。両脇にはルネッサンス様式の有力商人の豪邸が建ち並んでいます。
8.jpg

ドゥーギ広場。中世貴族たちの住まいが360℃見渡せ、見応えがありました。
11.jpg

1633年に完成したネプチューンの噴水。海上交通で栄えた町だけあって海神がシンボル。
9.jpg

奥に見えるのは1568年に造られた緑色ではないけど緑の門。ポーランド王国時代、王の宿泊所としても利用されていたそうです。
10.jpg

ドゥーギ広場は、一つ一つの建物に絵が描かれていて見応えがありました。
12.jpg

緑の門を抜けるとモトワヴァ運河に出ました。
13.jpg

モトワヴァ運河は19世紀まで多くの船が行き交っていたそうです。
14.jpg

マリアツカ通り
別名琥珀通り。バルト海の琥珀は4000~6000年かけて樹液が変化したものだそうで、グダンスクにも多くのショップがありました。
15.jpg

夜の旧市街[クリスマス]
クリスマスマーケットへ行くついでに夜の旧市街も散策しました。16.jpg

奥に見える建物は1614年完成の黄金の門。ここから緑の門までが王の道。ポーランド王が街を訪問する際に通ったことから名づけられたそうです。
17.jpg

黄金の門をくぐると囚人塔。
      18.jpg

そこにクリスマスマーケットがありました。
19.jpg

可愛い建物の前にキラキラと光るオブジェ。
20.jpg

チーズの屋台。もちろん焼きチーズもありました[るんるん]
21.jpg

ドゥーギ広場へ向かいました。22.jpg

美味しそうなパン屋。
      23.jpg

昼間見たツリーがキラキラと光って綺麗でした。24.jpg

ライトアップされた市庁舎とネプチューンの噴水。
      25.jpg

イルミネーション好きには夜景の方が良いと思った旧市街[ぴかぴか(新しい)]
26.jpg

琥珀通りも綺麗なイルミネーションでした。
27.jpg

一つ通りに入ると、人影も音も無い通りに。
28.jpg

食事
体を温めてくれるジュレック。
30.jpg

焼きが入ったピエロギ。サワークリームに付けて食べました。
31.jpg

店員さんお勧めのデザート。名前は忘れましたがメレンゲの中にクリームが入ってました。
32.jpg

旧市街を楽しみに訪れたグダンスク。期待通り、素敵な建物見物が堪能できました。

次は、マルボク城散策です。

旅の参考文献

nice!(27)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行
前の1件 | -
メッセージを送る