So-net無料ブログ作成
検索選択

パチンコ台の価格…なんともおぞましい話 [パチンコメーカーの話]

連日の書き込みになりますが、皆様パチンコライフをいかがお過ごしですか?

さて、私ども店舗営業サイドにいる側の人間は日常的な知識になるのですが、コアなプレイ
ヤーでも知らない人が多いと思われる「遊技台の価格」について考察していきたいと思います。

約15年前、私がこの業界に足を踏み込んだ時代、新台価格はおおよそパチンコ台で
15~20万円、スロット台は30万円前後という価格が普通でした。(スロットはもう少し安かっ
たかな??)当時の税制において「20万円を超えるものは固定資産になる」という観念が強く
会った為、パチンコ台は「上限20万円」というラインが明確に打ち出されていました。(税制に
合わせて価格が決まるというのはホントは不思議のですが…)
当時はスロットは一度設置したら1~2年は普通に設置していた時代で、あくまでもパチンコの
添え物的要素が強かった時代でした。市場の設置台数は少なく(今の半分から3分の1程度の
設置台数だったと思います。)当然一機種あたりの販売機種数も少なく、スロットメーカーはそ
の販売サイクルに沿った価格帯にせざるを得なく、液晶も何もついていない、製造原価いいと
こ数万円のものが驚きの価格に化け、しかもそれが不通に許されてしまうという、なんともいい
加減な時代でした。(いい加減さは今も変わっていませんが。。。)

15年を経た現在、遊技機の価格はどうなったでしょう?なんとパチンコ台で約20~35万円、
スロットは昔よりも価格の幅が広く、25~40万円といったところです。

業界外の人が見れば、時代的な物価上昇を考えればそれほどの驚きはないのかもしれませ
んが、業界内部にいる人たち(特にホール側)にとっては、ここ数ヶ月の機械代の急上昇は
悪評紛々です。
昨年までは業界内でも「法外に高い」といわれた大手メーカーK社でも30万円を超えることは
ありませんでしたが、今年に入ってそのK社が新枠機種でついに30万円の壁を超えてしまい
ました。K社は実績のあるメーカーなので、「イイモノは高い」という法則に当て嵌めれば「しょう
がないなぁ」とあきらめもつく話であるのですが、それに続けと言わんばかりに、ここ数年ヒット
機種とは縁のなかった旧最大手S社が、社運をかけたといわれる機種ですぐさま30万超え。
このS社にかんしては某大手チェーン店には半値に近い価格で販売しているという噂が実しや
かに流れたり、台数の縛りが全くホールのことを考えていなかったりと、価格以上に「売り方の
倫理」を問われる販売方法で、本来不要な悪評を垂れ流しました。遊技機自体の評価は思い
のほか高く、「売り方」さえホールの方に目を向けていれば、販売台数・結果共に今以上の高
評価に繋がっていたのは間違いありません。まぁ最大手広告代理店の「D通」がプロモーション
したという話なので、これから「冬」の時代に突き進むべき業界の深部に目を向けられなかった
ということが大きな誤算だったと言えるでしょう。
そして真打登場!海系横スクロールの王道を歩むS社です。今テレビCMが流れ始めている新
機種。どうやら「30万円台後半」という噂…しかも30万台以上の販売を予定しているとか、いな
いとか…。常に「海系」機種を匂わせて他機種の販売(いわゆる「抱き合わせ」)をしている同社
ですが、今回の新機種の下地として前々回の「犬系」と前回(時期的にまだ「今回」なのですが)
の「そば系」を合わせると、今回の新台は店舗によっては実質「100万円OVER」!?このS社
の「海系」以外の他機種は、とにかく「使えない」のがホントにタチが悪い!「使えた」例がありま
せん。。。(泣)

この機械価格急騰の影には、当然ながら最近嫌という程目にする「テレビCM」という要素があり
ます。
その話はまた近日中にするとして、話が長くなったので、今回はこの辺で…


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。