So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

皆さんに感謝 [今日のできごと]

相方が子どもたちを連れて実家に帰っている間になにがしかをするのが恒例。
押入れの整理であったり、冷蔵庫の掃除であったり、「すみっこ」の掃除であったり。

今回はシーツ類を洗ったり、カーテンを洗ったりしてみた。
もう一つはアルバムの整理。
以前いただきものの写真をアルバムに整理したら、上の子はまだましだけれど、下の子は赤ちゃんからいきなり幼稚園児になってしまったので。   何年分だよ・・・

手始めにPCからDVDに画像を移した。
プリントする画像を選んだ。デジカメの時代、いっぱいあって大変。
節目と、イベントと、可愛く映ってるのを重視。
見返す機会はきっとそう年中はないから、生い立ちの紹介に困らないような写真を選んであげたいな、と。
数うてば、うまく映ってるのも結構あった。

まだ妻方初の甥っ子が数か月前に生まれたばかりということもあって、義父母、義弟とどんな写真を撮ったのかって正直言って興味を持ってみる機会はなかった。
孫が可愛いのはある程度当然として、自分が結婚する以前に自分方の甥っ子を可愛がったのと同じように、義弟たちもうちの子たちのことを本当に可愛がってくれていたんだなぁ、ってことに今更気づいた。
ってことは伯父さん伯母さんにとって、きっと自分は可愛いい○○ちゃんだったんだろうなぁ、なんてことに35年ぶりに気づいた。

大変だけど、いい機会だった。
nice!(0)  コメント(0) 

6才、7才 [今日のできごと]

息子の運動会。
年長さんの定番演目で、わが子が「基準」(端っこだったり、動き初めだったり)をつとめた。
いつまでもただのやんちゃ坊主じゃないんだなぁ。
リレーも追い上げ、追い越しをみせてくれた。

幼稚園のお祭りでは賞品の剣を5本獲得。
ベルト通しにかけたり、背中にさしたり、二刀流したりで、とにかく5本持ち歩く。
たぶんこれからもクラス替えのたびに「行きたくない」っていうけど、みんなとなかよく遊んでいて安心した。



1週間後にピアノの発表会を控えた娘(小2)が、教室に行くのを拒否。
怒られるとか、先生が怖いとか、そういうことではないらしい。
去年はいつになったら火がつくやら、って思ってる間に発表会を終えてしまったので、成長したなぁ。

と思ったけど、通しで、うまくいった!完璧!というところをきくことなく、今年も発表会突入。
本人もさることながら、みているこっちも緊張。
2曲目で2回止まってしまったけど、結構上手だった。
他のお子さんの発表をきいていても、小学校低学年ってこんなものらしい。
ピアノ、当面は続けるということなので、今後に期待。

熊本地震 支援最終日 [おしごと]

最終日は当直明けということで午前休み。
勤め先(派遣元)への報告をつくったり、3日目分のブログを書いたり。
思いが通じたのか、昼ごはんはそばだった。
医局で現地のDr.や事務さんと、改めて地震直後の私的な状況の話や、医師の研修のあり方の話ができた。

予約なしの午後外来の患者さんは少なかった。
避難所を転々として、まいってしまっている方を診たところで、帰り支度をする時間になった。

空港で、お土産と、あまなつチューハイと、いか天と、サンドウィッチを買った。
お土産売り場の一部や、ラウンジや、一部の搭乗口が地震の影響で使えない状態ということだった。
搭乗口では、夕方だったのもあって、ビールや日本酒を飲んでいる姿がちらほら。自分も、酒解禁。
羽田行は満席とのこと。業種は違えど、緊張が解かれた方々も少なからずいらっしゃったに違いない。
なんだか涙が出てきた。酒なんか飲んじゃったからかな。充実感なんて全然ない。悔しいってわけでもない。今でも避難生活を続ける方々に申し訳ないような、でも任務を終えて安堵したような、そんなところなのだと思う。
たくさんの良心を乗せて、無事に帰りつくように、と思った。

羽田からのリムジンバスでの車中、相方、実家の親、上司、派遣にかかわる事務担当者にメールを送った。
たくさんの人が自分を心配して待っていてくれているって、ありがたいことだなぁって思った。

無事、家に到着。
相方には、自己実現のためにとは言わなかったけれど、心配かけたことをお詫びした。
上の娘は、抱き起したら、うん、うん、お帰り、お休み、だった。
下の息子は、、起きなかった。
こっちに戻ってきてから、基本は第3のビールだけど、プレ○アムモ○ツを買っておいてくれた。

この経験を踏まえて、提案できること、連携できることはやってみたい。

ただ、どうもすっきりしない。
達成感、充実感はない。たいしたことしてないから。
むしろ、山のようにある解決すべき問題に、到底太刀打ちできない、という気持ち。
病院で待っている医療では、、、かといって避難所に出向いても医療だけでできることは、、、
地元で関わり続けるわけではない、一時的な支援者は、どんな業種でも同じなんだろうなぁと思う。
年というスパンで見たときに、復興の小さな一片を担った、といえるようになるんだろう。きっと。
そもそも自分の気持ちを充足させようということ自体が間違いだと。


また(5年前のように)行かずにウジウジ後悔しているより、行ってよかったと思う。
ただ、それは周囲の人にとても心配をかけることだということがよくわかった。
あくまでも支援。「達成」するのは地元の方々なんだという心構えというか、開き直りというか、そんなところらしい、ということも、わかった。

熊本地震 支援3日目 [おしごと]

夜救急で来られた方のCTをみて、転送のお願いをした。多少は、外科医としてのスキルを発揮する機会あり。

日曜日は日中フリー、その後当直。時間的な余裕はだいぶあるとはいえ、人生初の連直。
市電に乗って、まず熊本城の周囲を歩いた。敷地内は完全に立ち入り禁止。
石垣が崩れて、その土台に乗っていた建物が雪崩のように崩れていたり、下敷きになった建物があったり。
崩落していない個所でも、石垣の石が小さくなっていたり、ずれて浮いていたり。
綿密な調査、手順を組んだうえでないととても手が付けられないことが容易に想像できる。

再び市電に乗って熊本駅を目指す。
繁華街が近づくとごく普通の日曜日の服装の方々と同乗することになる。Tシャツ、ジーンズ、運動靴、薄汚れたカバンの自分はむしろみすぼらしいくらい。
駅でお土産を発送したところでもうお昼。病院に戻ってご飯をいただくことにした。

コンビニでノンアルコールの缶チューハイと冷やし中華を調達しておいた。
わずか数日だけれど、毎食コメというのはつらいものだということが実体験されたので。
お昼ご飯をいただいた後、自室でこそっと「おやつ」を食べた。
そのあとは、当直明けモードの頭をリセットするため、まさに惰眠を貪った。

結局、自分の分担の時間には患者さんがいらっしゃらなかったので、まる1日一人も診なかったのだけれど。
報告書、提案を書いたりして、いざ眠りにつこうと思ったら眠れず、結局頭がボケッとしている月曜朝。

熊本地震 支援2日目 [おしごと]

夜、眠れはしたけれど、救急車のサイレンや、朝方掃除の物音がしたりで落ち着かない。
やばい、頭が当直明けモードかも。

今日は午前外来。
「バディ」がクリニックの支援に出たので、予約なしの10人ほどを診察。
出足がバラバラだったので、今日もゆったり対応できた。
一部ききとれない言葉があったり、知ったような口をきいて気分を害すと困ると思ったりで、相づちを打ちつつ、遮らずにお話しをきいた。
ひとしきり話した後、長々しゃべってすみませんね、ありがとうございました、と言ってその方は退室された。
噂にはきいていた「5分ひたすら傾聴したら、患者さんは自ら話を止める」ってこれのことか!と思った。
普段は早く回転させることがサービスのひとつになってしまっている。この経験を生かせるといいのだけれど。

体を休めたいのもさることながら、院内にこもりっきりになるリスクのほうが高いと考えて外出。
倒壊の恐れ、という病院は、通りからみる分には窓が割れてベニヤで塞がれたり、一部外壁が崩れたりしたようだった。見るからにあの大病院が機能停止した影響は大きそうだった。
川辺の公園へ。都市部だというのが信じられないほどきれい。橋の上からでも10cmほどの魚の姿が見えるくらい。
ベンチに座って、缶コーヒーを飲みながら妖◯ウォッチぷ◯ぷにをした。公園でスマホに向かって激しく指を動かしてる俺って、ちょっと不思議な人に見えただろうなぁ。
ブログをかきはじめた矢先、病院から呼び出しの電話。
散歩の続きを楽しむことなく、日光浴終了。

被害が大きかった地域への車上視察にも連れて行っていただいた。
市内にも塀が崩れているところ、ブルーシートがかかっているところは少なくなかったが、市の境を越えてすぐに、建物が傾き、車が押し潰されている光景が目に入った。比較的新しい建物以外は、おおむね傾いているか、地面と屋根が接しているか。
1ヶ月を経て、道路は確保した、くらい。もう一押し来たら、また道路を塞いでしまいそうな家屋がまだまだある。
ゴミ袋がたくさん並んでいたり、道路が波打っていたり、見た目はしっかり立っている建物に黄色の「要注意」が貼られていたり。
断層との位置関係が大きな違いらしい。さらに、罹災証明の発行までに時間がかかったり(住居支援は不要という人でない限り撤去工事に着手できない)、といった行政のパワーも復興に大きくかかわっているものと思われた。

その後当直。
震災がきっかけで不安が強くて頻繁に通院されている方くらいで、あとは1次救急レベルが数人。落ち着いていた。

熊本地震 支援初日 [おしごと]

今日は午後からのシフト。
午前中に前任の医師と交代で部屋をあてがわれた。
…ホコリっぽい。1ヶ月掃除してないのでは…
換気して、掃除機借りて、まず住めるようにした。
医局で頼めば掃除機貸してくれるって申し送りに書き足しておこう。

スケジュール的には結構暇をもて余した。
患者数が落ち着いてきて、求められる業務量が減っているのだろう。実際、6月からは1クール4人が2人に減るそうだ。

午後、外来・救急の診察。
ごく一般的な発熱のほか、避難先の他県から戻られた方、やっと少し落ち着いたところで久しぶりに通院されてきた方、他県から支援に来て具合が悪くなってしまった方。
ゆっくりお話しをうかがう余裕があり、かつその時間を常勤医ではなく我々が請け負うことができて、少しはお役にたてている気がした。

熊本地震 現地入り [おしごと]

羽田。
お土産買ってったほうがいいんだろうか。
今日はオリエンテーションだけとわかっているのに、緊張のあまりビールを飲みたいと思わない。

熊本行きの飛行機は比較的すいていた。
高度が下がってくると、ブルーシートに覆われた家が多数目に入る。
市内に向かうバスの車窓から、がんばろう熊本、支援ありがとう、というメッセージ、グランメッセ前を通過するときはテントが見えた。
やばい、俺、津波の映像とか直視できないんだった、ということにいまさら気づく。

病院着。医師以外の職種は1週間サイクル、医師は2~4日サイクルという事情で、医師だけでのオリエンテーション、業務の割り振りということだった。
前震では大きなかわりはなかったが、本震でライフラインに支障が出たり、周辺医療機関が機能しなくなったり、片付けてもしかたない、家に帰ってもしかたない、という状態になったのだという。
常勤スタッフが予約外来と入院患者に専念できるように、支援スタッフが予約外と救急をみる。
支援スタッフは午前・午後・当直がひとつおきになるように配置。
でも自分は例外で土日連直だった。全然眠れない当直というわけでもなさそうだから、よしとした。
救急の受け入れは現在でも平時の2倍程度ということだが、揺れもおおむね収まり、急性期も乗りきったところで、常勤の皆さんに見てとれるほどの疲労がにじんでいるということはなかった。
それもそうだけれど、医局事務さんが2日ごとに受け入れのために21時ごろまで残っていなければならないことが気になった。

その日は病院の近所の方のお宅に泊めていただいた。
その方も、面倒見がいいとはいえ2日ごとに人が泊まりに来る生活が1ヶ月も続くのは大変だなぁと、後になって気づいた。
そして、1日でも院外に泊めていただけたことを後になって感謝することになる。

熊本地震 派遣前 [おしごと]

熊本に、関連の現地医療機関の支援に行くことになった。
宮城の支援の時に手を挙げなかった自分が情けなくて、今回は、機会があればと申し出ていた。
勤め先の全国的なネットワークを「利用」すれば、ある程度会社任せで行ける環境にあるのだということに気づいたりして。

当初、関東には支援要請はなかったようだが、長期化のため全国に拡大し、自分にも声がかかった。
妻には話してあった。
日程的に娘の運動会が重なったため、2日がかりで理解を得た。
そういう事情のなかった息子には事後報告的になってしまったが。

いざ派遣の日が近づいてくると、手を挙げはしたけれど声がかからなかった、が気持ちの上で一番楽だったのかな、などと思ってみたりして。
東日本の時のように、自らが家の片づけをしたり、買い物に困ったり、偶然に家族が近くにいない心細さがあったり、原発事故があったりということはないけれど、地震直後のたびたびの余震や、回を重ねるうちに緊急地震速報よりも眠気がまさってきたこと、地震なのか自分が揺れている気がするだけなのかよくわからなくなってきたことには、今回も遭遇するかもしれない。
1か月ほどの間、支援者のけがといった話はきかないけれど、大きい余震が再来する可能性はゼロではない。

いまさら、ここ数日は子どもが寝る時間に合わせて一緒に寝たりして。

早いもので12年目、駆け出しどころか中堅の域に入った自分ではあるけれど、子どももお年寄りも診ているけれど、今、外科医が行ってどれほどお役にたてるだろうか。
果たして方言が聞き取れるんだろうか。
心の不調を訴える方の話をしっかり聞いてあげられるだろうか。

こういう心理状態も含め、一つの経験ととらえることもできる。
でも、自分の思いを支えてくれる家族、自分自身のストレスは想像以上だった。
たまたま、とか言ってお守りを買ってきてくれたけど、全然たまたまとは思えない。
あぁ、「自己実現」のためにまた家族に心配かけちゃったなぁ・・・。
職場のみなさんも心配してくれてるけど。

支援者の心得でもあるわけだけれど、しっかり体調管理する。
命懸けない。二次災害は不幸を増幅するのだもの。
で、現地スタッフの負担を少しでも軽減できるように、自分の持てる力を発揮する。
なんだかなぁと思うけれど、それが現実的な目標。

3月

娘、もうすぐ小学2年生。息子、もうすぐ年長。
ずいぶん大きくなったものです。

娘が年中の時、自転車を買いました。息子におさがりをあげられるように、青にしてもらいました。
息子はあっという間に大きくなって、(残念ながら)息子には緑の自転車を買いました。

娘もあっという間に大きくなって、サドルをあげても追いつかず、今度は本人の思う色の自転車を買いました。
青の自転車は近所の男の子に貰ってもらいました。

子どもの成長はあっという間で。
自分の時とは比べ物にならないくらいたくさんの宿題、習い事を一生懸命こなして、算数が好きだって。
息子も、前までは気に食わないことがあればものや人に当たっていたのを、必死に我慢するようになって。姉をみて簡単な足し算ならできるようになったし、エレクトーンの発表会も間際に驚異的な追い上げを見せて。

両親の背丈から、娘、3~4年後にはおそらく身長160cm。うれしいやら、おそろしいやら。
いまのうちにいっぱい抱っこしておかねば。



震災から5年を経て、自分なりには大変だったし、自分以外はたまたま広島に集団疎開中で思いを共有してくれる家族がいないし、都心には都心の考えるべきこともあると思ったけれど。
福島で幼児期を過ごした子供たちは砂遊びのしかたを知らないとか、当時小学生だった方々が、自分の経験したことを語り、打ち明けるのを、みたり、読んだりして、いろいろ考えたんだけれど、文章にするにはとりとめもなくて。


いつでもできるけれど、しなければならないことは、家族に愛情を注ぐことかな、と。

脳内マニュアル [お医者のキモチ]

駆け出しというにはそろそろおこがましくなってきた今日この頃。

飲みに行った帰りのバスの車内で、m3のがん関連の記事を読みふけっていたら、バス停を2つ乗り過ごしていました。
ある意味、結構ホッとしました。
そのあと、亡くなった患者さんのことを思って泣きました。
また、結構ホッとしました。

だいぶ脳内マニュアル化されてきましたが、この仕事を続けていても許される気がしました。
前の10件 | -
メッセージを送る