So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

柚月裕子『慈雨』 [書評]

柚月裕子の『慈雨』を読みました。わたしにとっては、初めての著者ですが、なかなか良い小説です。ただし、その面白さはミステリーの側面ではない。

警察官を定年退職した神場智則は、妻の香代子とお遍路の旅に出た。42年の警察官人生を振り返る旅の途中で、神場は幼女殺害事件の発生を知る。16年前、自らも捜査に加わり、犯人逮捕に至った事件と酷似していたのだ。しかも、その犯人には、冤罪の可能性もあったのだが、県警はそのことに蓋をしてしまった。いまだに罪の意識を持つ神場は、かつての部下を通して捜査に関わり、あることに思い当たる…。

特に、次のシーンは泣けましたね。一人娘の幸知は、実は殉職した先輩警官の子どもを養子にしたものの、その事実を幸知につげていなかった。が、幸知はそのことを知っていると、捜査に協力してくれ、幸知と付き合っている後輩刑事、緒方から知らされるというシーンがです。

「私、前にあなたに、根っからの刑事なのね、って言ったことがあったでしょう。私は根っからの、刑事の妻なのよ」という香代子のセリフで物語りは終わるのが印象的です。

ただ、物語は唐突に終わる。とくに、現在の事件は容疑者を逮捕して良しとしても、16年前の事件については、明確には語られない。また、いかに先輩刑事であったとしても、辞めた刑事から現役の刑事がアドバイスを受けるかなぁ、といった疑問も残ります。

初老にはいった夫婦が八十八箇所をめぐりながら、今までの人生を振り返る物語としては、良くできています。


慈雨

慈雨




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

上橋菜穂子『鹿の王』 [書評]

上橋菜穂子の『鹿の王』を読みました。NHKのTVドラマ『精霊の守り人』が、きっかけですっかりファンになり、『獣の奏者』も読んで、たどりついた『鹿の王』。本屋大賞を受賞したという触れ込みだが、どうだろう、上橋菜穂子さんの作品にしては、少し期待はずれだろうか。

とくに、冒頭の掴みがあまい。一方の主人公であるヴァンが奴隷に落とされ、岩塩鉱に囚われているのだが、一群れの不思議な犬たちが岩塩鉱を襲い、謎の病が発生するところから話が始まるのだが、一体何が何だがわからない展開で、少し退屈しそうになる。そこで、もう一方の主人公、天才的医師であるホッサルが登場してから、物語りは面白くなっていく。様々な人物が登場し、黒狼病という病との闘いが描かれる。そこに民族間の争いがはいってきてややこしい展開となる。
ただ、この結末も、「あり」だと思うが、『獣の奏者』ほど感激的ではない。

確かに、その世界観は良く描かれている。本書のテーマは、生命の不思議であり、生きると言う意味を問うているのだろうが、むしろ、侵略したほうの国と侵略された国があるが、民はそれぞれの生活の中で、お互いに必要な人になっていると言う点に焦点を当てた方がよかったと思うしだいである。





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

マシュー・サイド『失敗の科学 失敗から学習する組織、学習できない組織』 [書評]

マシュー・サイドの『失敗の科学 失敗から学習する組織、学習できない組織』を読みました。失敗とタイトルがついた本の中では、中央公論者から出版されている『失敗の本質』と並んで面白い本でした。

冒頭、航空業界と医療業界の比較から始まる。
2013年には、3640万機の民間機が30億人を乗せて世界中の空を飛んだが、そのうち、亡くなったのは210人のみだ。一方で、アメリカでは毎年4万4000〜9万8000人が、回避可能な医療過誤によって死亡しているという。これは、ボーイング747が毎日2機事故を起こしているようなものだ、という驚愕のデータが示される。

両業界の違いは本書のタイトルにもあるように、、失敗から学ぼうとするか否かで分けているのだが、たしかに医療現場は、時々話題になる事故やミスの話をきいても、そこから皆で学ぼうと言う意識は低そうだ。
なにしろ、「わたし、失敗しないんで・・・」とうそぶく女医が主人公のテレビドラマが大人気であったりするぐらいですからね。

ただ、残念なのは、ただ、航空業界も最初からそうであったとも思えず、今に至る過程や、現在の実際の取組内容についても詳しく紹介して欲しかった。

いずれにせよ、
真の無知とは、知識の欠如ではない。学習の拒絶である。

と言う言葉は印象的である。


失敗の科学 失敗から学習する組織、学習できない組織

失敗の科学 失敗から学習する組織、学習できない組織

  • 作者: マシュー・サイド
  • 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 発売日: 2016/12/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

畠山健二『本所おけら長屋(八)』 [書評]

畠山健二の『本所おけら長屋(八)』を読みました。ちょうど、一年前に知ってから、すっかりお気に入りのシリーズになりました。前作(七)の感想で、パターンが見えてきたと書いたが、なかなかどうして八巻は快調そのものです。

特に、第一話の『すけっと』がいい。病身の父親に代わって、仇討ちをするので、剣術を教えてくれと、おけら長屋の浪人、島田鉄斎に頼み込んできた娘がいた。通常であれば、娘を助けて、無事仇を討たせるという物語を想像するところだが、おっとどっこい。そこからひねりが効いていて、かつホロリとさせる物語になっている。
『うらしま』に出てくる、万松コンビが出いりしている居酒屋のお栄さんも、きっぷが良くって、いいですねぇ。
相変わらず、涙を拭くハンカチを握り締めながら電車の中で本書を読みました。


本所おけら長屋(八) (PHP文芸文庫)

本所おけら長屋(八) (PHP文芸文庫)




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

スティーヴ・キャヴァナー『弁護士の血』 [書評]

スティーヴ・キャヴァナー弁護士の血』を読みました。評判通りなかなか面白い作品です。

冒頭ロシアンマフィアに拳銃を突き付けられて、脅かされるシーンから物語は始まります。それから、ほぼ一日半のストーリーが、スピーディーに展開する。

有能な弁護士だったフリンは、ある事件の弁護を契機として、酒に溺れた。妻と娘は彼から離れ、自身は弁護士も辞める。その彼の背中に押しつけられた銃で、。「法廷に爆弾をしかけて証人を殺せ、断れば娘を消す」――ロシアマフィアの残虐な脅迫。自分はどうなってもいい、娘のために闘う決意をした男が取ったのは……。

このフリン、実は弁護士になる前は、スリや詐欺師であったという設定で、その特技を活かしながら、窮地を切り抜ける。ただ、最後に友人のイタリアン・マフィアの助けを借りるのが、好き嫌いが分かれるでしょうね。


弁護士の血 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

弁護士の血 (ハヤカワ・ミステリ文庫)




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

堂場瞬一『埋れた牙』 [書評]

堂場瞬一の『埋れた牙』を読みました。まぁ、これと言った、特異な設定や、個性的な登場人物とは無縁の平凡な出来ですね。

捜査一課から地元の武蔵野中央署へと転出した刑事・瀧は、旧友の長崎から姪の恵が行方不明になっていると相談を受けた。市議会議員の選挙運動を手伝っていたという恵。その足取りを追う中、瀧は過去に類似の失踪事件が起きていたことに気づく。やがて瀧の捜査にも見えざる圧力がかかりはじめ…。

というお話なのだが、読者には、おおよその展開は読める内容である。ただ、同じような事件がほぼ10年おきに発生していることについての説明が、おざなりな印象が残りますね。


埋れた牙 (講談社文庫)

埋れた牙 (講談社文庫)




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

上田秀人『参勤 百万石の留守居役(八)』 [書評]

上田秀人の『参勤 百万石の留守居役(八)』を読みました。それにつけても、参勤交代って、大変だったことがよく分かります。

若すぎる留守居役瀬能数馬は、藩主綱紀お国入りの交渉役として、参勤交代の準備に奔走する。藩主綱紀も、異例の急ぎ足、わずか十日間の帰国を命じた。道中の諸藩に気を配る交渉役の数馬に、藩主の継室の座を狙った思いもかけぬ難題が降りかかる。その難題を機転を利かせてかわした数馬だったが、ひそかに、前田家の分家である富山藩の一部の武士がひそかにこの参勤交代の列を狙っていた・・・。

というところで、本編は終わる。

新武田二十四将をなのる江戸の闇の世界を牛耳る悪い奴らがでてくるのだが、いささか弱すぎる。むろん、数馬と瀬能家の家士である石動庫之介の二人が強すぎるというのもあるのだが。やはり、物語には好敵手が必要だと思います。本編では、琴さんと佐奈の登場が少ないのも残念です。


参勤 百万石の留守居役(八) (講談社文庫)

参勤 百万石の留守居役(八) (講談社文庫)




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

葉室麟『あおなり道場始末』 [書評]

葉室麟の『あおなり道場始末』を読了しました。さわやかな青春小説の趣の本です。著者らしい作品となっている。

青鳴道場は、神妙活殺流の遣い手として知られた青鳴一兵衛の死から、まもなく一周忌を迎える。後を継いだのは、長男青鳴権平。その風采の上がらなさや昼行燈な性格から、ついには門人が一人もいなくなってしまったのである。男勝りで剣術をつかう17歳の千草と口が達者で、俊英の誉れ高い12歳の勘六という弟がいた。とうとう、米櫃がからになるという頃になって、道場破りで金を稼ぐことを決意する。そもそも、父、青鳴一兵衛の死には不可解な謎が残っていた。権平は道場再興と父の汚名を雪ぐためと言い聞かせるが・・・。

実は、昼行燈な権平が相当な遣い手であるうえに、かつ勘六には出生の秘密があり・・・。という展開はありがちな話ではある。ただ、三人の兄弟の情愛など、さわやかな青春小説の趣の本である。
勘六には出生の秘密を知って、そのような生き方が許されるか、現実的には疑問が多いのであるが、咎めるのは大人気ないというべきか。


あおなり道場始末

あおなり道場始末




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ウィリアム・ケント・クルーガー『ありふれた祈り』 [書評]

ウィリアム・ケント・クルーガーの『ありふれた祈り』を読みました。わたしもファンである、ミネソタを舞台にした保安官コーク・オコナーのシリーズで知られる著者だが、本書はまったく別の単発作品だが、エドガー賞、アンソニー賞、マカヴィティ賞、バリー賞など多くのミステリの賞の長編部門を受賞している。

1961年、ミネソタ州の田舎町で穏やかな牧師の父と母、音楽の才能を見せる姉アリシア、聡明ながら吃音というハンディをかかえる弟ジェイクとともに暮らす13歳の少年フランク。だが、ごく平凡だった日々は、思いがけない悲劇によって一転する。家族それぞれが打ちのめされ、もがくうちに、フランクはそれまで知らずにいた秘密や後悔に満ちた大人の世界を垣間見るが…。

主人公が過去を振り返る形式で語られる。アリシアの死をきっかけに、この家族が壊れそうになる。それを13歳の少年の目で描かれている。
勘の鋭い、読者なら、真犯人はおおよそ見当がつくと思われるが、そもそもその謎解きに焦点はあたっていない。
なかなか良い余韻の残る作品だが、ミステリとして読むといささか、拍子抜けするかもしれない。


ありふれた祈り (ハヤカワ・ミステリ文庫)

ありふれた祈り (ハヤカワ・ミステリ文庫)




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

佐藤賢一『王の逃亡 小説フランス革命7』

佐藤賢一の『王の逃亡 小説フランス革命7』を読みました。

自らは、ロシア貴族に仕える執事に扮し、逃亡を企てるのだが、ルイ16世ではないかと疑われた際に、パリと違って、田舎ではまだまだ国王の威信は地の落ちておらず、思わず、本当のことを語ってしまう・・・。

いままで、ルイ16世について語られることがなかったが、ついに登場した。ただ、この小説を読む限りにおいて、決して暗愚な国王ではなかったことが良くわかる。ただ、歴史を少し調べると、このあと、議会で様々な議論が行われ、実際に処刑されるまでに、しばらく時間がかかる。そこのあたりは、8巻以降で語られるのでしょう。


王の逃亡―小説フランス革命〈7〉 (集英社文庫)

王の逃亡―小説フランス革命〈7〉 (集英社文庫)




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
前の10件 | -