So-net無料ブログ作成
検索選択
観劇(他) ブログトップ
前の10件 | -

官能と科学の中之島 [観劇(他)]

今日は、大阪天満宮の近く菅原町(菅原道真にちなんだ地名だそう
です)にあるそろばんの雲州堂の蔵をリノベーションしたイベント
カフェ雲州堂に知り合いのライブ「歌とピアノと夏初月」を聴きに
行ってきました。
IMG_2051.JPG 
IMG_2059.JPG IMG_2061.JPG 
女性ボーカル4人(すぎもとさゆりさん、くみこさん、Merryさん、
Marthaさん)とピアノは茶之木一世さんの演奏。
17813775_n.jpg 
先ずは、すぎもとさんが舞台に上がり、軽いご挨拶の後にピアニス
トの茶之木さんをご紹介。しばし茶之木さんの素敵なピアノ演奏の
あって、再び、すぎもとさんが登場し、“ザ・ローズ”、辛島美登里
さんの“ツバメ”、そして、今日はカーペンターズの日だそうで“マス
カレード”の3曲を美しい歌声で聴かせてくれました。

次は、くみこさんで、星野源さんの“恋”、Superflyさんの“黒い雫”、
そして曲名は忘れましたが平井堅さんの曲の3曲をパワフルな歌声
で聴かせてくれました。さすが“恋”って感じで、お母さんのひざの
上で小さな子が恋ダンスを踊ってました!

ちょっと休憩の後、遊佐未森さんのコピーバンドをやっていると言
うMerryさんが登場し、遊佐未森さんの“桃”、KOKIAさんの“愛の
メロディー”、復興支援ソングの“花は咲く”、そして、すぎもとさん
とのデュオでZABADAKさんの“旅の途中”を披露。

最後は、Marthaさん。1曲目は、すぎもとさんがそのまま舞台に残
っておふたりで、松田聖子さんの“瑠璃色の地球”。今日はカーペン
ターズの日でもありますが、アースデイでもあるそうです。
その後一人で、三浦大知さんの“ふれあうだけで Always with you”、
“New York State of Mind”、MISIAさんの“逢いたくていま”をパワ
フルに聴かせてくれました。

タイトルの夏初月は“なつはづき”とよむそうで、ちょうどこの季節、
旧暦の4月のことだそうです。夏には少し早いですが、素敵な歌声と
ピアノで爽やかなひと時を楽しませていただきました。感謝です。

ライブのついでと言ってはなんですが、京阪なにわ橋駅にあるアート
エリアB1でやっている「ニュー“コロニー/アイランド”3 わたしの
かなたへ」を拝見と言うか体験。
IMG_2065.JPG 
阪大の吉森保教授をコンセプターに、建築ユニットdot architects
さんとアーティストやんツーさんが、アミノ酸、たんぱく質、細胞
をテーマにした仮設と仮想の体内公園と言うアートとサイエンスの
融合した体感型のインスタレーションを展示してらっしゃいました。
作りかけの工事現場?みたいな雰囲気ですが、細胞内は完成品と材
料が混在している世界だそうで、それを表現してるってことでした。
IMG_2079.JPG IMG_2071.JPG 
IMG_2069.JPG IMG_2070.JPG 
IMG_2075.JPG IMG_2078.JPG 
指向性スピーカーから流れる吉森教授の講義やVRゴーグルを付けて
のシーソーやブランコなどもあって・・・面白い!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

素敵な歌声 [観劇(他)]

今日も寒かった日曜日。本日は、いつもお世話になっていると~る
さんが出演されると言うことで、中之島のフェスティバルホールに
「第85回 関西学院グリークラブ リサイタル」を聴きに行ってきま
した。
IMG_1221.JPG IMG_1218.JPG 
学生さんが並んでいつものように校歌からはじまった今回のプログ
ラム、先ずは、メンデルスゾーンの“夕べの祈り”。次は、賑やかに
“A Beatles Celebration”。そして、全日本合唱コンクール全国大会
で優勝した曲“孔雀が飛んだ”と“那須与一(平家物語による男声合唱
のためのエチュード)”。
休憩を挟んで、OBさんたちや高等部の方々も加わっての“男声合唱の
ための組曲 ラ・マンチャの男”。最後は、かなり難解な“無伴奏男声
合唱曲集 じゆびれえしよん”。
普段音楽をほとんど聞かない私にとってもビートルズとラ・マンチャ
の男を楽しかったです!他は、・・・心地良い歌声に誘われて夢うつ
つの世界で遊んでいました。。。すんません!

合唱を聴きに行く前に、肥後橋靱公園近くにある「natural food kit
chen 豆庵」さんで、かなり遅めの昼ごはん、薬膳カレー。
IMG_1220.JPG 
美味しいカレーでお腹の皮が張ったので、きっとまぶたが緩むだろう
と思ったら、案の定、心地良い歌声に誘われて夢の中へ!笑

そして、 リサイタル後には、歌っていらしたご本人であると~るさん
が予約してくれた大阪マルビルの「ナポリの食堂 アルバータ アルバ
ータ」さんで、観劇仲間の方々とと~るさんを囲んでの食事会。
IMG_1226.JPG IMG_1227.JPG 
IMG_1228.JPG IMG_1229.JPG 
IMG_1230.JPG 
生ハムや前菜色々、アヒージョ、マルゲリータ、しらすと水菜ペペロ
ンチーノ、チキンの丸焼きなどなど、楽しい話(ほとんど音楽の話は
無かったような気もしますが・・)と、美味しい料理を楽しませてい
ただきました。感謝です。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2016年総決算<観劇篇> [観劇(他)]

今年の観劇は、諸々合わせて53回。合計の観劇数は例年並みですが、今年、
歌舞伎を1回しか観ていないというのが、振り返ってみてちょっとビックリでした。
言うほどたくさん歌舞伎を観に行く訳でもないんですが、好きなので、年に何回
かは足を運んでいたので、1回はさすがに少なく感じてしまいました。
一方、今年は講談の方で、いつも聴いている方々とは違う一門の南陽さんと
南照さんの講談会が、お世話になっている梅田のジャズバー“パイルドライバ
ー”さんで、定期的に開催されるようになり楽しみが増えました。長く続くことを
祈りたいです。
それと、いつもと違って音楽を聴く機会が多かったのも今年の傾向だったかな
って気がします。色々変化もありましたが、楽しい1年でした。
来年は何が増え何が減るのやら?The answer is blowin’in the wind ;)

◆講談・浪曲5席
南陽・南照 講談二人会(第三弾)
南湖の会 太閤記と力士伝
南陽・南照 講談二人会(第二弾)
第三一回 講談まつり
南陽・南照 講談二人会(第一弾)

◆落語10席
道楽亭 十一月昼席
志の輔らくご in 森ノ宮 2016
道楽亭 九月昼席
彦八まつり 2016
道楽亭 八月昼席
金原亭馬玉を聴く会
道楽亭 五月昼席
道楽亭 四月昼席
道楽亭 二月昼席
道楽亭 一月昼席

◆文楽8席
第十三回 文楽の夕べ
平成二十八年 錦秋文楽公演 第二部
平成二十八年 夏休み文楽特別公演 第三部 サマーレイトショー
第十六回 文楽若手会
文楽 in Hyogo一谷嫩軍記
平成二十八年 四月文楽公演<通し狂言 妹背山婦女庭訓>第二部
ヒルトンプラザイースト「さくら文楽」
平成二十八年 初春文楽公演 第二部

◆歌舞伎1席
大阪松竹座 壽初春大歌舞伎 昼の部

◆能・狂言2席
光と照明による能舞台の陰翳work #12:安達原/色無
古典と遊ぶ 春爛漫 茂山狂言会 お豆腐狂言

◆映画9本
片渕須直監督「この世界の片隅に」
マシュー・ブラウン監督「奇蹟がくれた数式」
黒田征太郎監督「野坂昭如 戦争童話集 忘れてはイケナイ物語」
庵野秀明監督「シン・ゴジラ」
トム・ムーア監督「ソング・オブ・ザ・シー<海のうた>」
ビル・コンドン監督「Mr.ホームズ 名探偵最後の事件」
ダグラス・マッキノン監督「SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁」
サイモン・カーティス監督「黄金のアデーレ 名画の帰還」
ジェイムス・エルスキン監督「パンターニ」

◆観劇(その他)17席
フ・タウタフ CD発売記念「たふたふと」ムジカ編
高石ともや 年忘れコンサート2016
第28回 コール・セコインデ リサイタル
タンゴ・コケータwith ロベルト杉浦 情熱と哀愁のアルゼンチンタンゴ
京街道JAZZライン2016「Jazz in 土居」
タテタカコツアー クガツノゴウ第二夜
COOL MUSIC SPOT in MUSEUM of KYOTO
弁天座「土佐 絵金歌舞伎」
たかだこどもクリニック おやこコンサート
神谷徹 ストローコンサート
佐渡裕芸術監督プロデュースオペラ2016 歌劇 夏の夜の夢
こまつ座「頭痛肩こり樋口一葉」
落語とJAZZのあかさたな
劇団 黒テント「物語る演劇 山崎方代」
第84回関西学院グリークラブリサイタル
畠山重篤氏講演「森は海の恋人~森と海、そして川のつながり~」
つじあやの TOUR 2016 "rendezvous"vol.5
IL VENTODI TANGO タンゴの風

2016年をまとめますと、<美術館>117回、<観劇>53回の合計170回と
相成りました。今年も色々な方々のお世話になって、楽しい1年を過ごさせて
もらいました。本当に感謝申し上げます。

最後になりましたが、ブログを読んでくださっている皆様、今年も、ご愛顧あり
がとうございました。では、では、良いお年をお迎えください。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

クリスマスソングではないけど素敵な歌声 [観劇(他)]

クリスマスイブで賑わう今日は、いつもお世話になっているkitaさんが作品を
出展してらっしゃるって事で、西宮北口の西宮市立北口ギャラリーに「2016
西美アカデミー展」を観に行ってきました。
15673053.jpg 
今回の作品は、手動のコーヒーミルとカップが並んだ静物画で、木や金属の
質感が丁寧に描かれていて素敵な絵でした。

そして、昼ごはんは、新梅田食道街の「洋食 マルマン」さんでイタリアンスパ
ゲティ大盛り。
15672727.jpg 
お腹いっぱい!安定の美味さです。
関東ではナポリタンですが、関西ではイタリアンなんですよね~!なぜか?

今夜は、こちらもお世話になっている梅田のパイルドライバーさんで、恒例の
クリスマスパーティー&忘年会をやっていたんですが、今年は、ごめんなさい
って感じで、乾杯だけで抜け出し、扇町のムジカジャポニカにフ・タウタフ(小
川美潮さん)のライブ「フ・タウタフ CD発売記念「たふたふと」〜ムジカ編」を
聴きに行ってきました。
15726792.jpg 15726796.jpg 
小川美潮さんを中心に葛岡みちさん、渡部沙智子さんの3人の女性ボーカル、
そして、ピアノは吉森信さん、ベースは吉野弘志さん、ドラムは小林武文さん
での演奏。
膝がカクンと鳴って見つかってしまった忍者の歌など、歌詞が有るような無い
ような曲と、フリーコーラスのような3人の声と楽器が入り乱れながらも渾然一
体となるような演奏の不思議な美潮ワールドが繰り広げられ、非常に楽しい
時間でした。

小川美潮さんは、細野晴臣さんがプロデュースしたチャクラや坂田明さんの
Wha-ha-haなどで活躍されていた頃に一番聴いていて、その後、ソロや色
々なバンドへの参加などしてらしたのは、なんとなく気に留めていたんですが、
ここのところすっかり忘れていたのに、なぜかライブの情報がSNSで目に留
まり、懐かしさもあいまって足を運んだ次第です。また、機会があったら聴き
に行こう!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

早めの年忘れコンサート [観劇(他)]

年末とは思えないくらい生暖かい雨が降っていた昨夜は、サンケイホール
ブリーゼに高石ともやさんのコンサート「デビュー50周年 高石ともや 年忘
れコンサート2016~なくしたものを数えるより 今ある力よせ集めて~」を
聴きに行ってきました。
高石ともや年忘れコンサート2016.jpg 
年末の恒例にしてたんですが、昨年は仕事の都合で聴きにいけず、今年
も例年の開催時期だと行けないなと思っていたんですが、今年は日程が
ちょっと早めで、開始時間も仕事終わりに駆けつけられる時間だったので、
参じた次第です。
座席指定でチケットを買ったわけではないですが、なんと前から2列目の
席で、明るく元気な高石さんの姿と歌声を楽しませてもらいました。

今年は、ボブ・ディランさんがノーベル賞ってことで、50年ほど前に翻訳し
ながら歌っていたと言う、時代は変わる(The Times They Are A-Cha
ngin')や神が味方(With God On Ourside)、炭鉱町のブルース(Nor
th Country Blues)とその流れで受験生のブルース(旧作)、戦争の親玉、
風に吹かれてを演奏。風に吹かれては、ゲストのバンジョー奏者坂本健さん
も老後をテーマに替え歌を歌ってくれました!笑えるけど切ない詩でした・・。
そして、ベースの河合徹三さんはピンクの戦車を披露。
1部の終わりはいつものように、Foggy Mountain Breakdownの早弾き
&Nashville Skyline Ragの早弾きのおまけ付きでした。

2部は、ちょっと早い開催ってことでクリスマスソングを歌ってからの今年の
10大ニュースソング。色々ニュースはありましたが、高石さん的には永六
輔さんが亡くなられたのが大きな出来事だったと言う事で、上を向いて歩こ
うなど永六輔さんの歌を聞かせてくれました。
最後もいつものように“陽気にゆこう”を皆で歌って終演となりました。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

素敵な校舎で素敵な歌声 [観劇(他)]

今日は、いつもお世話になってるとーるさんの歌声を聴きに、関西学院大学の
中央講堂に行ってきました。
IMG_0424.JPG 
歌声を楽しむ前に先ずは、腹ごしらえって感じで、西宮北口駅近くにあるイタリ
ア料理の店「ラディーチェ」さんで、ベーコンと冬野菜の白ワインソースのスパ
ゲティをいただきました。
IMG_0419.JPG 
IMG_0414.JPG IMG_0417.JPG
西宮北口では、いつもは別のイタリアンの店に行くんですが、前からこの店も
気になっていたので、今日はこちらにお邪魔しました(いつも女性のお客さんで
賑わっていたので、ちょっと二の足を踏んでました!)。
薄味で根菜たっぷりのスパゲティが、とっても美味しかったです。

再び電車に揺れ、甲東園駅からテクテク歩いて関西学院大学西宮上ヶ原キャ
ンパスにちょっと早めに到着。

関西学院大学西宮上ヶ原キャンパスは、大好きな建築家W・M・ヴォーリズが
手がけた美しい校舎が有名で、甲山を借景に正門から芝生の広場と時計台を
軸に、左右対称にクリーム色の壁と赤瓦の校舎が配置され、均整のとれた美し
さが広がります。
IMG_0428.JPG IMG_0422.JPG
IMG_0435.JPG
かなり冷え込んでいましたが、ウロウロしながら美しい校内をしばし楽しませて
もらいました。

身体の冷え切ったところで、中央講堂に赴き「第28回 コール・セコインデ リサ
イタル」の開演。
IMG_0447.JPG IMG_0434.JPG
素敵なコーラスと冷えた身体が徐々に温まっていくのとがあいまって、心地良い
眠りにいざなわれ、夢の中へ!すみません。でも、本当に気持ち良かったです。
特に、カントリーロードからはじまった第2部のバーバーショップの世界とクリス
マスソング(ほぼ賛美歌)は、楽しく(寝ずに)聴かせていただきました!
そして、最後はいつものようにエントランスホールでお見送りクリスマスソング!
素敵な歌声をありがとうございました。
IMG_0436.JPG
コーラスを聴き終わって外に出たら、ちょうど時計台のイルミネーションも点灯し
幻想的な雰囲気を醸し出していました。美しい!
IMG_0446.JPG IMG_0444.JPG

そして、神戸から大阪に戻り、ヴォーリズ建築やコーラスとは打って変わって雑
踏の京橋の「ぎょうざの満州」さんでタンメン餃子の晩ごはん。
IMG_0464.JPG IMG_0463.JPG
タンメンにはお酢をたっぷりかけて食べるのがお気に入りです。厚めの皮の“3
割うまい!”餃子も美味しい!とは言え、これも大阪っぽくはないんですが・・・。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

勤労に感謝しながらタンゴ [観劇(他)]

朝から曇天模様で冷たい北風が吹いた勤労感謝の日。この日の起源は
新嘗祭と言う神事ってことで、五穀豊穣を感謝しながら、土鍋で炊いた新
米をいただきました。(って言うか、少し前から新米は食べてましたが・・)
IMG_0255.JPG 
そんでもって、日頃の勤労で疲れた心身に感謝をしようと、守口文化セン
ター エナジーホールに「タンゴ・コケータwith ロベルト杉浦 情熱と哀愁
のアルゼンチンタンゴ」を聴きに行ってきました。
IMG_0259.JPG
タンゴ・コケータは、ピアノの吉岡凜さんをリーダーにヴァイオリンの木村
直子さんとバンドネオンの星野俊路さんで結成したユニット。今回は、ゲス
トにコントラバスの大塚功さん、そして、タンゴ・ラテン歌手のロベルト杉浦
さんを迎えての演奏会でした。

タンゴ・コケータのメンバーの方々がステージに現れ、先ずは、官能的な
“エル・チョクロ”の演奏がはじまり、次はコンチネンタル・タンゴをアレンジ
した“奥様お手をどうぞ”と続き、数曲の後、舞台袖から自分でマイクスタ
ンドを抱えて、ロベルト杉浦さんの登場!蝶ネクタイをしめた昭和の漫談
師のようなちょいと怪しげなおじさんって風貌で、これまた漫談のように、
次に歌うタンゴの歌詞の訳を身振り手振りで解説して“最後の盃”を歌い
出されたんですが、別人のような迫力の歌声(失礼ですが・・)!ビックリ
しました。ラテン語の歌詞がまったくわからないので、歌う前に内容を解
説してもらうと親しみを持って聴けた気がします。
そして、“小さな喫茶店”や“ジェラシー”など耳馴染みの曲を聴いて1部の
終了。

休憩の後は、吉岡凜さんが情熱的に奏でる“鍵盤の悲しみ”から、2部が
はじまり、最後はリベルタンゴ。そして、アンコールは、ロベルト杉浦さんの
歌声が響く“想いの届く日”と、これを聴かなきゃアルゼンチン・タンゴを聴
きにいた甲斐が無いでしょうって感じで“ラ・クンパルシータ”で、〆と相成
りました。

普段はほとんど音楽を聴かず、アート系の中でも音楽は門外漢ですが、
なぜかタンゴは好きなんですよね。素敵な演奏をありがとうございました。
北風で冷えた身体が内側から熱くなった感じです。

タンゴの前の腹ごしらえは、守口京阪百貨店にある「自然麺 追立」さんで
野菜とフカヒレのとろみ醤油ラーメンをすすりました。
IMG_0258.JPG
薬膳風の味付けで少し癖はありましたが、サッパリとしたラーメンで美味し
かったですよ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

夏のオペラは夏のファンタジー [観劇(他)]

今日は、夏のはじめの恒例になっているオペラ鑑賞仲間の方々と佐渡さんの
オペラを観に兵庫県立芸術文化センターに行ってきました。
今年の演目は、シェイクスピア没後400年にちなんで、ベンジャミン・ブリテン
作曲の「佐渡裕芸術監督プロデュースオペラ2016 歌劇 夏の夜の夢」。
夏の夜の夢.jpg  
指揮はもちろん佐渡裕さん、演出と美術はアントニー・マクドナルド氏。妖精の
王オーベロンには彌勒忠史さん、妖精の女王ティターニアには森谷真理さん、
妖精パックにはダンサーの塩谷南さん。

賑わう会場に入り、シェイクスピアの顔が描かれた緞帳を眺めながら解説の
あらすじを読み待つこと暫し。
IMG_7882.JPG 
佐渡さんが登場し演奏は始まったけど幕が上がる気配も無く、何だと思って
いたらシェイクスピアの顔の横から、駆落ちしたハーミア(クレア・プレスランド
さん)とライサンダー(ピーター・カークさん)に続いて、ハーミアを追いかける
ディミートリアス(チャールズ・ライスさん)とディミートリアスを追うヘレナ(イー
ファ・ミスケリーさん)も出てきて袖へ。

そして幕が上がると幻想的な妖精の国!そこでは、妖精の王オーベロンと女
王ティターニアが、カワイイ少年を取り合って夫婦喧嘩!ティターニアに少年
を連れて行かれたオーベロンが怒り意地悪をしようと妖精のパックに、雫を
瞼に塗ると目覚めたときに最初に見たものと恋に落ちる花を取ってこさせる。
そこに駆け落ちとそれを追いかける4人の人間の若者が現れ、すったもんだ
の大騒ぎ!それを見ていたオーベロンが、ヘレナの恋を成就させてやろうと
ディミートリアスの瞼に花の雫を塗らせたつもりが、間違ってライサンダーに
塗ったことから人間の男女4人の関係がハチャメチャに!

一方、本来の目的だったティターニアの瞼に花の雫を塗ることは成功。
パックは、シーシアス公爵の結婚式に上演する芝居の稽古をしていた町の
職人の一人、ボトム(アラン・ユーイングさん)の頭を魔法でロバに変え、なん
と目覚めたティターニア、そのロバ男と恋に落ちてしまう!

人間の男女4人がハチャメチャになっているのを見たオーベロンは、4人の
関係を修復しようとディミートリアスの瞼に花の雫を塗ったが、状況はさらに
悪化し、ヘレナを奪い合って2人が決闘をしだす破目に!
見かねて4人を森で眠らせ魔法を解く。そして、ロバ男に恋をさせたことで
ティターニアに恥をかかせ、気持ちもはれたので、こちらの魔法も解いて
あげ、かなり強引ですが一件落着!?

ここで話は一気に変わり、なぜか袴をはいて金色の胴を付けたシーシアス
公爵(森雅史さん)と婚約者ヒポリタ(清水華澄さん)が登場し、職人たちの
滑稽な芝居のはじまり!展開と関係無く大笑いさせてもらいました。
そんな芝居も終わり人間たちは眠りにつき、最後は妖精の歌とパックのダ
ンスと向上で終演をなりました。

妖精は日本語、人間は英語で歌うという演出。舞台装置も凝っていて、回り
舞台で話の展開に合わせて3場面がどんどん切り替わることで、妖精の世
界と人間の世界が複雑に絡み合う話を、ブツ切れにすることなく流れるよう
に見せてもらいました。素晴らしい!(模型ですがこんな雰囲気)
IMG_7878.JPG IMG_7879.JPG 
IMG_7880.JPG 
もちろん佐渡さんの音楽も最高でした。

そして、こちらも恒例になっている観劇後の食事会。今年も、芦屋の割烹
「旬菜 風」さんにお世話になりました。
IMG_7883.JPG 
先ずは、前菜の盛り合わせ。そして、最初のお酒は、獺祭スパークリング
(私は飲めませんが・・!)。
IMG_7885.JPG IMG_7886.JPG 
レンコンまんじゅう、炙った金目鯛と天然真鯛に〆鯖には、オーストラリア
のワイン2013COWRA SAKURA SHIRAZや日本酒として南方とIce
Breakerなどなど。
IMG_7887.JPG IMG_7892.JPG 
IMG_7889.JPG IMG_7890.JPG 
そして、穴子の天ぷらには焼き茄子と冬瓜、お酒は白ワイン(ワインを空
けて横にすると!あらら!)。
IMG_7893.JPG IMG_7901.JPG 
和牛の朴葉味噌焼きにご飯と味噌汁と野生のルイボスティーでお口さっ
ぱり!最後は抹茶アイスで〆でした。
IMG_7898.JPG IMG_7900.JPG 
IMG_7902.JPG 
今年も美味しい料理をありがとうございました。

そして、チケットの手配から食事会の手配まで、なにからなにまでお世話
になったKさん、本当にありがとうございました。感謝です。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

お寺でジャズと落語 [観劇(他)]

今日は、いつもお世話になっている梅田のパイルドライバーさんで、面白い
イベントがあるよ!と紹介してもらった噺家の桂南光さんとジャズシンガーの
河村恭子が共演する「落語とJAZZのあかさたな」を聴きに千林商店街近く
の浄願寺に行ってきました。
a0123666_2210208.jpg 
ポタリングで千林商店街まで出向いたんですが、あまりの暑さにライブ前か
らヘロヘロになりそうだったのと、場所がお寺ってことで暑いんじゃないか?
と懸念し、とりあえずクールダウンしようと、商店街にある甘味処「角屋」さん
でかき氷の白玉ミルク金時をいただきました。
IMG_7860.JPG
さすがの安定感、美味しくって懐かしい風味のかき氷で、ひんやりさせても
らいました。

ひと息ついたところで浄願寺へ。小さなお寺ですが、和尚さんがジャズ好き
で、本堂にピアノを置いてあり、不定期に無料のジャズライブを開催してい
るそうです。
IMG_7859.JPG IMG_7861.JPG
そんな本堂に入ったんですが、ステージ右手にご本尊、お寺によくある和風
の椅子が並んでいるとライブと言うより法要って雰囲気に戸惑いながら待つ
こと暫し、河村恭子さんとゲストミュージシャンとしてギターの橋本裕さんに
ベース西川サトシさんが登場し、先ずはジャズライブがはじまりました。
IMG_7862.JPG
ムーン・リバーやシャレードなどオードリー・ヘプバーンの映画音楽やブルー
ムーンなど耳馴染みの曲も聴けて、まったりとした夕暮れのひと時を楽しみ
ました。

ジャズの1ステージ目が終わると、ステージに脚立が並べられて高座が作ら
れ、次に南光さんの登場。
IMG_7866.JPG
ジャズ好きの南光さんのジャズとのかかわりからはじまった枕は、本編に向
けて夏の風物詩的な話に移り、夏のネタ「青菜」と相成りました。
久々に南光さんの噺を聞いた気がしますが、やっぱり面白いですね!大笑
いさせてもらいました。

落語の後は、河村さんと南光さんでジャズと落語の共通点についての対談。
IMG_7869.JPG
どちらもスタンダードな曲や噺を色々な人が演奏したり話したりしながらも、
演者によって雰囲気ががらりと変わる点が共通点としてあげられ、それに間
やアドリブの大切さなどの話で盛り上がり、昔、枝雀さんがやった小噺とジャ
ズギターの掛け合いを今度はやってみたいと南光さんから提案があり、2度
目がありそうな嬉しい展開になりました。

対談後は、再びジャズライブのはじまり。徐州夜曲や永さんを偲んだ黄昏の
ビギンなど日本語の曲も混じって、最後は飛び入りで河村さんの友人のサッ
クスとピアノの奏者さんも加わって5人でTake Five。そして、アンコールも
5人でOver the Rainbowを賑やかに演奏して終演となりました。
IMG_7871.JPG
100人ほどのお客さんで本堂は満員御礼!楽しいジャズと落語のひと時で
した。感謝です。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

古民家カフェでまったりと観劇 [観劇(他)]

昼過ぎまで雨が残った土曜日。今日は、お世話になっているN森さんから
紹介してもらった「劇団 黒テント」さんの公演「物語る演劇 山崎方代」を観
に西天満の古民家カフェ「チャクラ」さんに行ってきました。
13606441_920911334684524_8012261227463404887_n.jpg 13599814_920911351351189_5760812108304765447_n.jpg 
古い建物をほぼそのままの状態で使っている風情のあるカフェの一角に
テーブルと椅子が置かれて舞台が設えてはありました。が、客席の方も同
様にテーブルや椅子が並んでいるので、舞台と客席が近いというか地続き
と言うか、そんな感じの空間で、出演の役者さんから団扇などを受け取りな
がら開演までの時間をまったりと凄し、時間になってお客さんが揃ったとこ
ろで、なんとなく役者さんが前の方に出てきて、それぞれお気に入りの短歌
を披露して公演のはじまり。
13620027_920911324684525_5449054270569712720_n.jpg
山崎方代と言う方は、昭和に活躍した歌人で、横浜に嫁いだ姉の家や鎌倉
の友人宅の庭に建てたプレハブに暮らしながらひたすら歌を詠み続けた人
だそうで、その伝記本とも言える田澤拓也氏著の“無用の達人 山崎方代”を
ベースに、象徴的なエピソードとその時々にちなんだ昭和歌謡を交えながら、
方代の人となりを、5人の出演者で語り紡いでいく感じのとても素敵な舞台
でした。

観劇前の腹ごしらえは、西天満の「西洋料理 いまとむかし」さんでランチを
いただきました。
13592318_920896534686004_2057593826944464561_n.jpg 
13567356_920896528019338_8673931835999051742_n.jpg 13626423_920896558019335_7216691305028563607_n.jpg
メニューは、さつまいもとビーツの冷製スープにハンバーグとカツオのムニ
エル南仏ソース。冷たくってほんのり甘いスープも香ばしく焼かれたカツオ
のムニエルもとても美味しかったです。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - 観劇(他) ブログトップ