So-net無料ブログ作成

今年も志の輔さんの落語 [落語]

曇天模様で少し肌寒いパッとしない天気でしたが、今日は、
7年目になると言う森ノ宮のピロティホールに立川志の輔
さんの独演会「志の輔らくご in 森ノ宮 2017」を聴きに
行ってきました。
22308820.jpg 22221646.jpg 
今回の演目。先ずは、前座の志の麿さんが登場して“真田
小僧”。ませた子供がちょいとのんきなお父さんから金を
巻き上げる噺で、笑わせてもらいました。

そして、志の輔さんが舞台に上がり、今回の選挙に関する
まくらをしばし、当確があまりに早く出過ぎるので、枝豆
をつまみビールを飲みながら選挙速報のテレビを見る楽し
みが無くなったと言う、以前も選挙前で同じようなまくら
を聞いた記憶もあるんですが、選挙ネタからの忖度と言う
日本の独特の文化?風習?と微妙な日本語表現と落語の味
わいの話しから、本編“バールのよなもの”へ。
“のようなもの”と聞くと、森田芳光監督の映画を思い出し
たりもしますが、こちらは、それとは関係無く、ニュース
の常套句のバールのよなものとは、バールでは無いと言う
ご隠居の説明にのっかって、行きつけの飲み屋のお姉ちゃ
んとの関係を、妾のようなものと奥さんに説明したからエ
ライ事に!と言う新作落語。何回聴いても、めちゃ面白い!

そして、中入り後は、たっぷりと古典って感じで“井戸の
茶碗”。
正直者のくず屋さんに裏長屋に住む浪人と細川家の若侍、
悪人が一人も出てこない、ある意味ファンタジーによう
な話。最近、国のトップの子供の喧嘩のようなやり取り、
金がらみや忖度話、大義の無い大儀な選挙などなど、嫌
なニュースばかり耳にするので、落語の世界で心が洗わ
れた気分でした。

落語の後は、京橋の「ぎょうざの満州」でハーフタンメン
と餃子。
22279484.jpg 
餃子とタンメンは安定のうまさですが、お店までの道すが
ら、パンツが見えそうなくらい短いスカートのスーツっぽ
い姿の色っぽいお姉ちゃんが1mおきくらいに並んでいて、
さすが京橋って感じでした!

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

まったりと新世界で蕎麦と落語 [落語]

今日は、新世界にある蕎麦屋「総本家 更科」さんで、ざる
そばを手繰り、その後、道楽亭で十月昼席。まったりと休
暇週の最終日を過ごしました。
21430235.jpg 22089999.jpg 
開場後、ほど無く道楽亭に入ると、ざこばさんが舞台に上
がられてるじゃないですか!慌てて席について、話をうか
がうと、開演までの30分ほどの間、脳梗塞のリハビリがて
ら近況報告をしてらっしゃいました。
憶えた落語もなかなか出てこないのがくやしいおっしゃて
いたのが印象的で、「落語がやりたい!」と言う言葉に心
打たれました。
お弟子さんの名前も出てこない時期があって、塩鯛さんを
塩鮪と言ったと・・しっかり笑もとってらっしゃいました。
塩鮪に関しては、その後に舞台に上がった塩鯛さんがまく
らで、本当の話だと言ってらして、間違うにしても塩鮪は
ヘンだろう!塩鯖ならまだしも塩鮪なんて言葉は無いと、
しっかりここでも笑いにしてらっしゃいました。
22050038.jpg 
そんなこんなの、本日の道楽亭昼席の演目は、優々さんで
“阿弥陀池”、そうばさんで“餅屋問答”、塩鯛さんで“上燗屋”、
紅雀さんで“かぜうどん”、中入り後は、よね吉さんで“稽古
屋”、最後は米輔さんで“佐々木裁き”でした。
塩鯛さんの“上燗屋”で、居酒屋の店主にからんだ男が、紅
雀さんの“かぜうどん”で、うどん屋にからむと言う話の流
れに、寄席の風情を感じた楽しいひと時でした。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

有休の定番? [落語]

爽やかに晴れた金曜日。今日は有休ってことでのんびり起きて、
天気も良いので街をウロウロしながら、少し前に、知り合いが、
Fbで大阪で広島風お好み焼きの食べられる店のことを話題をし
ていて、曖昧な記憶で、天六あたりにあったような気がすると
コメントしたのを思い出し、なんとなく気になったので確認に
行ってみました。ってことで、今日の昼ごはんは、天六近くに
ある広島風お好み焼きの食べられる店「厳島」さんで、一番シ
ンプルな肉玉(そば)をいただきました。
21150181.jpg 21231636.jpg 
ソースは、やっぱりオタフクソースですね。美味しい!

そして、有休の定番?って感じで、動物園前の道楽亭に昼席を
聴きに。
21151759.jpg 
今日の演目。先ずは、弥太郎さんで“子ほめ”。次は、9月に入り
朝夕は若干涼しくなって夏も終わりって雰囲気ですが昼間はま
だまだ暑い大阪の夏の名残で感じで吉の丞さんの“遊山船”。
そして、正統派って感じでキッチリとした話を聞かせてくれる
千朝さんで堅いお話“佐々木裁き”。中トリは、勢いのある南天
さんは無茶苦茶な茶道の話で笑わしてもらった“茶の湯”でした。
中入り後、買い物上手と言うより詐欺の話?歌之助さんで“つぼ
算”。最後は、南光さんで相撲の話と言うより提灯屋のおじさん
の妙な活躍?を描いた“花筏”でした。

さすがに、このメンバーだと平日でもほぼ満席。講釈場では無
いですが、なんとなくいらぬ親父の捨てどころって風情です。
私も含めて!苦笑

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

お盆ってことで四天王寺さんへ [落語]

ブログでお盆休みの何日目と書いていながら、そう言えばお盆ら
しいことはなにもしてないなと思い、お盆休みの4日目の今日は、
聖徳太子が建立し、宗派を問わずご供養を行なっていると言う四
天王寺さんへ、お参りに行ってきました。
IMG_4412.JPG 
北の引導鐘の響きを耳に、六時堂と金堂にお参りさせてもらった
んですが、この時期、夜に孟蘭盆会万灯供養法要が行われていて
らしく、中心伽藍をはじめ六時堂や南北の鐘堂にも無数(万灯会
と言うくらいなので1万基ほどあるそうですが・・)の灯篭が揺
れていました。
IMG_4414.JPG IMG_4406.JPG 
IMG_4402.JPG IMG_4404.JPG 
IMG_4411.JPG 
夜はさぞかし幻想的だろうと思いながら昼の姿を眺めさせてもら
いました。

そして、天王寺での昼ごはんは四天王寺の参道にあるカフェ「食
堂 虹の仏」さんで、スパイスカレー(出汁キーマにらっきょう
トッピング)をいただきました。
IMG_4398.JPG IMG_4396.JPG 
3種のカレーから選んだ1種と豆カレーがあいがけされ、一緒の皿
に盛られた薬味や副菜も混ぜて食べるスリランカ風で、スパイス
の香り高く、辛さはマイルドな美味しいカレーでした。

四天王寺さんにお参りした後は、動物園前まで足を運んで、道楽
亭八月昼席を聴かせてもらいました。
IMG_4425.JPG 
今日の演目は、米輝さんで“子ほめ”、ひろばさんで“七段目”。多
芸の笑丸さんは“居候講釈”を話しながら少女と老婆の踊り分けな
どを見せてくれました。中トリは塩鯛さんで“ふたなり”だったん
ですが、あんまりこの話は好きになれないんですよね。不条理な
落語の世界とは言え、何故に親切なおやじさんが死ななければい
けないのか?と、どぉ~もモヤモヤする話です。
ここで中入りだたんですが、当然、ざこばさんが舞台に登場し、
脳梗塞のリハビリをしつつ、少しづつ活動をはじめている旨の
近況報告をしてくれました。お元気そうなお姿を拝見させても
らって、本当に良かったです。
そして、後半は梅團治さんで“ちはやふる”。最後は、季節モノの
おばけの話(っぽくはないですが・・)で千橘さんの“真田山”で
した。

蒸し暑い中、四天王寺さんから動物園前まで歩く道すがら、ちょ
うど新世界の「甘党 三好」さんの前を通ったので、氷ぜんざい
を頬張って涼をとりました。
IMG_4424.JPG IMG_4421.JPG 
まったりとした粒餡と柔らかな白玉に冷たい氷のシンプルな組み
合わせが美味いです。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

薄桃色の初夏 [落語]

九州では大雨で甚大な被害が出ていて、心配な梅雨の終盤。大阪は
蒸し暑かったんですが、青空も見えたので、先ごろ、知り合いの方
のFacebookで知った藤田美術館裏の大川(旧淀川)ひょうたん池
の蓮を見に行ってきました。

藤田美術館には、春と秋の展覧会の時にお邪魔してるんですが、美
術館の裏に回ったことも無く、ましてや美術館がやっていない梅雨
時に訪問したことは無かったので、蓮の花の咲く池があることも知
りませんでした。
IMG_3451.JPG IMG_3450.JPG 
DSC07051.JPG DSC07044.JPG 
DSC07054.JPG DSC07069.JPG 
IMG_3472.JPG 
蓮の花は朝方に開くので、見ごろは朝なんですが、早く起きられま
せでした!でも、キレイでしたよ。

ひょうたん池で蓮を見た後は、汗だくで歩いて、大阪天満宮横にあ
るビストロ「ル・レストラン・ドゥ・ヨシモト」さんで、淡路島産
鰯のプロヴァンス風ランチをいただきました。
IMG_3465.JPG 
冷たいジャガイモのヴィシソワーズの真ん中にはコンソメのジュレ、
メインの大きな鰯はサクサクでたっぷりのラタトゥイユの付け合わ
せも美味しい。
IMG_3456.JPG IMG_3457.JPG 
そしてデザートは、初夏の風物詩、白桃のまるごとコンポート(実は
これがお目当でした)。
IMG_3461.JPG 
桃は河内長野産だそうで、上品な甘みで桃の風味を濃縮したような
美味さです。

そして、道楽亭の昼席を聴きに南森町から動物園前に移動。
IMG_3471.JPG 
今日の演目は、そうばさんで“粗忽の使者”、二乗さんで“短命”、千朝
さんで“替り目”、あさ吉さんで“はてなの茶碗”。中入り後、紅雀さん
で“いらち俥”、米左さんで“くっしゃみ講釈”でした。
久々の紅雀さんでしたが、壮絶な自動車事故話のまくらに続いてこち
らも壮絶ないらち俥!徹麻明けで妙なテンションの落語を楽しませて
もらいました!笑

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

緊張感のある落語 [落語]

今日は有休ってことで、のんびり起きて道楽亭の昼席を聴きに
行ってきました。
19225062.jpg 
本日の演目は、團治郎さんで“道具屋”、雀五郎さんで“初天神”、
三ノ助さんで“お忘れ物承り所”、枝女太さんで“猿後家”、福車
さんで“大阪人は誰だ?”、小枝さんで“船弁慶”でした。
が、開場から10分たっても、お客さんは私だけ!ヒエェ~~!
ひとり。。。と、思っていたら20分たってお客さんが3人にな
りホッとしました。そして開演ギリギリにもう1人入ってきて、
総勢4人!その4人が座椅子の並べられた会場の四隅に座ってい
ると言う、なんとも微妙な雰囲気で落語がはじまりました。

開口一番の團治郎さん曰く、演者6人と三味線のお姉さん1人を
加えて総勢7人に対して、お客さん4人!それも会場に散ってい
てどこ見て話をしていいか判らない!と言いつつ道具屋を元気
に話され、次の雀五郎さんは人数なんて意に介せずって感じで、
いつものように黙々と話しに集中。

その後も、お客さんと演者の方々の間に妙な緊張感のようなも
のが漂っていたせいか?気を抜いたような噺をする人はおらず、
さすがにまくらは短めでしたが、本編の落語の方は気の入った
噺を聴かせてもらいました。
あまりに人数が少ないの大声で笑うとはいきませんでしたが、
くすくす笑いでおおいに楽しませてもらいました。

講談では、たまにこれ位の人数は経験していましたが、落語で
は初めてでした。初めてと言えば小枝さんの落語を聴いたのは
今回が初めてだったかも!?梅雨入り以降、雨が降りませんが、
船弁慶で季節を感じさせてもらいました。

道楽亭の昼席に向かう道すがら、船場センタービルの「華風料
理 一芳亭」さんで酢豚定食をいただきました。
19060149.jpg 
ふんわり柔らかなしゅうまい、めちゃ美味しい!

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

初はったつさん [落語]

GW7日目。今日は5月5日、快晴のこどもの日となりました。
そして、5月の初辰ってことで住吉大社のはったつさん(初辰
まいり)に行ってきました。
IMG_2675.JPG 
以前、住吉大社界隈の散策会のおりに、初辰まいりの話は聞い
ていたんですが、なかなか行く機会も無く、一度はお参りをし
たいと思っていた次第です。
初辰まいり自体は毎月の初辰の日に行われるそうですが、特に
5月はご利益がいつにも増して有るそうです!ありがたや~!

先ずは、名物の太鼓橋を渡り、角鳥居をくぐって、住吉大社に
参拝。
IMG_2600.JPG IMG_2668.JPG 
IMG_2602.JPG 
IMG_2604.JPG IMG_2606.JPG 
そして、いよいよ初辰まいりの始まりですが、住吉大社自体に
お参りするのではなく、末社を巡るながらお参りをします。
お参りは、順番が決まっていて、先ず“種貸社”で籾種をもらい、
次に“楠珺社”で稲穂に交換するんですが、ここでは招福猫と言
う招き猫を買って、これを48体集めると中猫に交換、中猫を48
体集めると大猫に交換でき、大猫を左右でそろえて大願成就と
なるそうです(月に1回通って、24年かかるそうです!)。
IMG_2607.JPG IMG_2622.JPG  
IMG_2623.JPG IMG_2618.JPG 
今日は、5月の初辰大祭と言うことで餅まきなども行われていま
した。

その次の“浅沢社”は、お参りだけなんですが、ここは万葉集で
“住吉の浅沢小野の杜若、衣に摺り付け着む日知らずも”と詠わ
れるほど杜若が有名だそうで、ちょうど社の周りの池では杜若
が咲き始めていました。
IMG_2628.JPG 
IMG_2630.JPG IMG_2638.JPG 
最後は、“大歳社”で稲穂を御神米に変えてもらって、それを家
でいただくと言う流れです。
IMG_2634.JPG 
初辰まいりを済ませ、住吉大社の境内にある卯の花苑に立ち寄
ると、“卯の花の匂う垣根に、時鳥早も来鳴きて忍音もらす、夏
は来ぬ♪”の歌の文句の時鳥じゃないですが、香りに誘われ蝶が
舞ってました。
IMG_2644.JPG IMG_2664.JPG 

住吉大社での昼ごはんは、「住吉 廣田家」さんで、名物の豆めし
をいただきました。
IMG_2673.JPG IMG_2670.JPG 
豆がえんどう豆じゃなくって大豆なのでちょっと地味ですが、香
ばしくって美味しかったです。

すみよっさんにお参りした後は、動物園前の道楽亭に五月昼席を
聴きに行きました。
IMG_2676.JPG 
今日の演目は、團治郎さんで“桃太郎”、ちょうばさんで“おごろ
もち盗人”、出丸さんで“八五郎坊主”、九雀さんで“青菜”。中入
りを挟んで、よね吉さんの“芝居道楽(七段目)”、トリは、ざこ
ばさんで“子は鎹(子別れ)”でした。
さすがGWって感じで、今日は満員御礼!
いゃ~~!面白かったです。

初辰まいりもイイですが、5月5日は端午の節句ってことで“柏餅”
を買ってきました。
IMG_2681.JPG 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

お彼岸の落語 [落語]

暑さ寒さも彼岸までって言葉がぴったりって感じで、厚手のシャツ一枚
でも大丈夫そうなぽかぽか陽気!そんな、お彼岸の中日の今日は、田舎
からは遠く離れてますが、彼岸参りでもしようと、四天王寺さんと一心
寺さんにお参りに行ってきました。

先ずは、落語の天王寺詣りでもないですが、聖徳太子建立の寺と言われ
る四天王寺さんへ。
IMG_1557.JPG 
落語の描写よろしく、春季彼岸会ってことで、参道はもちろん境内の中
も露店がたくさん出ていて賑わってました。

中心伽藍の講堂と金堂は修復中と言う事で防音シートに覆われ、整然と
お堂が並んだ美しい姿を拝むことはできませんでしたが、こちらも落語
の“鷺取り”でもお馴染みの五重塔を見上げて四天王寺さんの風情を感じ
させてもらいました!塔のてっぺんにしがみついている人はいませんで
したが・・!笑
IMG_1558.JPG 
そして、鐘つきの人が並ぶ引導の鐘(北鐘堂)を横目に六時礼讃堂にも
お参り、お堂の前の池では、春の太陽の下で多数の亀が甲羅干しの真っ
最中!ここまで多いと不気味と言うか笑えますね!
IMG_1550.JPG 
IMG_1552.JPG IMG_1554.JPG 
春っぽいと言えば、地蔵山の前では、徳島産の蜂須賀桜が満開の花を咲
かせていました。
IMG_1545.JPG IMG_1548.JPG 
お彼岸の中日は、極楽門と石の鳥居から真西に沈む夕日を拝む日想観の
法要が行われる日だと思いながら、まだまだ日の高い四天王寺をあとに
しました。
IMG_1563.JPG 
次は、納骨された遺骨で阿弥陀如来像を作る骨仏の寺として有名な一心
寺さんへ。
IMG_1581.JPG 
古いお寺なんですが、現代アートのような仁王門と彫刻家神戸峰男さん
の作った青銅製の阿吽の仁王像が印象的なお寺です。
IMG_1583.JPG 
その仁王門の下にある縁結地蔵尊の部屋は、線香の煙がもくもくと充満
し息をするのもままならない!
IMG_1592.JPG 
本堂と納骨堂にお参り、そして、下戸の私には関係無いですが、禁酒祈
願の名所になっている酒でしくじって夏の陣で命を落としたと言う本多
出雲守忠朝の墓にもお参りさせてもらいました!
IMG_1585.JPG IMG_1588.JPG 
IMG_1591.JPG 

四天王寺での昼ごはんは、一心寺の近くにある「うどんの前田」さんで、
カツカレーうどんをすすりました!
IMG_1578.JPG IMG_1579.JPG 
ほど良くスパイシーな美味しいカレーうどんです。が、ボリュームがす
ごくって、お腹いっぱいになりました。

四天王寺さんと一心寺さんにお参りした後は、動物園前の道楽亭に昼席
を聴きに行ってきました。
IMG_1594.JPG 
今日の演目は、りょうばさんで強情灸、ちょうばさんで代書、銀瓶さん
で持参金、団六さんで忠臣蔵外伝神崎与五郎、花團治さんで昭和任侠伝、
鶴志さんで長短でした。天王寺詣りがあればと期待してたんですが・・
残念!

禁酒の願いとは無縁の甘党のお彼岸と言えばぼた餅!今年の春のお彼岸
は、上賀茂神社のやきもちで有名な「葵家 総本舗」んの田舎風ぼた餅。
IMG_1542.JPG 
甘くて大きい、これぞぼた餅って感じです!

そして、四天王寺詣りの帰りに買った「総本家 釣鐘屋」さんの釣鐘まん
じゅう。
IMG_1596.JPG 
こちらも素朴な風味で美味しい!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

定番から珍品まで [落語]

朝からシトシトと雨が降った日曜日。今日は、道楽亭 昼席を聴きに
動物園前に行ってきました。
16427649.jpg 
今日の演目は、開口一番は、慶治朗さんで“つる”。次は、二乗さんで、
美人奥さんをもらった男の悲劇とそうでもない奥さんをもらった男の
喜劇“短命”。そして、夜は京都で小学校の時の同窓会があるとソワソ
ワ気味だった団朝さんで宴会の予習?って感じで“寄合酒”。中トリは、
じっくりと千朝さんの“鹿政談”。
中入り後は、米紫さんで“堺飛脚”、米朝さんが掘り起こしたネタで、
今では米紫さん以外、やる人がいないという珍しい話だそうです(や
らない理由は聴くと判ります!)。
最後は、米左さんで“宿屋仇”、日本橋の宿で、伊勢参りの賑やかな3人
組の客と隣り合わせのになったお侍、騒がしい隣の客を静めるために
とった奇策とは?って話で、米左さん演じる賑やかな客たちと宿の若
い衆伊八の困った風情がなんとも素晴らしい!楽しく笑わせてもらい
ました。

落語前の腹ごしらえは、天神橋筋商店街にある他人丼の専門店と言う
珍しいお店「あか乃」さんで、もちろん他人丼をいただきました。
16427426.jpg 16508806.jpg 
先ずは、そのまま食べて、次に汲み上げ湯葉と大根おろしをのせ、最
後に肉吸いをかけて食べる、ひつまぶしスタイルの他人丼。
味の変化も楽しめて、めちゃ美味しかったです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

初笑い [落語]

朝から冷たい雨の降る3連休の中日、今日は、今年の初笑いって感じで、
兵庫県立芸術文化センター阪急中ホールに「上方新鋭落語会2017」を
聴きに行ってきました。
15826565.jpg 
今日の演目。最初は、団治郎さんで“桃太郎”、次は、ちょうばさんの“読
書の時間”。新作落語が2作続いて3番手は、紅雀さんで古典の“親子酒”、
そして、南天さんの“火焔太鼓”。中入り後、米紫さんの“厩火事”でした。
最後は、南天さんが司会で、会場からお題をもらっての“なぞかけ”と、南
天さんがハリセンでしばきまわす“タ抜きの桃太郎”と言う、ドSな感じの大
喜利を楽しませてもらいました。
上方版の火焔太鼓を初めて聞きましたが、道具屋さんのくだりは一緒で、
買うのがお殿様ではなく豪商の住友吉左衛門と言うのが大阪っぽくって
面白い!(南光さんが上方風に工夫したネタみたいです。)
紅雀さんの酔っぱらいと米紫さんの髪結いのおかみさんの所作でも大笑
いさせてもらいました。

楽しく落語で初笑いした帰り、4/1に同じ芸文中ホールで行われる茂山狂
言会のチケット購入して大阪に戻りました。ちょっと先ですがこちらも楽しみ
です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感