So-net無料ブログ作成

GW最終日は西宮で文楽! [文楽]

昼から曇天模様で、夕方から雨が降り出したGWの最終日。
今日は、いつもの観劇仲間の方々と兵庫県立芸術文化セン
ター 阪急 中ホールに「文楽 in Hyogo 恋女房染分手綱」
を観に行ってきました。
文楽inhyogo.jpg 
いつもの国立文楽劇場で観る文楽と内容は同じですが、劇
場の構造の違いで、ちょっと見下ろす感じで観る文楽の舞
台も新鮮です。

第1部は、兵庫在住で昨年人間国宝になられた人形遣いの
吉田和生さんと、同じく昨年襲名された豊竹呂太夫さんの
「芸歴50年」と銘打ったトークショー(聞き手は河内厚郎
さん)。
おふたりは(出会いの記憶に若干の違いはありますが)同
期だそうで、それぞれなんとなくの成り行きで文楽に足を
踏み入れ、それから50年だそうで、東大を落ちて、文楽
のシュールさに興味を持ってはじめた呂太夫さん。京都に
行った帰りに人形の頭作りを見に行ったら、そのまま何故
か人形遣いに入門してしまった和生さんって感じで・・・
面白い!
呂太夫さんのルターを題材にした文楽も見てみたいです。

そして第2部は、「恋女房染分手綱」から道中双六の段を
豊竹希太夫さんと豊竹亘太夫さん、三味線の鶴澤友之助さ
んと鶴澤清允さんの素浄瑠璃で聴かせてもらいました。
まだまだ子供のお姫様が関東に嫁入りすることになったけ
ど、出発の日になっても行くのを嫌がって、乳母重の井な
どがなだめても聞いてくれない。そこに三吉という子供の
馬方が出てきて、関東への道すがらの面白さを道中双六で
紹介してくれお姫様が面白がって出発することになると言
う場面。ここの明るさが次の子別れの段の悲しみを際立た
せる段って感じです。

そして次の、"重の井子別れの段”では、吉田和生さんの
人形が登場、豊竹呂太夫さんと鶴澤清友さんの浄瑠璃にの
せて、悲しい別れの場面を切々と見せてもらいました。
三吉は、実は乳母重の井の実の子供与之助なんですが、三
吉は、家老の息子と重の井の不義密通でできた子供で、こ
のために夫は追放、重の井の親が身代わりに切腹している
経緯があり、また、乳母である重の井のことでお姫様の婚
礼に傷がつくのを恐れ、三吉を突き放すと言う話。最後に
三吉が悲しく馬子唄を歌うところがなんとも切ない。

劇場で配るチラシといっしょに入っていた「ものがたり街
道Ⅱ こころの道行 二十番」と言う、今回のトークショー
の司会者河内厚郎さんが編集して関西広域連合が作った古
典演目ゆかりの場所を紹介した冊子。めちゃ面白そうです。
31946600.jpg 
河内さん曰く、Ⅰもあって、Ⅰは西国巡礼になぞって古典
演目ゆかりの33ヶ所を紹介しているそうで、Ⅱはそこにも
れた20ヶ所を載せたそうです。Ⅰも欲しいぃ~~~!

芸文近くの「民芸居酒屋 ふじや」さんで観劇後の食事会。
31945423.jpg 31948208.jpg 
31948694.jpg 31956427.jpg 
31956630.jpg 31960207.jpg 
32089403.jpg 31961402.jpg 
31598669.jpg 31945088.jpg 
玉子豆腐の木の芽餡、胡瓜の漬物、じゃこ天、筍の木の芽
和え、ホタルイカの酢味噌、鶏の唐揚げ、オニオンリング、
鰯の梅肉揚げ、角煮、変わり明石焼き、チジミなど、どの
料理も美味しかったです。

いつもながら、チケットのご手配や居酒屋の予約などお世
話になりっぱなしで、本当にありがとうございました。

nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 2

shioshio

こんにちは。記事を読んで「ものがたり街道」を私も欲しくなり調べてみたら京都府庁で手に入るとか。今日その近くへ行くのであなたの分も手に入れてきます。明日以降パイルに預けます。
by shioshio (2018-05-07 09:55) 

kengo

shioshioさん
ご無沙汰しております。
京都府庁にも置いてあるんですね。
入手していただけるとありがたいです。
文楽や歌舞伎にちなんだ場所を訪問するのは、昔から好きでしたので、
33と20で53ヶ所紹介してあったら、行ってみたいところがたくさん
ありそうな気がします。
そう言えば、芦屋の万葉集の絵、見に行きました。
現代日本画はほとんど見ないんですが、今回、万葉集の解説が付いていて
面白かったです。
by kengo (2018-05-07 20:18) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。