So-net無料ブログ作成

京都、散りゆく桜と文人画 [美術館]

花冷えと言うにも、ここのところの初夏のような陽気で、
桜は早くも散ってしまいましたが、例年の気温に戻って
風の冷たかった今日は、京都国立博物館 平成知新館で本
日からはじまった特別展「池大雅 天衣無縫の旅の画家」
を観に行ってきました。
30124342.jpg 30124806.jpg 
30126917.jpg 
池大雅は、江戸時代の南画で有名な絵師なので、日本画の
色々な企画の展覧会でちょこちょこは目にしてたんですが、
池大雅だけの展覧会と言うのは観たことがなかったので、
どんなんだろうと思って足を運んだ次第です。

池大雅の肖像画からはじまり、子供の頃は、絵よりも書の
方で神童と呼ばれるほど上手かったみたいで、初期の作品
は絵が半分、書が半分と言う感じの構成。字の上手さはよ
く分かりませんが、名を残す人は、やっぱり若いころから
上手いですよね。書で面白かったのは、"奉白隠禅師入門
偈”と言う白隠禅師の公案隻手音声に大雅が回答したモノが
ありました。

大雅が、筆の代わりに指で描いた"指墨画”を集めたコーナ
ーがあって、指でどうやって描いたんだろう?と思うよう
な大きな屏風絵も置いてあり、文人画っでなんとなく隠と
んして静かに描いているイメージでしたが、パフォーマン
スみたいなこともやってたんだと驚きました。

南画なので中国画をベースにした絵が多いんですが、大雅
が日本各地を訪ねて描いた絵も展示してあり、情緒溢れる
素敵な作品が多数並んでいました。"日本十二景図”など、
このシリーズが一番好きだったかもです。
お気に入りと言えば、大雅の奥さんの玉瀾の絵が優しいタ
ッチで素晴らしく、特に"離合山水図”は心に残りました。

これだけまとめて池大雅を観たのは初めてでしたが、思っ
た以上に面白かったです。

絵を観る前に先ずは、腹ごしらえって感じで、京博の近く
にある「手作りの洋食屋さん 里」でハンバーグ定食をいた
だきました。
30124845.jpg 30261302.jpg 
京都っぽくはないですが、濃い目の味付けが美味しい! 

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。