So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

魅惑のヒト型 [美術館]

今日は、大阪市立東洋陶磁美術館で開催中の「唐代胡人俑
シルクロードを駆けた夢」を観に行ってきました。
IMG_7245.JPG IMG_7244.JPG 
そもそも“胡人俑”とはなんぞやってことですが、先ず、俑
というのは、秦始皇帝陵の兵馬俑が一番有名だと思うんで
すが、墳墓に副葬された人形のことで、そして、胡人とは、
シルクロード西方のソグド人などの民族を指す中国におけ
る名称だそうです。
今回は、中国の慶城県博物館が所蔵する唐時代の穆泰墓か
ら出土した胡人俑60点あまりが展示してありました。
IMG_7256.JPG IMG_7257.JPG 
IMG_7250.JPG IMG_7252.JPG 
IMG_7259.JPG IMG_7262.JPG 
IMG_7267.JPG IMG_7268.JPG 
IMG_7282.JPG 
IMG_7275.JPG IMG_7258.JPG 
IMG_7265.JPG IMG_7269.JPG 
IMG_7276.JPG IMG_7279.JPG 
加彩胡人俑は、どれも異形でかなりデフォルメはしてあり
ますが、一体一体の表情や表現が活き活きとしていました
し、迫力のある馬やラクダ、美しい加彩女俑など、なんと
も素敵でエキセントリックな雰囲気が漂っていました。
かなり面白かったですよ。
IMG_7316.JPG 
※東洋陶磁が所蔵するぽっちゃり系でカワイイ、加彩婦女
俑も常設展示で見ることができますよ。

今回、連携企画として、同じ中之島にある国立国際美術館
が所蔵する現代アートの人物彫刻10点ほどを「いまを表現
する人間像」と銘打って展示してありました。
IMG_7284.JPG 
佐藤忠良さん、オシップ・ザッキンさん、棚田康司さん、
舟越桂さん、マーク・クインさんなど、観る場所が違う
と、なんとなく印象も変わるのが不思議ですね。
IMG_7290.JPG IMG_7293.JPG 
IMG_7297.JPG IMG_7304.JPG 
IMG_7307.JPG IMG_7309.JPG 
ちょうど陶芸家の方がボランティアとしてギャラリーガイ
ドをしてらしたので、常設(安宅コレクション)の高麗・
韓国・中国陶磁を1時間ほどかけてめぐりながらポイント
になる作品を通して、焼物の歴史や技法などをじっくり解
説をしていただきました。何回も来ている東洋陶磁美術館
ですが、解説を聞くのは初めてで、やっぱり専門家の話は
面白いですね。青磁や白磁などをもっと深く見ることがで
きるようになった気がしました(気がしただけだと思いま
すが・・笑)。ありがとうございました。
IMG_7322.JPG IMG_7319.JPG 
国宝の油滴天目茶碗も並ばずに見ることができて写真も撮
れますし、曲線がエロティックで大好きな飛青磁花生もじ
っくりゆっくり眺めさせてもらいました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

東京出張で六本木不思議アート [美術館]

休日の東京出張。土曜日の昼から秋葉原で仕事ってことで、
東京に向かう新幹線。日本海側の方は大雪で大変なことに
なっていますが、太平洋側は雲ひとつ無い快晴。富士山が
くっきり見えました。美しい!
IMG_7049.JPG 
そして、仕事前の腹ごしらえ、秋葉原の「肉の万世 本店」
さんで、名物のハンバーグを頬張りました。
IMG_7052.JPG 
しっかりと肉感のある美味しいハンバーグでした。

ちょっと時間があったので、神田明神に参拝し、門前の
「天野屋」さんで、明神甘酒をいただきました。
IMG_7062.JPG IMG_7060.JPG 
江戸時代から続く老舗で、天然の土室で作った麹を使った
甘酒、自然なやさしい甘さでめちゃ美味しかったです。

土曜日の仕事は滞りなく済み、せっかくの休日の東京出張
だったので、一泊して気になる展覧会をめぐって来ました。
先ずは、六本木ヒルズの森美術館に「レアンドロ・エルリ
ッヒ展 見ることのリアル」を観に行ってきました。
IMG_7065.JPG 
ホテルを早く出なければいけなかった都合(改装中ってこ
とで安く泊めれたんですが・・・)で、開場よりかなり早
めに六本木ヒルズに着いたので、しばしパブリックアート
探し!ルイーズ・ブルジョアさんの“ママン”、ジャン=ミ
シェル・オトニエルさんの“Kin no Kokoro”、マーティン
・プーリエさんの“守護石”、宮島達男さんの“カウンター・
ヴォイド”とトーマス・サンデルさんの“アンナの石”、吉岡
徳仁さんの“雨に消える椅子”などを眺めているうちに開場
の時間になりました(他にもたくさん作品があります)。
IMG_7069.JPG IMG_7070.JPG 
IMG_7075.JPG IMG_7074.JPG 
そして、楽しみにしていたレアンドロ・エルリッヒさんの
展覧会へ。
IMG_7067.JPG 
エルリッヒさんの名前は知らなくとも、金沢21世紀美術館
の“スイミングプール”と言えば、知っている人も多いと思
います。他に瀬戸内女木島の“不在の存在”など、日本各地
で常設の作品が見られる作家さんです。

人間の目の錯覚や思い込みを利用しただまし絵的な作品が
エルリッヒさんの特徴ってことで、会場に入ると、暗がり
の水面に浮かぶ小船“反射する港”が幻想的に揺れていまし
た(種明かしは是非会場で)。
IMG_7076.JPG 
そして、重なるガラスに描かれた“雲”の立体感が凄いです。
IMG_7081.JPG IMG_7084.JPG 
飛行機やビルなどの窓をテーマにした、ある種の覗き見願
望と第三者的な距離感を楽しむ作品“部屋(監視Ⅰ)”や
“眺め”。
IMG_7102.JPG IMG_7109.JPG 
ガラスを使った実像と虚像が入り混じる作品“教室”、“失わ
れた庭”、“試着室”、“美容院”。
IMG_7088.JPG 
IMG_7110.JPG IMG_7114.JPG 
IMG_7117.JPG IMG_7127.JPG 
今回の目玉は、巨大な鏡を使った擬似無重力体験のできる
“建物”!
IMG_7129.JPG IMG_7135.JPG 
見ていても面白いし、参加するとなお楽しい!素晴らしい
(まさに、昨今、流行のインスタ映え!)。
不思議体験しながら作品を楽しむエルリッヒさんの世界を
満喫しました!
最後に、“スイミングプール”などの模型も展示してありま
した。
IMG_7141.JPG IMG_7142.JPG 
IMG_7143.JPG IMG_7146.JPG 
遠くに富士山が見えました!
IMG_7157.JPG 

いただきモノの招待券が有ったので、サントリー美術館の
「フランス宮廷の磁器 セーヴル、創造の300年」を拝見。
IMG_7222.JPG 
ポンパドゥール夫人やマリー・アントワネットやフランス
国王に愛されたセーヴル磁器の初期の作品から現代までを
紹介する展覧会。
マリー・アントワネットがミルクを飲むように作ったとい
う官能的な“乳房のボウル”からはじまり、宝石のような繊
細で豪華な陶器が息を呑む美しさで並んでいました。
IMG_7224.JPG IMG_7229.JPG 
IMG_7225.JPG IMG_7230.JPG 
IMG_7227.JPG IMG_7228.JPG 
IMG_7235.JPG 
王朝時代の豪華な作品以外に、日本の彫刻家沼田一雅さん
の作品や草間彌生さんの作品なども楽しむことができます。

せっかくなので人類学者の中沢新一さんが展覧会ディレク
ターを務めたと言うことで話題の21_21 DESIGN SIGHT
の「野生展」も拝見。
IMG_7217.JPG IMG_7163.JPG 
野生への入口として先ずは“丸石”が展示され、その横には
熊の彫刻がうずくまっていました。なんだか不思議な雰囲
気が漂っています。
IMG_7167.JPG IMG_7215.JPG 
そして、南方熊楠をテーマに青木美歌さんの粘菌のような
ガラス作品が顕微鏡とともに飾ってありました。
IMG_7176.JPG 
他にも田島征三さんの渦巻く木の実やステファニー・クエ
ールさんのオラウータン、黒田征太郎さんやしりあがり寿
さんの作品が並んでいました。
IMG_7186.JPG IMG_7192.JPG 
IMG_7180.JPG IMG_7181.JPG 
IMG_7184.JPG IMG_7198.JPG 
IMG_7194.JPG IMG_7200.JPG 
IMG_7202.JPG IMG_7208.JPG 
IMG_7212.JPG 
好き嫌いはあるとは思いますが、私としては“みんぱく”で
遊んでいるような楽しい展覧会でした。

そして、昼ごはんは東京ミッドタウンにあるスペイン料理
の店「Bodega Santa Rita」さんで、パスタパエリアのラ
ンチをいただきました。
IMG_7218.JPG IMG_7220.JPG 
香ばしいパスタって感じで、美味しかったです。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

初春は玉三郎さん [歌舞伎]

まだまだお正月気分って感じで、おめでたい初春公演を
観に、大阪松竹座の「坂東玉三郎 初春特別舞踊公演」に
行ってきました。
IMG_7037.JPG 
出演は、坂東玉三郎さんと中村壱太郎さんのおふたり。
日本の四季を4つの舞踊で、たっぷりと優雅で優美に見
せていただきました。
IMG_7038.JPG 
先ずは、“お年賀 口上”。今回は舞踊の公演と言う事で、
本編でのしゃべりが無いので、最初に玉三郎さんと壱太
郎さんが舞台に並んで、ご挨拶と少しだけ演目の紹介の
時間を設けたそうです。
玉三郎さんが東京の江戸歌舞伎で壱太郎さんが関西の上
方歌舞伎、東西の歌舞伎の繁栄を願いつつ、鷺娘のよう
な玉三郎さんが得意とした踊りを次世代に受け継ぐと言
う想いも強く感じられました。

最初の演目は、おふたりで春の“元禄花見踊”。華やかな
舞台で初春公演のおめでたい雰囲気が漂っていました。
華やかな中にも若々しい壱太郎さんと落ち着いてしっと
りした玉三郎さんの対比が素敵でした。

次は、ちょっと季節が飛んで秋の“秋の色種”。こちらも
おふたりで踊られ、秋の夜長の月明かりの下、物悲しい
琴の音色が心に沁みました。

そして冬の“鷺娘”。こちらは壱太郎さんおひとりの踊り
で、雪の降る水辺に白無垢で現れた鷺の精の妖艶な舞で
はじまり、引き抜きやぶっ返り(舞台上での早着替え)
で、赤や桃色などの華やかな着物の町娘姿で軽やかな恋
心を踊り、最後は白鷺の姿に戻り瀕死の白鳥よろしく切
なく息絶える。息を呑むような美しさでした。

最後は玉三郎さんで夏(四季のすべてが含まれるんです
が、玉三郎さんの好きな歌の部分で夏の設定)の“傾城”。
真っ暗な会場の提灯の灯りが舞台の中の吉原の提灯とつ
ながり、その中での花魁道中、いきなり心を鷲づかみ!
そして極彩色の衣装に包まれた玉三郎さんが、待てど訪
れない男への想いを切々と踊られ、耽美的な世界にどっ
ぷりと浸らせてもらいました。凄かったです。

初春公演と言うことで、お囃子が流れるロビーや開演ま
での会場内では獅子舞も披露され、お祝いムード満載で、
楽しいひと時でした。
IMG_7040.JPG 

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

摩訶不思議な映画 [映画]

今日は、シネ・リーブル梅田にホセ・ルイス・ロペス=リナ
レス監督のドキュメンタリー映画「謎の天才画家 ヒエロニ
ムス・ボス」を観に行ってきました。
26167582.jpg 26168409.jpg 
500年前に活躍し、ブリューゲルやダリ、マグリットなど数
多くのアーティストに影響を与えながらも、その実態が謎に
包まれているヒエロニムス・ボス。25点の絵が現存するそ
うですが、その中から、今回、プラド美術館が所蔵する“快
楽の園”を題材にボスに迫る映画となっていました。
昨年は、色々とボスの作品を観る機会が多く、なんとなく気
になっていたので、映画の上映を心待ちにしていました。

“快楽の園”は、三連祭壇画と言う形式で、ちょうど三面鏡み
たいに左右に扉を開くと中央に、現世?とおぼしき狂乱の風
景、左にアダムとイブと神が描かれた天国?、右に堕落と悪
魔が描かれた地獄?が配置された絵。
快楽の園.jpg 
映画では赤外線写真で分析した下絵なども紹介しながら、無
数に描きこまれたキャラクターを、宗教やら芸術(絵や音楽な
ど)の側面から細かく解説していて、90分間、謎解きをしなが
ら絵の隅々までじっくり見せてもらったような映画でした。
キリスト教や欧州の習慣や寓話が判らない私は、解説を聞いて
も、サッパリ意味(謎解き)は判りませんでしたが、けっこう
楽しめました。

映画からの帰り、久々に松栄堂さんの芳輪〈堀川〉を買ってみ
ました。ほのかに甘い香りが大好きです。
26231793.jpg 
パッと見た感じ、一口羊羹に見えますが、お香です!笑

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ジブリと落語 [美術館]

冷たい雨の降った本日、昨年、招待券があったのでなにげ
に出向いて、待ち時間の長さに入場を断念した「ジブリの
立体建造物展」のリベンジって感じで、あべのハルカス美
術館に行ってきました。
kenzo.jpg 
ジブリの作品世界を建築と言う視点で捉えた展覧会なんで
すが、監修が大好きな建築家藤森照信さんってことで、楽
しみにしていました。
背景画やイメージボード、諸々の美術設定といった制作資
料が450点ほど展示してあるんですが、今回はタイトルに
もなっているとおり、かなり忠実に再現された建築物の立
体模型が多数展示してありました。
IMG_7007.JPG 
入口には“千と千尋の神隠し”の石像が鎮座し、その奥には、
同じく“千と千尋の神隠し”で両親が豚になってしまう屋台
が設置。“ハウルの動く城”のハッター帽子店や“耳をすませ
ば”の地球屋、“魔女の宅急便”のグーチョキパン店、“とな
りのトトロ”の草壁家、“崖の上のポニョ”の宗介の家、“天
空の城ラピュタ”のスラッグ渓谷鉱山を横から覗くと地下で
飛行石が輝いていました。
圧巻は、“千と千尋の神隠し”の高さ3mと言う巨大な湯屋!
窓に仄かに灯りがともり幻想的な雰囲気でした。それと、
“アルプスの少女ハイジ”の山小屋のジオラマもイイ感じで
した。
資料や模型はもちろん素晴らしかったんですが、藤森さん
が、それぞれの作品の時代や地域の設定などと合わせて建
築物の様式などを細かく解説したパネルも多数展示してあ
り、そちらの方もめちゃ面白かったです(どちらかと言う
と、私は、藤森さんの解説の方を中心に回っていた感じで
すが・・)。
“となりのトトロ”の草壁家のコーナーでは、竹中大工道具
館の資料も飾ってありました。

ジブリを楽しんだ後は、「ちゃんぽん亭総本家 阿倍野店」
さんで近江ちゃんぽんをすすりました。
IMG_7010.JPG 
野菜もたっぷりでお酢もたっぷり入れて、美味しくいただ
きました。

そして、動物園前まで足を伸ばして、お正月のお祝いムー
ドの漂う動楽亭で一月昼席を拝見。
IMG_7012.JPG 
今日の演目は、弥っこさんで“狸の賽”、佐ん吉さんで“七段
目”、南天さんで“上燗屋”、雀喜さんで“鬼の面”。
中入後は、おめでたい雰囲気で太神楽曲芸の一輝さん、ト
リは米二さんの“代書”だったんですが、いつもは履歴書の
やり取りで終わる話の後に来る、これまた個性的なお客さ
んたちの話と言う、ちょっと珍しい代書を聞かせてもらい
ました。オチも面白かったです。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | -