So-net無料ブログ作成
検索選択

香港ディズニーみる光と影と闇 [考えたこと]

 早くも問題続出で、客はブーイング(中国情報局)

 先日、香港にディズニーランドがオープンしたそうだ。上の記事にあるとおり、早速オープン早々から問題が出ているようだ。期待の大きい娯楽施設というのは少なかれ問題があるのは仕方のない事だとは思うが、実績のある東京ディズニーランドと比べてしまうとマイナスであることは否めない。

 そして数日経ったらこんなニュースが飛び込んできた。

 大陸メディア、「下品な客」批判(中国情報局)

 記事によると、大陸から来た観光客が、道端や冷房の効いたショップに入り込んで堂々と座り込んだり、上半身裸になって涼む観光客の姿もみられたということである。

 国外から見る限りでは、経営側も客もどっちもどっちといったところだろうか。金を払っているのだから何をしても良いという風潮は、日本でも少なからず見かける光景だ。「マナー」ということが議論の対象になると、必ずある意見に対して同質の反対意見というものは生まれがちだ。それはたいてい平行線になってしまう。問題が起きたり、マナーが悪い人が多いという場所があったら、行かなければ良いだけの話なのだが気になる。

 だが、ちょっと看過できないのが下の記事。

 香港ディズニーランドの野良犬問題(Yahoo!検索結果)

 どうもこの香港ディズニーランドを開設するにあたって、元々園内やその付近にいた野良犬を処分したというものだ。

 ちょっとこの記事には唖然とした。よりにもよって「ディズニー」ランドである。ディズニーといえば、101匹わんちゃん を生み出した企業である。101匹わんちゃんは毛皮マニアの盗賊から犬たちを救うという話だったはずだが、テーマパークを作るために犬を虐殺する方がよっぽど酷い話だと思う。

 虚構の犬のキャラクターと触れあうために、本物の犬を殺すなんてシュールにも程があるではないか。

 私はウォルト・ディズニーと彼が直接生み出したアニメ、そしてディズニーの音楽は好きだが、ディズニーランドはうんざりしているクチだ。こんな状況をウォルト・ディズニーは本当に望んでアニメを作ったのだろうか。多分違うと思うのだが。


nice!(0)  コメント(5)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 5

Kimball

katzさま、
「下品な客」ニュースは小生も読んでいましたが、ま、まさか、
野良犬処分とは......
ただ、この「処分」だけは、日本の僕らもあまり偉そうなことは
いえないのかもしれませんね。
それこそ、飼い主の勝手で捨てられたペットたちが毎日「処分」
されているのですよね? この日本でも.........

ギリシャはアテネの野良犬君たちはこんなに幸せなのに。
小生なんか、マジで生まれ変わったらアテネの野良犬になるのが夢ですよ。:-)

「日刊ギリシャ 檸檬の森」by まどか様 より
http://lemonodaso.exblog.jp/311814/
http://lemonodaso.exblog.jp/386377/
by Kimball (2005-09-15 23:53) 

Kimball

野良犬問題、消されていますね!
by Kimball (2005-09-16 00:02) 

まどか

アテネにたくさん野良犬がいて、みんなおとなしく良い子です。元飼い犬ですからね。誰かが捨てたのですが・・・アテネオリンピックで一箇所に集めた後、駆除するのに忍びなくて、(余りにも良い子なので)、そのまま予防接種して、予防接種の印の青い首輪をして、また街に放してしまいました。批判はありますが。ギリシャ人は犬の駆除をする勇気がないのです。それに犬にも罪がないのです。それに動物保護団体もうるさいしね。
by まどか (2005-09-16 18:00) 

katz

 「どんな動物も全て人の手で処分すりことがあってはなりません。それがどんな状況でも」、等とそこまで動物愛護の精神は私にはありません。そもそも中国はディズニーに出てくるキャラクター達の多くを食する文化を持った国です。でも気持ちだけでも配慮が出来なかったのかな、と思うわけです。いやあそれもエゴだって分かってはいるのですが・・・。
by katz (2005-09-16 19:42) 

ネリカナヤ

TBありがとうございます。
マスメディアでは取り上げられにくい、こういった事実を
一人でも多くの人達に伝えていく事が
とても大事なことだと思っています。
by ネリカナヤ (2005-09-22 23:33) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。