So-net無料ブログ作成
検索選択

小祥忌(一周忌)の法要を営みました [主人公の供養]


午前11時に菩提寺の僧侶が来宅。
仏壇にお経を唱えていただきました。
次に家族で菩提寺の境内にある墓地へお参りした。
その後、菩提寺の祠堂にてお経を上げていただきました。

何と早い1年だったことか。
明日からも歌舞伎症候群家族のため、知的障害者のために有益な情報を届けたい。

※ そもそも「小祥忌」の文字の内、祥←→忌は反対の言葉。
四十九日や百カ日等の法要は自ずと故人のことが話題の中心でした。
ところが今回は、話題を故人に振らないと出てきませんでした。
無事に「成仏」したと解釈すべきでしょう。
最近、飼い犬も仏間での独り言が少なくなってきました。
1年間という時間がそうさせるのでしょう。

2015年6月6日 主人公逝去のブログ