So-net無料ブログ作成
検索選択

イタリアンレストランから百箇日法要のお供え [主人公の供養]

我が家は禅宗でお供えは「精進」が原則ですが、主人公の大好物であったため例外です。
SANY1951.JPG

哺乳瓶の時代からこのイタリアンには通っていました。
今日食事した折り、「お供え」にてといただきました。
主人公はここでの食事が大好きでした。
覚えた数少ない単語の中に「マンジャーレ」というイタリア語は含まれています。
(テーマイタリアンのお店)
2005年11月19日 9歳学習発表会の後に
2006年10月29日 10歳マスターから「カキ」が入荷したと知らせが
2007年7月8日 11歳勿論自分でパスタをマキマキできません
2008年8月6日 12歳12歳の誕生日のご馳走
2009年12月27日 13歳年に数回の贅沢。追加でカキとペペロンチーノ
2013年12月29日 17歳年末の忙しさの罪滅ぼしに
2014年11月15日 18歳カキのピザをいただきました

飼い犬が狙っていたので、お供えし、お経を唱えたあと直ちに下げたことは言うまでもありません。

地元猟友会からもお供えをいただきました。
地産地消の観点から「イノシシ」かなと思いましたが、違っていました。
ブドウとクリでした。
SANY1952.JPG


皆様、重ね重ねお礼申し上げます。