So-net無料ブログ作成

暴動寸前!?(1) [中国でのお仕事]

中国に赴任してあと少しで半年になるが、自分では、仕事はうまくいっていると思うし、かなりの改善等を行ってきたと自負している。だけど、ひとつ、これは失敗したなというのがある。それが食堂の外注化である。
 
一般に、製造業では、一般工員を会社の寮に住まわせ、その中の食堂で3食(夜勤は4食)を支給している。
人材採用の際に、住・食免費(住む場所と食事は無料ですよ)みたいな条件を提示していて、それはほとんど工場がやっていることだ。
 
中国に赴任してきてから、よく食堂の不満が意見箱に入っていた。中には管理部に直接持ってくる人まで・・・
食堂の不満が多いというのはなんとなく知っていたが、実は「ま、仕方ないのかな」ぐらいにしか考えていなかった。
 
そんなある日、日本から書籍とかが送られてきて、その中に、日経新聞の切抜きが入っていた。それは中国特集で広東省のある市で(その市はうちの会社のある市なのだが)食堂に対する不満がきっかけで暴動が発生したというのだ。
 
食堂で食事をしていた男子社員がいきなり大声をあげ、椅子で窓ガラスを割り、それに追従する人が出てきたらしい。
まあ、そんな状況になってしまうと、当然、会社も開店休業状態になってしまう。管理者としてはたまったものではない。
 
その切抜きを読んでから、食堂の問題についてはかなり考えるようになった・・・

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(3) 
共通テーマ:仕事

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 3

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。