So-net無料ブログ作成
検索選択

福ちゃんと天ちゃんの物語 [ペット]

福ちゃん.jpg
↑ 今月8日のセンターの一室です。
ここに来たら命のカウントダウンがスタートし、奇跡が起きない限り悲しい結末を迎えます。
けれど、この部屋の大きな猫さんの後ろからちょこっと顔を出している仔猫さんには悲壮感は
ありません。大きな猫さんに守られて縦横数十センチの金属の部屋でも不安を感じないで
いられるようです。

でもこの猫さんたちは親子ではなく、全くの赤の他猫、しかも両方とも男の子だそうです。
大きい猫さんは9歳、引越しを理由に家族がセンターへ持ち込みました。

img763388f8zik2zj[1].jpg
どんな人がお正月を一緒に過ごしてから、9年共に暮らした猫をセンターに持ち込むのか・・・
私がこの猫なら狭くて冷たい檻に閉じ込められ逃げる事も出来ずパニックを起こすでしょうが、
この子は見知らぬ仔猫の面倒をみている・・・

この猫さん達の続きのお話はあい日記☆四足歩行の愛娘でご覧下さい。
大きい猫さんは福ちゃん、小さい猫さんは天ちゃん・・・思わず応援したくなります。

センターにいる子は家庭からの持込も多いという現実。
大好きだった家族にある日センターに連れてこられても、ずっと家族のことを待っているに
違いないのです・・・(涙)
なんとか不幸な動物を減らして行きたいものですね。

nice!(10)  コメント(13) 

nice! 10

コメント 13

green_blue_sky

悲しいですね。
早くドイツのユハハイムのような施設ができてほしい・・・
by green_blue_sky (2010-01-21 07:31) 

MORIHANA

なんていったら良いのか分かりません。
でも、悲しい、とても哀しい。
どうしてこんな良い子が、こんな目にあうのでしょう。
いつか、絶対に倍返しでバチがあたります(v_v
by MORIHANA (2010-01-21 12:05) 

みやたく

う~絶句。
続きのお話を読んで少し心が楽になりました。
頭が下がります。
by みやたく (2010-01-21 15:24) 

molihua

(。´Д⊂) 号泣

よかったね,福ちゃん,天ちゃん.
by molihua (2010-01-21 22:24) 

green_leaves

green_blue_sky 様
こうと決めたら皆で動く!ドイツの徹底したやり方に感銘を
受けましたー。
ちなみに家庭ごみの分別もかなり徹底してるらしいです。
すごいなードイツ!

MORIHANA様
福ちゃん&天ちゃんは心ある人の目に留まり
幸せをつかめそうですが・・・そんな幸運な子は一握り。
悲しいですね(私もMORIHANAさんと同じこと思いました!)

みやたく様
ふふっ、続きを読むとホッとしますでしょー。
本当にボランティアさん達には頭が下がりますね。

sally様 niceありがとうございます。

molihua様
私も号泣しました!!!
福&天ちゃんのあどけない姿を見てると、人間の自己中心的な姿を
反省させられます。

by green_leaves (2010-01-21 23:06) 

ひなのん

「あい日記☆四足歩行の愛娘」の管理人、ひなのんです!

福天コンビの事、記事にしてくださって
本当にありがとうございます(^^)
とっても嬉しいです♪

2頭は土曜日に里親ご希望の方とお見合いをします。
良い結果となる事を望んでいますが
こればかりは神のみぞ知るっと言った感じです。

まだまだ人知れず処分されている犬や猫がとても多く
少しでも多くの方に現状を知ってもらえたらきっと何かが変わると思います。

また2頭の様子を見にいらしてくださいね(^^)

本当にありがとうございました!



by ひなのん (2010-01-22 02:24) 

green_leaves

ひなのん様
ブログ掲載を快諾いただき、またこちらにコメントいただき
本当にありがとうございました。
私も2回程保護した猫の里親を募集しました。
里親さんに猫さんをお届けする頃にはすっかり猫さんと家族に
なっているので離れるのが悲しくて辛くてちょっとしたウツ状態
になり大変でした。

福ちゃんや天ちゃんそして保護わんちゃん達にすてきな家族が
現れますように、心からお祈りしています。
またブログにも伺います!

by green_leaves (2010-01-22 19:59) 

green_leaves

tabbycat様
niceありがとうございます♪

by green_leaves (2010-01-22 20:03) 

(u_u)

なんて美しい2匹。
泣いてしまった(T_T)

飼い主が持ち込むのってどういう神経なのか全く理解ができません。

by (u_u) (2010-01-27 23:30) 

green_leaves

(u_u)様
ふたり一緒に新しい家族の元へ行けてよかった(号泣)
センターの職員が二匹一緒の部屋にしたという配慮もきっと
初めてのことじゃないと思います。
きっと寒い時期とか小さい猫の時は面倒見の良さそうな子と
ペアにするんでしょうね・・・
偶然レスキューされた福ちゃん&天ちゃんは本当にラッキーな
のではないかと・・・・。

by green_leaves (2010-01-28 00:20) 

ちうきち

今年もお邪魔いたしま~す♪
やっとアップしました、、、(^_^;)

しかし、、まだ9歳ならどうしてもっと努力しなかったんでしょうね。
チビちゃんなら尚更。

でも、、、
私だって年老いて、一人暮らしで猫を飼っていたりしたら
最後まで責任もって御世話が出来ないかもしれない。
もう入院の日が近づいている。体調も悪い。
旦那様はもういない、子供も居ない、、、、
こんな状況は十分考えられる。

老猫や痴呆猫だった場合、いくら親しい人でも迷惑をかけるし、
里親を頼めない確率が高い。あぁ、もう時間がない!
そうなったとき、、、、、。

考えすぎかな?
でも、もし猫を飼う日が来たら、ちょっぴり頭の片隅に
入れておきたいことです。
by ちうきち (2010-02-14 16:57) 

green_leaves

ちうきち様
そうですね・・・少子高齢者社会 病気になったとき親身に
なってくれる周りの人がいない!!!という話は本当に
たくさんありますよね。
様々な理由はあると思いますがやっぱり殺されてしまうペットの
数は半端じゃなくて少しでも変えようという意識は必要だと思います。

天ちゃんの天真爛漫な性格を考えるとかなりかわいがられて
いたんだなと感じます。
彼と彼の家族になにがあったのか、飼い主が持ち込む時の
心理、持ち込まれる動物達の心理を考えると暗い気持ちに
なります。

高齢になって犬猫と過ごしたくなったら一時預かりの猫ボランティアに
登録してみるとか、足ながおじさん的な、ボランティア宅にいる動物の
資金面での応援をし、その子が幸せになるまでの過程を報告して
もうなんていうのはどうでしょうかね?



by green_leaves (2010-02-14 22:05) 

マキ

また、おいおい泣いてしまった・・・。
『続きのお話』を拝見して、
また、おいおい泣いてしまった。
ううう。
将来、収入に余裕が出たら、きっと里子をもらいます。
うんとうんとうんと大切にします。
by マキ (2010-03-16 20:21) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。