So-net無料ブログ作成
検索選択
header_newsoku.jpg
前の10件 | -

何でも挿せます。 [デジモノ]

皆さま08年のお正月はどのように過ごされましたか?
新年早々saleで物欲を満たしたという方も多いのでは?

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

08年最初にご紹介するのは、こちら。

■エレコム マルチカードリーダライタ MR-A14Hシリーズ


人が集まる年末年始はデジカメビデオカメラを使う機会が増えますが、PCに
取り込む際、記憶媒体に合わせて違うカードリーダライタを挿したり抜いたり
するのは面倒ですよね。
最近は携帯音楽を聴く方も多いと思うのですが、携帯でよく使われている
microSDカードはアダプタが必要な場合がほとんどで、これまためんどくさい。

エレコムから発売されたこのマルチカードライタは、なんと30種類を超えるメディア
に対応しているという、超マルチな便利アイテム。
さらに専用ドライバのインストールも不要、USB接続でACアダプターも必要ナシという
お手軽さもナイス!

どのメディアをどのスロットに差し込めば良いのかがひとめで分かるイラストが入っ
ているので、パソコンに慣れてない人でも安心です。

かゆいところに手が届きまくった、日本らしい便利アイテムですね。
イラスト表示なので、ジャパンの電化製品を求めてやってくる外国からの観光客
にも教えてあげたい。

■エレコム
http://www.elecom.co.jp/





オトナになりました。 [食べ物]

1980年代に子どものおやつとして人気を誇っていた「コーラアップ」。
当時好んで食べていたという人も多いのでは?

そのコーラアップが10年の時を経てリニューアル。オトナ向けのハードグミ
として新発売されました。

■明治製菓 コーラアップ


今回は、当時コーラアップのファンだった、現在20~40代の成人男性をメインター
ゲットに、くせになるハードな食感をもったお菓子として、関東地区で限定発売
されます。

ここ数年急速に拡大しているグミ市場。コンビニでもたくさんの種類を見かける
ようになりました。
コーラアップは発売当時のイメージカラーだった赤をベースにキャラクターも復活、
かつてのコーラアップファンへ向けて懐かしさも訴求しています。

■明治製菓
http://www.meiji.co.jp/

さて、07年の「物欲ニュー速@」の更新はこれで最後になります。
今年紹介したアイテムを振り返ってみると、今回のコーラアップもそうですが、
子どもの頃に親しんだ商品の復刻・再発がとても多かったように思います。
昔と違って、今は良い歳したオトナもバンバンおもちゃを買う(しかもオトナ
買い)する時代。
企業もそのあたりを見越して商品化しているのだと思いますが、まんまと
乗せられてると分かっていても、素通りできないもんなんですよね…。

今年もご愛読いただきありがとうございました。




デスラー総統のワイン [食べ物]

今年もあとわずか。
年末年始、なんとなーく気がゆるんでしまうせいか(?)、必需品ではないモノを
ついポチっとしてしまいがち。

今日はそんな「うっかりショッピング」に似合いそうな一品を紹介します。

■宇宙戦艦ヤマト デスラー総統ワインセット

(c)東北新社

バンダイネットワークス株式会社から、「宇宙戦艦ヤマト 劇場版」劇場公開30周年を
記念した「宇宙戦艦ヤマト デスラー総統ワインセット」が、12月12日より受注開始され
ました。

西崎義展プロデューサー総監修の元、ガミラス帝国総統「デスラー」の世界観をモチーフ
に製作した「宇宙戦艦ヤマト デスラー総統ワインセット」は、

・デスラーワイン(DESLAR WINE D.E.103 赤ワイン)
・デスラーワイングラス(DESLAR MEMORIAL WINE GLASS)
・デスラー勲章
・デスラー総統特製リーフレット
・デスラー総統シルエット箔押し ワインセット専用豪華化粧
(実際の商品は画像と異なる場合があります)

2008年2月20日予約受付分までの期間限定完全受注生産となります。
価格は13,650円。
予約はLaLaBit Marketで受付中です。

本当に、必需品じゃないことはよ~く分かっていても、妙に惹かれてしまいます。

■バンダイネットワークス
http://www.bandai-net.com/

■LaLaBit Market
http://lalabitmarket.channel.or.jp/



完全循環型リサイクルが可能な、防水透湿性ジャケット [ファッション]



パタゴニアといえば、本格的にアウトドアアクティビティを楽しむ人には
もちろん、スタイリッシュデザインが「街で着られるアウトドアウエア」
として、こどもから団塊世代の人まで人気を集めているブランドです。

アウトドアブランドとして、環境問題に特に力を入れているパタゴニアでは
2005年秋から、着古した同社の製品を回収し、リサイクルして同じ製品に
再生させる「つなげる糸リサイクルプログラム」を開始。
2010年までに製造する全ての製品を、リサイクル可能、またはリサイクル
素材を用いて製品の製造を行うという目標を掲げています。

これまでリサイクルが困難な製品だった防水透湿性ハードシェルについて、
帝人ファイバー(松山事業所)と東レ(名古屋事業場)が構築したケミカルリ
サイクルシステムを活用することで、リサイクルに成功。

これらのリサイクルシステムによって、完全循環型リサイクルが可能な防水
透湿性ハードシェルの素材としてリサイクルポリエステルを使用した場合、
石油から新たなポリエステル原料を作るのに比べて、消費エネルギーを約80%
節約、二酸化炭素(温室効果ガス)排出量を約80%削減することができると
のこと。

生産しているすべての製品をリサイクル可能なモノにする、しかも2010年まで
という具体的な数字も掲げているのは、企業の決意を感じます。

フリース製品については、他社のポーラテック® フリースも引き取ってもらえ
るとのこと。パタゴニア直営店の回収ボックスに入れるだけの手軽さです。
タンスの奥で眠っているもう着ないフリース、意外とどこのお宅にもありそう
な気がします。

■パタゴニア
http://www.patagonia.com/japan/



花粉症に効果的なコート [ファッション]

花粉症といえば春のスギ花粉によるものがよく知られていますが、
イネ・ススキ・ブタクサなどの花粉でも症状が出る人にとっては、
秋も春と同じぐらい受難の季節。
というか、なかなか寒くなってくれないこの頃の天気事情だと、
真夏を除いてほぼ1年中何らかの花粉に苦しんでいるという人も。

今日はそんな人におすすめしたい、花粉が付着しにくい素材
使ったコートの紹介です。

■SANYO「花粉プロテクトコート2008」


表地に、撥水機能を兼ね備えた高密度構造による花粉が付着しにくい
アンチポラン(R)(株式会社東レ)素材を使用。
中綿には優れた保温力を持つ光電子(R)ファイバーダウンを20%加えた
着脱可能なダウンライナーを装備しています。

見た目はごくオーソドックスなタイプで、スーツの上に羽織るのにちょうど
良い感じ。
ライナーの着脱で長い期間着られるのもGood。
画像のスタンドカラータイプで37,800円と、買いやすいプライス

一番カンタンかつ確実な花粉症対策は、「外から花粉を持ち込まない」こと。
花粉症にお悩みの方は、試してみる価値アリです。

■山陽商会
http://www.sanyo-shokai.co.jp/



タミヤ×タカラトミーコラボ [おもちゃ]

80年代のラジコンブームを代表するタミヤの「R/Cバギーカー」のデザインと機能を
搭載、「オフロード走行」が机の上で楽しめる赤外線コントロールチョロQ「Qステア
タミヤR/Cバギーカー」が11月30日に発売されました。

■「QステアタミヤR/Cバギーカー」(全3種)


Qステアは、チョロQそのままの外観で、コントローラーの前進後退、左右旋回ボタンを
操作して、わずかなスペースでも思い通りの走行が楽しめる赤外線コントロールチョロQ。
2006年の発売以来150万個以上が出荷されたというヒット商品。

一方のタミヤR/Cバギーカーは、1970年代後半~80年代に発売されたラジコンカー。
当時全国の小学生の憧れの玩具としてコミックテレビ番組でも展開され、日本だけ
でなく海外でもブームを巻き起こしました。
現在30~40代の男性には、子どもの頃タミヤのR/Cバギーカーに憧れたという方も多い
のでは?

まさに夢のコラボが実現しました!

QステアタミヤR/Cバギーカーは全長6センチ・重さ22グラムの手のひらサイズ。
バッテリーは充電式で、別売のコントローラーに付属している充電ピットに車体を接続し、
約50秒間充電すると、約2分間の連続走行が楽しめます。

当時、ラジコンカーは高価過ぎて指をくわえて見ているだけだった人も、今こそ
リベンジ

■タカラトミー
http://www.takaratomy.co.jp/



「アウディ・ミニカーコレクション」限定発売 [おもちゃ]

京商が全国の「サークルK」「サンクス」で限定発売しているミニカーシリーズの
第23弾として、アウディ・ミニカーコレクションが12月4日に発売になります。

■「アウディ・ミニカーコレクション」


1/64スケールで再現したアウディは、10車種30種類のラインナップ。
ボディの曲線やプレスラインの巧みな造形だけでなく、ホイールもそれぞれ専用の
ものを装着。ボディカラーは微妙な中間色の色合いもリアルに仕上がっています。

2004年11月に発売になった「フェラーリ・ミニカーコレクション」を皮切りに、京商な
らではのリアルなモデルが人気を集めているこのミニカーコレクション。
今回も、どのモデルが入っているかは箱を開けてのお楽しみ。
ここは一気にオトナ買いといきますか?

■京商
http://www.kyosho.com/



「男のスイーツ」第6弾は「男のプディング」 [食べ物]

ファミリーマートが今年の6月から販売している「男のスイーツ」シリーズ。
素材選びはもちろん、パッケージやネーミングにもこだわって、ヒット商品
となっています。コンビニで思わず手にした人も多いのでは?
その人気シリーズ第6弾が、11月16日に発売になりました。

今回のテーマは「プリン」。


ラインナップは、
厳しい品質管理のもとで生産された、鶏卵の卵黄を使用した「男のプディング」
酸味に特徴のあるブラジル産アラビカ種コーヒー豆を使用した「男の珈琲プディング」
ブラックココアを使用し苦味を効かせた「男のショコラ・プディング」
の3アイテム。

「プリン」じゃなくて、あくまで「プディング」!
このあたりも、こだわりのなせるワザ?

■ファミリーマート
http://www.family.co.jp/index.html



なつかしの家電コレクション [おもちゃ]

バンダイから、昭和20~30年代に発売された松下電器の家電を再現した
ミニチュアモデル入りの玩具菓子が発売になりました。

■「なつかしの家電コレクション~松下電器歴史館編~」


商品ラインナップは「白黒テレビ」「電気冷蔵庫」「角形噴流式電気洗濯機」など
全6種類。松下電器歴史館の監修を得て、細部まで詳細に再現されています。
付属の解説書には当時のキャッチコピーや発売年の出来事などが盛り込まれ
ており、団塊世代の購入を狙っているようです。

ちなみに、白黒テレビの当時の価格は、なんと29万円!
まだ国内でブラウン管を製造することができず、アメリカから輸入していたそうです。
大卒初任給が6000~8000円だったということですから、とんでもなくゼイタクな品
だったんですね。

■バンダイ
http://www.bandai.co.jp/



宇宙のカレー・ビーフ味 [食べ物]

ハウスが宇宙航空研究開発機構(JAXA)と共同開発、2007年6月に
宇宙日本食として正式に認証された宇宙日本食レトルトカレー3品の中の
「ビーフカレー」が、「SPACE CURRY(スペースカレー)」<ビーフ>として、
11月5日から発売されます。

■「SPACE CURRY(スペースカレー)」<ビーフ>


JAXAにより認証された宇宙日本食レトルトカレーと同じ製法・配合で製造
されたこのカレー、無重力状態や宇宙放射線の影響など地上とは異なる
宇宙空間での生活をサポートするため、通常のレトルトカレーに比べてウコン
カルシウムを多く含み、スパイシーで濃いめの味なのだとか。

辛さはハウス食品の辛み順位5段階の「4」ということなので、かなり辛いで
すね。
宇宙日本食は日本人宇宙飛行士だけでなく、国際パートナーの飛行士にも
提供される予定とのこと。
日本式のカレーは、外国の飛行士にもウケること間違いなしだと思うのですが、
ぜひ感想を聞いてみたいものです。

ハウス食品の通販サイト「SHOPハウス」で購入可能です。

■ハウス食品
http://housefoods.jp/

■SHOPハウス
http://www.shop-house.com/



前の10件 | -

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。