So-net無料ブログ作成
header_man.jpg

いつも満員の超人気店、八丁堀“maru”のオーナーを直撃 [バックナンバー]

maruは、いまや大ブームとなっているスペイン風バルの生みの親、と言ってもいいお店。
とある飲食関係のジャーナリストの方に聞いたところ、
ほかの店のオーナーが何人も“maru”の人気の秘密を偵察しにくるぐらいだそうです。
その反響に対し、「ん~。でも、“どこにもない店を作ろう”と思ったわけでもないし、他の店のことはまったく気にならないですね」とあっけらかんとしたスタンスをとる。もちろんその自信を裏打ちする要因はしっかりとあります
“お客さんが楽しく飲めて、結果おいしくて安ければもっといいでしょ?”モットーのお店。
創業から現在に至るまでを、オーナーの松澤さんとともに追います。



■スペイン風バル人気の元祖“maru”へ
http://blog.so-net.ne.jp/dir_man/2006-07-10
1Fはスタンディングバー、2Fはスペイン風バル、3Fはフレンチ&鉄板焼き。
持ち込み料500円を払えばそこで買った酒を持ち込めるというシステムがうれしい。
 

■スペイン&中南米遊学記
http://blog.so-net.ne.jp/dir_man/2006-07-13
社会に出て貯めたお金で、松澤さんはスペインと南米に「遊学」。「学校の目の前にビーチがあったんで、ワインと生ハム、チーズを買って、毎日パーティ」。そのなかで本場の味を覚えたという。
 

■“感覚”こそが店を成功させる鍵
http://blog.so-net.ne.jp/dir_man/2006-07-18
「もともと、スペインや中南米の遊学に家族が協力的だったのも、オヤジの“商売は数字じゃなくて『感覚』だ”っていう考えがあったからなんです。“向こうで街の感覚をつかんでこい”と」。
 



2006-08-14 16:12  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。